ベランダ菜園

今度は洋棉が開花

20170126_dscn9623

この洋棉は2013年に種を蒔き、そのままうちで4度目の冬を迎えているのですが、冬に花が咲いたのは初めてです。年末暖かかったせいでしょうね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いやはや、一月にも開花。

20170118_dscn9619

年末とは別の株ですが、伊豆大島在来の和棉、またもや開花。

一月ですぞ…、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末に和棉の花

20161230_dscn9563

はじめて年を越す伊豆大島在来の和棉。
いつまでも暖かくて、年末に開花…!

(さすがに受粉はしなかったらしく、数日後萼ごとポトリと落ちました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タマシダのタマ

20161122_dscn9436_2


ベランダで育っている植物たち。繁茂しすぎているのを少し整理しました。

タマシダをほっくり返したら、あら何と! ごろごろイモが出てきました。

タマシダの“タマ”って、これだったのね!!

試しに囓ってみたら、たいへんに瑞々しく、ほーーーんのり甘い、気がした。&デンプンはほとんど感じませんでした。

調べてみると、「栄養」よりは「水」を蓄えているらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和棉

去年、『ワタが世界を変える』という本のノベルティで、〈大島在来〉と記された、和棉の種をいただきました。

春先、大きめの植木鉢を用意し、種をまきました。

すくすく育って、次々と花を咲かせ、コットンボールがはじけています。

20160602_n8226a

20160713_n8317

20160901_n8756a

左が和棉、右が洋棉。
和棉はかなりこぶりで、繊維は種にしっかりついている。だから糸にするには少し手間が掛かる。でも、日本の気候に合っているのだろう、洋棉より虫がつきにくくて、育てやすい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆり根の花

市販されている食用のゆり根は、コオニユリだときいたことがあります。この春、試しに植えてみました(と言っても、外側の大きな鱗片はしっかり食べたあとです)。

20150527_n4673

結果! 見事コオニユリの花が咲きました。

調べてみたら、コオニユリのほかに、オニユリとヤマユリの球根も食べられるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アロエに花芽。

このアロエは20年以上うちにいる。
実家で母が育てていたものを株分けしてもらい、
その後の度重なる引っ越しにも耐え、
私とともに各地を転々としてきた強者である。

さかのぼれば、まだ私が小学生の頃、
家族共々横浜に住んでいたときに
母がご近所さんから株分けしてもらったものなのだ。

それがおよそ35年まえのこと。
元の株は今いくつなんだろう。

今年初めて、うちの子に花芽がつきました。

20150121_n2416

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベランダの大根

これまでプランターだと直径1cmくらいにしかならなかったのですが、
今回はけっこう太くなってきました。

20150106_n2349_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

コットンボールをほぐしてみたら。

ベランダのプランターで育った綿。

きれいにはじけてふわふわの綿が生まれました。
一つの実が3つか4つに裂けるのですが、その一房におおよそ種が8つ! 実はすごい種だらけ。

 
20130928_n7300_2




| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風対策

120618_n2834ベランダ菜園のダメージを抑えたく、一部を収穫いたしました。
芋蔓、ネギ、にんじん葉、赤紫蘇、それからミニトマト。

 

120618_n2839


ミニトマトは熟していない実が多かったのでピクルスにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧