« 久々の泡瀬 | トップページ | 大石公園のヤギ »

久々の佐敷

120326_n1808泡瀬の翌日は佐敷。

思えば1998年、内地から沖縄に帰ってきて、はじめに友人のN氏に誘われたお出かけ先が、佐敷干潟の生物調査でした。

そのとき出会ったメンバーと、その後、泡瀬干潟の保全活動に関るようになったのでもありました。

120326_n1897

イチョウシラトリやオキシジミはまだ少しいましたが、泥っぽかった干潟はかなり砂っぽくなっていました。

120326_n1909アラスジケマン。

120326_n1814

潮がよく引いたせいか、小魚が干潟にとり残されていました。

写真を撮ってから潮だまりに放流。まだ生きてました。

120326_n1821

石の裏に小さな貝がくっついていました。

120326_n1822

骨になったサバニ…。

佐敷干潟にある小島は、貝塚みたい。

120326_n1831

120326_n1846

成長中のマングローブ。

120326_n1839

目を凝らすとイソアワモチやカワザンショウ。

120326_n1859

オカミミガイの仲間たち

120326_n1874

ドンドコ歩く姿はとても可愛い。

120326_n1913

瀬戸内の小島を上空から眺めているみたい。

120326_n1904

夕暮れが近づき、満ちる潮に追い立てられるようにして120326_n1929岸へ戻る。   

モクマオウが花盛り。

120326_n1939

美しく幸せな日没。

|

« 久々の泡瀬 | トップページ | 大石公園のヤギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/54415376

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の佐敷:

« 久々の泡瀬 | トップページ | 大石公園のヤギ »