« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »

2022年12月

共同交通さん、ありがとう!

近頃、時々タクシーを利用することがある。

たいていのタクシーは芳香・消臭剤を使っていたり
乗務員さんの煙草の臭いが残っていたりで
短い距離でも結構ぐったりしてしまう。

途中で耐えられないほど気分が悪くなり、
目的地に着く前に下車したこともある。


ところが最近、とっても快適なタクシーに出会った。

共同交通(沖縄県西原町)のタクシーだった。

運転手さんも気持ちの良い方だったので
雑談ついでにきいてみると、
会社の方針で芳香剤の使用や乗務中の喫煙は
一切禁止されているとのこと。

でも…、とその運転手さんは、言葉を継いだ。

  体調の悪い方をのせることもあるし、
  人によって好きな香りも違うし、
  タクシーの運転手なら、そういうことを
  配慮するのが当たり前だと思うよ。

と。社の方針でなくても進んでそうしている、
という様子に、感謝することしきり。

共同交通のタクシーでも、
導入したての車だと新車特有の臭いがするし、
100%大丈夫、とはいかないけれど、
他のタクシー会社と比べれば快適割合は格段に高い!

こういうタクシーが増えてくれたらいいなー。


というわけで、
煙草の臭いや消臭・芳香剤が苦手な皆様!
沖縄中南部では、ぜひ共同交通のタクシーを
ご利用ください。おススメです。

共同交通
0120-635-432
098-945-5432

| |

山芋のムカゴ

とんでもなくでかいムカゴが
庭に植えた山芋の蔓にできています。

写真ではわかりにくいですが、
ピンポン球よりふたまわりほど大きなサイズ!

Img_20221217mini

屋久島に住む友だちが送ってくれた
種芋から育ったものです。

初めはベランダのプランターで育てていましたが、
芋も太らず、ムカゴもたまに小さな物を
つけるくらいでした。

今の家に引っ越してから庭に地植えをしてみたら、
芋は一年でしっかり大きく育ち、
脇にできた小芋やムカゴを植えたら、
今年はとんでもなく繁茂しています。

収穫するのが楽しみ♪

------------------------------

この山芋、本州の山でよく見かけたのとは種類が違うようです。

本州の山で見かけたのは、
もっと葉っぱが小さくて柔らかだったし、
ムカゴもずっと小さかった。

でも、夏の間に山際で芋の蔓に目星をつけ、
秋になったらムカゴを採るのは季節の楽しみでした。

蒸し焼きにして塩コショウで味付けしたり
(母の調理法はもっぱらこれでした)
炊き込みご飯にしたり…懐かしい味。

最近は妹や弟が
栗やゆり根、銀杏や山芋のムカゴなど、
本州の秋の恵みを送ってくれて
しみじみ懐かしくありがたく味わっています。

 

| |

朝日新聞ポッドキャスト(朝ポキ)のススメ

去年から、ポッドキャストにハマってます。

それまでは、起きている間中、
だいたいラジオを聴いていました。

たまたまある番組に
朝日新聞ポッドキャストでMCを務める神田大介さんが出演されていて、
はじめて「ポッドキャスト」の存在を知り、
そのまま「朝日新聞ポッドキャスト(略称 朝ポキ)」を
毎日聴くようになりました。

朝日新聞ポッドキャスト

で、昨日はなんと、この朝ポキでMCを務める方々が
出演してのオンライン忘年会がありました。

内容は学生時代の部活のメンバーで語り合うような
ゆるくて楽しい会でしたが、神田さんが
「ポッドキャスト」の認知度が低すぎるので、
もっと広めてゆきたい!と語っておられたのを
耳にして、「確かに!」と思った次第。

そこで私もポッドキャストや「朝ポキ」を布教(?)したく

今回は私のツボにはまった回をいくつかご紹介。

生き物やさん的には、次の二つがおもしろいかも。

◆虫愛が強すぎて…古文書をめくってレスキュー
 もんじょこむしの世界① #179

◆手つかずの蔵の奥から ハチの新種を発見?
 もんじょこむしの世界② #180

 

新聞の印刷部門についての話も面白かった!

◆#50-21 青春時代、僕は紙のにおいをかぎ続けた
 村瀬岳彦のすごすぎる「印刷愛」

◆#50-22 印刷技術が、実は国を守っている?
 奥深すぎる印刷の世界

◆#50-23 巨大化した印刷機が足かせに… 
 コスト削減の時代、新聞業界はどう戦う


…と、言う具合に、
ポッドキャストは、
インターネット上で聴けるラジオのようなものですが、
ラジオと違うところは
多くの番組が遡って以前のものも聴けるところです。

もし、すでに spotify や Apple Podcasts を使っているなら、
ぜひそちらで「
朝日新聞ポッドキャスト」を検索してみてください。
いろんな面白い番組が聴けます。

ポッドキャストの世界をいっしょに楽しみましょう!

#朝ポキ(朝日新聞ポッドキャスト)

 

| |

種団子 その後

ネズミに囓られて
やむなく乾ききる前に庭に播いた種団子

先週の雨を受け、クローバーを中心に発芽している模様。

Img_20221211_160534mini

Img_20221211_160625mini

| | | コメント (0)

ピンポン球サイズの鶏卵の中身は…

大家さんが飼っているニワトリの卵を
頂きました。

今日は通常サイズとピンポン球サイズの二個!

小さい方の卵は、ほぼ黄身サイズ。

さて、中身は如何に!?

割ってみたら…

Img_20221211_125429mini

黄身のかけらのような物も浮かんでいましたが、
ほぼ白身でした 👀

殻は通常の厚みだったので、
サイズが小さい分割れにくかったです。

| |

爆米器(ポン菓子製造器)

ツレが中国のサイトでポン菓子製造器を
見つけてきた。

友人夫妻も呼んで、ポン菓子作りのお遊びスタート!

初めは100均の固形燃料で熱していたけれど
30分ほどかかって、それほど膨らまず…

どうも火力が足りなかったらしい。

Img_20221210_132730mini

キャンプ用のガスコンロで熱したら
5分ほどで圧力が上がって

ボンッ!!!

Img_20221210_144237mini

いい感じにはじけるようになりました。

上の写真はタカキビ。ほんのり紅色で美しい!

Img_20221210_161705mini

友だち夫婦が持ってきてくれたお豆も
いろいろ試してみました。

豆はウマイ!

興が乗ってきたところで…

圧力計がダウン。

お開きになりました。

| |

しがみついたまま!

数日前に庭の端から切り出してきた竹を支柱にして、
豆を播いたうねに網を張ろうと作業をしていたら…

バッタが葉っぱにしがみついたまま死んでいるのを発見。

急に寒くなったせいか? と思ったが、
ある種の菌にとりつかれると
こういう死に方をするらしい。

この日は、庭でこの手の死に方をした個体を
何匹かみつけた。ひゃ~。

Img_20221207_141844mini

さて、

支柱用の竹の長さを整える作業に戻ると
子どもたちの声が聞こえてきた。

珍しい。

某小学校の子どもたちが、
自分たちの校舎が見える高台を探して
引率者と一緒に探検に来たのでした。

まずはうちの屋上から海を眺めて大はしゃぎ。

せっかく来てくれたので、わたしも
うちのお庭をご案内。

久米島棉やジュズダマ、イモリが来ている
小さな池で、子どもたちはしばらく遊んでいった。

何でもすぐに「これは?」とたずねる好奇心旺盛な子。
逆質問すると、すぐに正解を出してくれる物知りさん。
なぜだか知らないけど、めちゃめちゃ熊が好きで
何でも熊に寄せて話してくれる子。

それぞれ個性的でステキな子達。

帰り際、円陣を組んで何やら相談しているなーと思ったら、
「今日のスゴイ人認定」を頂きました!!

楽しい時間をありがとう。また来てね!

| |

囓られた!

数日前に作って、干してあった種団子。

明け方、玄関のある部屋でガタガタ、ガリガリと
何かを囓る音が続いていたので
ネズミが来ていることは分かっていましたが
見事に種団子が囓られていました。

まぁそりゃ、彼らにとってはごちそうだよね…

仕方がないので、生乾きのまま庭に撒きましたとさ。

さて、芽は出るか!? 乞うご期待。

Img_20221205_155920mini

Img_20221205_155914mini

| | | コメント (0)

種団子

期限切れで発芽するかどうかアヤシイ種を
いろいろ混ぜ込んで種団子を作りました。

庭から取ってきた泥に、適当に種を混ぜ込んで
丸めただけ。

Img_20221201_102517mini

しばらく干して乾燥したら、庭にまきます。

種が生きていれば
撒かれた先の条件に合った種が
芽吹いて育つ…はず。

何がどんなふうに芽吹くか楽しみ!


今年1月にまいたシロツメクサの種団子は、
こんなふうに ↓ 芽吹きました 😀

Img_20220125_152147_080mini

| | | コメント (0)

スミレの花が咲きました。

今日は、母の誕生日です。
もう歳を重ねることはないけれど。

Dscn2928mini

写真は2015年2月、大石公園(那覇市識名)にて。

| | | コメント (0)

« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »