« 放送大学のテストの日。 | トップページ | 白いふわふわ »

旧正月のごちそう(ムジ)

Dscn1281旧正月に市場へ行ったら、多くの商店はお休みしていたのですが、なじみの八百屋は営業していて、タイモの茎であるムジ(生のずいき)が店先にありました。

乾物のずいきは使ったことがありますが、生を買ったのは初めて。

灰汁抜きの方法を調べましたらいろいろでてきました。

そのなかでも簡単そうなものを選んで実行。

Dscn12841.水を張ったボールに食酢を入れ、皮をむいて鍋に入れやすい長さに切ったムジを浸ける。

2.あらためて鍋に水と酢を入れてムジを入れ、茹でる。浮きやすいので落としぶたをするとよい。

3.ほどよく茹であがったら水にさらして冷ます。

というもの。

Dscn1287 ムジの状態によって茹でる時間は変わるのだろうけれど、今回のは沸騰後5分程度で十分食べられる柔らかさになりました。

軽く絞って、酢味噌あえとムジ汁モドキ(?)をつくりました。

空隙が多いので味がしみやすく、ふんわり、かつシャキシャキの、独特の食感がたまらない。

Dscn1288たこ飯と一緒にいただきました。一日遅れた旧正月のごちそうでした。

そうそう、この処理で、ムジの灰汁はまったく感じませんでしたが、皮をむくときに素手でさわったら、手のひらや指はなんともなかったのに、手の甲の方が痒くなってしまいました。

手のひらや指の感覚は体の中で一番鋭敏なのに、害になるモノは一番吸収しにくい、ということを体感しました。

|

« 放送大学のテストの日。 | トップページ | 白いふわふわ »

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 投資の入門 | 2013年10月13日 (日) 11時28分

投資の入門さま
コメントをありがとうございました。最近はあまり更新できていないのですが、過去記事でお楽しみいただけるものがあってよかったです。よろしければまたご訪問くださいませ。

投稿: ミズマ | 2013年10月14日 (月) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/53870805

この記事へのトラックバック一覧です: 旧正月のごちそう(ムジ):

« 放送大学のテストの日。 | トップページ | 白いふわふわ »