« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

カメフジツボ、魅惑の脚招き♪

先日、フジツボの研究者のUさんとお会いすることができた。メールではやりとりをしていたものの、お目にかかるのは初めてで、本当に嬉しい時間を過ごした。

そうしたら、不思議なことに、同席してくれたT君が、次の日カメフジツボを捕獲したという。

カメフジツボは、ウミガメにつくフジツボ。死んで某海岸に漂着したアオウミガメの、なぜか腹側についていたとのこと(通常は背の甲羅につくものらしい)。

T君から数日間預かることになったこのカメフジツボ、なかなか愛らしいのである…。

http://youtu.be/W1knxc9hvv4

※フジツボに関するおすすめ本は
  こちら ↓↓↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄県立博物館・美術館

120524_n2689
紅型展を見に来ました。

すばらしい技の数々と、それを断ち切った戦禍。再興の苦労と平和の意味をあらためて思った一日でした。

写真は博物館・美術館のエントランスホール。

太陽光がうまく取り入れられていて、見た目はすてきな空間です。

実は冷房がよく効いていて、冷え性にはキビシイ空間!

沖縄では、省エネ・節電はどこ吹く風!?…(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金環日食

120521_n2609_2

海邦国体のあった年、沖縄で皆既日食がありました。

当時私の家族は揃って神戸に住んでおり、私は高校生で、部活は物理部天文班というところに所属しておりました。

父は自分のことをあまり口にしない人でした。でも動植物や天文に関心を寄せていることは感じていました。そんな父が私に、沖縄へ皆既日食を見に行こうと言ってくれました。

でも数日後、父から残念な結果を聞かされました。日食は国体開催期間のまっただ中であり、飛行機のチケットがとれないと言うことでした。

25年以上前の話です。その後、一緒に日食を見ることもなく、父は10年前に他界しました。

今回の日食は、半年以上前から、甥のトラオと一緒に見る約束をしていました。

直前まで体調不良で悩んでいましたが、願いは叶い、沖縄から大阪へ。

妹夫婦とトラオだけでなく、トラオの声で家の前からすぐに日食が見られると気づいたご近所さんたちとも一緒に日食を見ることができました。

父との約束はかなわなかったけれど、父の代わりにたくさんの人たちが周りにいてくれたのでした。

すばらしいご縁に感謝の一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甥の願い

120520_n2559_2生老病死について深く考え始めたらしい小学3年生の甥っ子、トラオ。

トラオの願いは身近な人たちが元気で長生きすること。

9ヶ月ぶりに甥っ子に会いに大阪へ行ったら、キッチンのガラス戸にはトラオ手製の禁酒サインが貼られていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南部半周ツアー!?

120503_n2125

タムさんとお出かけ。

与那原のヒジキです。

梅雨の晴れ間で笑っちゃうくらいきれいな海の色!!

120503_n2144垣花ヒージャーはたいへんなにぎわい。

120503_n2135

水遊びしたり捕虫網を振り回している子どもたちを見るとホッとします。

電子ゲームばかりしている子どもだけじゃないんだなって!

120503_n2129カメラ目線です(笑)

   120503_n2141

ここの水は石灰分が多くて、生きているカワニナも石灰コーティングされていました。

120503_n2146 あぁ、ほんとうにいいお天気!

120503_n2153 お次は垣花城跡。

田中一村も、奄美でこんな光景をたくさん目にしたことでしょう…

120503_n2210若葉があかい…

木々の間の風の通り道には、クモが巣を張っていました。

120503_n2183

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »