« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

人工衛星…

20130827_n6592

種子島の宇宙センターから打ち上げられたロケットの航跡が沖縄からも見えることがあると知り、試しに今日予定されている打ち上げを眺めに、近所の高台に登ってみた。

ツレがwifi接続できるノートパソコンを持ち出して、打ち上げの中継を見ながら空を眺める。

画像からは、蝉とカウントダウンの声が聞こえる。

じゅう、きゅう、はち、なな…  おぉ、日本語で数えてる~!!

さん、に、いち、ぜろ。  あ、ゼロは「れい」とは言わないのね。

…ん? 発射しない?? ゼロでは飛ばないのだろうか。

と、おもったら

20130827_n6595


この日、打ち上げは中止されました。

ある意味たいへん貴重なものをみました。

原因はなんだかまだ分かりませんが、打ち上げられてから不具合が出るのでなくて良かったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農連市場

20130826_n6586

開南の近くにある農連市場。再開発の計画があって、間もなくなくなると聞かされ、久々に訪問しました。

市場は10 年前と較べると少々活気に乏しくなったかんじでしたが、もうかなり遅い時間だったからでしょうか。

といっても、朝5時半くらいに行ったのですが。農連市場は深夜から朝までが勝負!!

偶然にも、今は週に一度しか商いに来ないという顔なじみのおばちゃんに会えて、ほっとするやら嬉しいやら。共通の知人の話題に花が咲いた。

それとなく、おばちゃんたちに再開発の話を聞いたら、「あと2年くらいは大丈夫だはずよ~」と。

また来ます、また来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まな板の削り直し

20130824_n6530

包丁のよく当る部分がへこんで、カビが生えたりしてきたので
前回(といっても何年か前)はサンドペーパーで事足りた
削り直しを、今回は本格的に(?)カンナで削りました。

20130824_n6546

お野菜と肉・魚の面を分けて使っていましたが、それを見分ける
ための印もカンナで削れてしまいましたので、ハンダごてで
お魚マークをつけてみました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日、二輪目が開花。

一輪目の開花に気づくのが遅かったのか、昨日咲いていた花は今朝、もう萎れていて、かわりに二輪目が咲いていました。

二輪目がいつまで咲いているか、どんな虫が来るか、よく観察してみたいと思います。

ちなみに草丈は52cmほど。花は直径4.5cmほどの、小さなちいさなゆりです。今日はアリが花に来ていました。

香りはユリっぽくないのです。なんとなく梅の実のような、シソジュースのような~???

20130813_n6285

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20130813_n6260


朝、ざーっと雨が降ったあと、ぱっと陽がさしました。これは…と思い、いつも夕陽を眺める窓から外を見たら、思った通り! 虹が出ていました。

沖縄はこの夏、記録的な少雨傾向で、ほんとうにずっと雨がありませんでした。

カマキリの餌のバッタを探しに行っても、日当たりの良い草むらはほとんど茶色に変色してバッタがおらず。土が露出している所はひび割れ、丈夫そうなクワズイモやツワブキさえも、葉っぱが黄変したり反り返ったり。

うちのアパートはコンクリート製なので、蓄熱して夜も室温が31度を切らない日がいつから続いていたことやら…(うちにはクーラーがないのです)。 数日前にはあまりの暑さに、1リットルのペットボトルに作った氷をサーキュレーターの前に置き、「なんちゃって冷風扇」にして寝たほどです。

今日は午後にもにわか雨があって、忘れるほど久しぶりに室温30度を切りました。

あらためて雨のありがたさを感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里子が開花!

去年は夏に雨が多く、ベランダはカタツムリたちの楽園と化し、いろんなものがかじられてしまいました。実は、この大切な里子のつぼみも、去年はカタツムリにかじられてしまい、花を見ることができませんでした。

しかし! 今年は記録的な小雨。で、暑くて大変だったかわりに、里子はカタツムリにかじられることなく、すくすくと育ち、初めて花を咲かせてくれました!!

20130812_n6255
この子がうちに来たときの様子は、下記のブログをご参照くださいませ。

http://haiyue.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-d91b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日勤

梅雨が明ける頃から、夕方になるとうちの台所の窓辺に、毎日出勤してくる生きものがいる。

ヤモリの夫婦(?)。かなりお気に入りの場所らしく、わたしが近づきすぎると大きい方は一旦姿を隠すのですが、しばらくするとまた戻ってきています。そして、ほぼ毎日、同じ場所に通ってきます。

20130714_n6066

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオカマキリ、空にかえる。

2回目の産卵後も食欲旺盛で、バッタをもりもり食べていたカマ子さん。しかし、異変は突然やって来ました。最後の脱皮の時にケガをした傷の黒い斑点が急速に広がり、大切な鎌もケガをした部分から先が壊死してポロリと落ちてしまったのが8月5日。

飼育下では、4~5回産卵することもあるらしいのですが、6日の朝にはもう、飼育ケースの草の上で頭を下に傾けたまま動けなくなっていて、私がのぞいたら口をもごもごと動かしたのを最後に、空にかえったようでした。

うちで飼っていた生きものたちは、わりとみんな、最後に口を動かしてから逝くんだな。金魚もそうだったな。なんてことを思い出しました。

偶然、卵の状態でうちに来てから、結局一生をケースの中で過ごしたカマ子さん。カマキリにも魂があるなら、次は、もっと自由な一生を送れたらいいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »