« 素晴しきかな、大嶺海岸 | トップページ | 夕暮れ »

悲しき大嶺海岸

Dsc_0213

空港拡張工事で、埋立が進んでいます。大嶺崎の、龍神様を祀る石碑のすぐ背後には、工事用の仮設桟橋とクレーンが設置されていました。ちなみに、下は去年(2014年)4月4日の写真です。
Dscn8881

Dscn1325上は、那覇空港を出発する飛行機から撮影(2014年12月3日)。

昼間に確認してみると、増設する滑走路の、両端と真ん中あたりからすでに埋立が始まっているようです。

おそらくはそのために潮の流れが変わっているのでしょう。あれほど緑濃かった海草が疎らになっています。

Dscn2617_2

Dscn2712
Dscn1340_2

手前から糸満、豊見城、那覇の海岸。一番奥に、那覇空港の滑走路が見えています。

残念なことですが、美しい海を見に来た観光客が那覇空港に着陸する前に目にするのは、埋立地だらけのこの光景です。

大嶺は、那覇市に唯一残された自然海岸であり、サンゴの海なのですが、昨夜見た生きものたちの楽園は、ちょうど増設滑走路の埋立区域にあたります。

_
那覇空港は現在、自衛隊と共用です。那覇市議会は、たびたび関係機関に「民間専用にして欲しい」と要請していましたが、民間専用にできたなら「過密になっている」といわれる離発着には十分余裕があるのです。

|

« 素晴しきかな、大嶺海岸 | トップページ | 夕暮れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/61191035

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しき大嶺海岸:

« 素晴しきかな、大嶺海岸 | トップページ | 夕暮れ »