« 2001年台中の旅 梧棲魚市場 | トップページ | 沖縄デモウォーク -原発も基地もいらない- »

2001年台中の旅;大肚渓口の干潟

01010337

まだまだ古い写真の蔵出し中!

台中縣と彰化縣の境となっている大肚渓(タートゥーシー)という川の河口に広がる干潟、野生動物保護区になっている大肚渓口の写真から。

そこはとんでもなく広い干潟でありました。歩いて水際まで辿り着けないほど!

01010347カニたちの楽園!?

01010349

01010320

もちろん鳥たちにとっても楽園!

01010331

なんだかいろんな種類のいきものたちがうごめいていました。

01010326

台湾のミナミコメツキガニ。足の付け根に赤い斑がある。沖縄のには赤い斑はないのですよね。

そういえば去年、沖縄のコメツキガニは別種であることがわかった、という新聞記事を読みました。

01010329

台湾のハマグリ。この干潟では、稚貝を放流して育ったものを獲っていると言っていたような。

01010343

シオマネキの仲間たちがハサミを振っているその向こうに、不思議な小屋が。潮が満ちたら、当然海の中。

こういう小屋が、広い干潟にいくつか点在していました。

01010333

かなたから、おじさんがひとり、歩いてもどってきます。

ここでは、ハマグリ以外にもいろんな漁が行われているようでした。

01010334

偶然、小屋の持ち主さんにお会いできて、上にあがらせてもらいました。

ウエットスーツの下に、貝を獲るための鋤簾が見えます。

01010335

この日は、ウナギの稚魚を捕っていたそうです。稚魚は、日本の養殖場に行くのだとおっしゃっていました。たいへん高値で取り引きされるため、良い収入になるとか。

しかし、近年獲れる量が減っているともおっしゃっていたような気がします。2001年の話です。

01010324

【大肚渓口】

日本語のサイト
彰化県大肚渓口バードウオッチング

中国語のサイト
大肚溪口野生動物保護區

※この日は日の出前から行動。干潟で朝日を迎えたのでした。

2001年1月3日撮影。

|

« 2001年台中の旅 梧棲魚市場 | トップページ | 沖縄デモウォーク -原発も基地もいらない- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/52835313

この記事へのトラックバック一覧です: 2001年台中の旅;大肚渓口の干潟:

« 2001年台中の旅 梧棲魚市場 | トップページ | 沖縄デモウォーク -原発も基地もいらない- »