« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

綿の実がはじけました。

20130730_n6118

ベランダの掃除をしていたら,発見!

20130730_n6121

もっこもこの綿!

20130730_n6123

ふわふわかげんが感動的であります。

なお、綿の種は、春先に日本綿業振興会さま http://cotton.or.jp/ より、無償提供の種を送っていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オオカマキリ、二度目の産卵

20130723_n6112

一度産卵したら死んでしまうと思っていましたが
うちのカマ子さんは、2度目の産卵をしました。

2月22日から5ヶ月あまり。

カマ子さんは、最後の脱皮がうまくいかなかったことによる不自由な身でよく生きてくれます。

そして私は。

はじめの1~2ヶ月はアブラムシや野菜に付いてくるアオムシなどをカマ子さんの餌にしておりましたが、それ以降はほぼ週に2回、ときどきは相棒に手伝ってもらいつつも、近所の公園で虫網を振ってバッタを捕るアヤシイおばさんを続けております (^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

綿の花

20130707_n6036

芙蓉に似た、きれいな花が咲いています。

20130707_n6037


実もふくらんでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんと卵を産みました。

半年前、正月飾り用の南天に生み付けられた卵嚢の状態でうちにやって来たオオカマキリさん。脱皮を繰り返し、オトナになり、たくさんバッタやキリギリスを食べてお腹がパンパンになったと思ったら、ついに昨夕、卵を産みました。相棒もいないのに…

飼育ケースの壁面に逆立ちして、半狂乱で卵を生もうとしていました。内からの押さえがたい衝動で動いているようで、見ていて苦しいほどでした。

少しはつかまりやすいかと思い、卵嚢が付いていたあの南天のように、適当に枝分かれしたものをいくつか飼育ケースの中の土にさしてやりました。

枯れ枝には生まず、かろうじて生きている千年竹に生みました。

20130702_n6013

20130702_n6014

卵を産み終わったところ。お疲れさん。

20130703_n6024

朝見たら、なんだかパイナップルみたい!? 

孵化はしないと思いますが、とりあえず、来年の2月(親カマキリが生まれてきたのが今年の2月でした)までは経過観察してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »