« ちがや | トップページ | ホウオウボクとシャクトリムシとスズメ »

大学の駐車場を見て思う。

100606不況だと言われ続けている割には、R大の学生(&その親たち)はお金持ちになっているのではないか?と、思ってしまう。

みんなおしゃれで、穴の空いた服を着ている学生などいないし、駐車場に止まっている車はどれもピカピカだし、第一、車の数自体増えた。かわりにバイク置き場には余裕がある。

わたしたちが学生の頃には、服は数枚を着まわしていたから、長雨や台風が着たら悲しいことになった。穴の空いたTシャツを着ている学生も多かった。

通学は、まずは原付を使う人が多かった。それもおおかた大学に上がってから免許を取っていた。バイトで貯めたお金であらためて自動車の普通免許を取り、中古車を買い、それも錆びだらけのボロボロのが多かったのだ。

102014今は、一年生からもう新車に乗っている。親が出しているんでしょうね、きっと???

先進的な都市は、「底炭素社会」の実現のために、ヒトの身の丈にあった“歩行者に優しい街づくり”を計画し、公共交通網を便利にし、自家用車からの移行を促しているのに、沖縄ではいまだに公共事業で道路を新設し、拡幅し、直線化し、公共交通機関であるバス網は不便なままだ。

いったい、どのようなベクトルが働いているのであろうか…。

|

« ちがや | トップページ | ホウオウボクとシャクトリムシとスズメ »

コメント

学生の車きれいになりましたよね~

うちの友人は服の穴を「セクシーホール」って呼んでました┐(´-`)┌

投稿: いたち | 2011年10月22日 (土) 02時26分

> 学生の車きれいになりましたよね~
だからね~!

そうそう、い○お君はよく、大穴あいた“セクシーホール”Tシャツを着てましたね(笑) あれ見るとこそばしたくなるんで(あ、失礼、これ関西弁ですね、くすぐりたくなるので)、どこがセクシーやねん! て思ってました。

投稿: ミズマ | 2011年10月22日 (土) 09時58分

こんばんは。

以前、泊に住んでいた頃南部から魚売りがきて、裏手は聖地でした。
あっという間に、新都心までの道ができ黄金森が造成され、でも大方の地元は、綺麗で便利で発展した商業地ができて素晴らしいといいます。

沖縄は質素、質実剛健を旨としていると思ってた私はショック。(^^;

学生さんだけでなく、着るものも皆綺麗になっていって個性がなくなった気がします。でもお金があるのはR大に子供を入れる教育ができるような一部の人だけ、私の周りは食べられない知人も多いです。

投稿: kmkmkun | 2011年10月23日 (日) 02時00分

kmkmさん
新都心…、できあがった無機的な街を見たときには「ガーン」って感じでした。
車優先の大型商業施設はどこへ行っても同じ風景で、その土地らしさがないんですよね。没個性の綺麗な洋服と一緒かも…。
食べられない、については、わたしの周りもそうですねぇ。わたし自身、稼ぎが少ない割にのんびり暮らしているように見えるらしく、「仙人」と呼ばれたりしています。曰く「霞喰って生きてるんでしょ!?」と (^^;) 光合成ができたらいいですけど(笑)

投稿: ミズマ | 2011年10月23日 (日) 21時36分

沖縄に来た当時(今も?)よく言われていた「内地並み」は東京(しかも都心部)になることなんだなと感じてんなんかガッカリした記憶があります。その象徴が新都心でしょうね。

投稿: いたち | 2011年10月25日 (火) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/53048513

この記事へのトラックバック一覧です: 大学の駐車場を見て思う。:

« ちがや | トップページ | ホウオウボクとシャクトリムシとスズメ »