動植物

和棉

去年、『ワタが世界を変える』という本のノベルティで、〈大島在来〉と記された、和棉の種をいただきました。

春先、大きめの植木鉢を用意し、種をまきました。

すくすく育って、次々と花を咲かせ、コットンボールがはじけています。

20160602_n8226a

20160713_n8317

20160901_n8756a

左が和棉、右が洋棉。
和棉はかなりこぶりで、繊維は種にしっかりついている。だから糸にするには少し手間が掛かる。でも、日本の気候に合っているのだろう、洋棉より虫がつきにくくて、育てやすい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆり根の花

市販されている食用のゆり根は、コオニユリだときいたことがあります。この春、試しに植えてみました(と言っても、外側の大きな鱗片はしっかり食べたあとです)。

20150527_n4673

結果! 見事コオニユリの花が咲きました。

調べてみたら、コオニユリのほかに、オニユリとヤマユリの球根も食べられるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モミジヒルガオ

20150522_n4632

台所の窓辺につたわせているモミジヒルガオが次々と咲き始めました。ご近所さんの生け垣からつるを分けていただき、挿し芽で育てたものです。

はっきり覚えていませんが、10年以上、経ちますか。その間に、元の生け垣の方が家ごとなくなってしまいました。

あそこに住んでいたおばあちゃん、今はどうしていらっしゃるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひまわり

20150521_n4619

ご近所の公園にて。テッポウユリが咲き乱れる中、ヒマワリが一輪だけ、元気に咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

露もまだ干ぬ春の朝 ^^

Dscn4276


Dscn4329


Dscn4334


Dscn4335


Dscn4300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のお客さん

Dscn4264

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲しき大嶺海岸

Dsc_0213

空港拡張工事で、埋立が進んでいます。大嶺崎の、龍神様を祀る石碑のすぐ背後には、工事用の仮設桟橋とクレーンが設置されていました。ちなみに、下は去年(2014年)4月4日の写真です。
Dscn8881

Dscn1325上は、那覇空港を出発する飛行機から撮影(2014年12月3日)。

昼間に確認してみると、増設する滑走路の、両端と真ん中あたりからすでに埋立が始まっているようです。

おそらくはそのために潮の流れが変わっているのでしょう。あれほど緑濃かった海草が疎らになっています。

Dscn2617_2

Dscn2712
Dscn1340_2

手前から糸満、豊見城、那覇の海岸。一番奥に、那覇空港の滑走路が見えています。

残念なことですが、美しい海を見に来た観光客が那覇空港に着陸する前に目にするのは、埋立地だらけのこの光景です。

大嶺は、那覇市に唯一残された自然海岸であり、サンゴの海なのですが、昨夜見た生きものたちの楽園は、ちょうど増設滑走路の埋立区域にあたります。

_
那覇空港は現在、自衛隊と共用です。那覇市議会は、たびたび関係機関に「民間専用にして欲しい」と要請していましたが、民間専用にできたなら「過密になっている」といわれる離発着には十分余裕があるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素晴しきかな、大嶺海岸

Dscn2657

2015年2月20日、最干潮時間午前1:59、潮位-20cm。

前日(19日)の夜11:10ごろ自宅を出発して、11:40ごろ瀬長島着。
海岸沿いを歩いて大嶺崎へ、そこから沖のサンゴ礁へ。
サンゴが触手を伸ばしています。
Dscn2620_2

サイズの小さいクロナマコがわんさか。

Dscn2623a

大嶺はウミウシが多い。今日もウミウシの歓迎を受けました。

Dscn2667
ティラジャー(マガキガイ)があるいています。

Dscn2672

シャコガイみーつけた!

Dscn2696
花みたいやなぁ~。

Dscn2677

花といえば、ハナビラダカラもおったでぇ。

Dscn2720シロヘソアキトミガイ。

Dsc_0238
Dscn2714ジャノメナマコにフタスジナマコ

Dsc_0225a
ヤマトウシオグモにも会えました。


Dscn2685
魚たちは、寒さでかなりぼんやりしています。

Dscn2724
そんなわけで、頭隠して尻隠さず…、

Dsc_0257カワハギを発掘。

Dscn2722
Dscn2723
相方と二人で、なかなかの収獲です。

でも、あまり喜べないこともいろいろありました。それはまた次回…。
Dsc_0228深夜に光り輝く那覇空港。大嶺海岸沖のサンゴ礁から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんなところにも毛があったんですね

20141007_n0595

20141007_n0595b

20141007_n0597b

ヒメシオマネキ 泡瀬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の海は海藻のはなざかり

宇堅ビーチの北側にある岩場です。

Dscn8618
ひじきが最盛期。

Dscn8629


それから、ほかのいろんな海藻も、花畑のように色とりどりに萌えていました。

Dscn8630


Dscn8637


Dscn8632


Dscn8638


Dscn8635

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧