« ハチの干潟 | トップページ | 尾道散策1~登っておりて »

竹原のまち

Dsc_1991観察会の後、竹原の町並み保存地区へ向かいました。岡田君の案内で I さんとともに西方寺へ。

I さんは竹原に近い大久野島の国民宿舎で仕事をしていたことがあり、ハチの干潟も西方寺もお気に入りスポットだったそうで、再訪を喜んでいました。

わたしは西方寺ももちろんはじめて。そのながめのよいこと!

Dsc_1993竹原のまちが一望できます。

手前に見える黒い屋根瓦のあたりが町並み保存地区ですが、そのさきは、ほとんどが干拓、もしくは埋立地で、かつては塩田が広がっていたのだそうです。

町並み保存地区と市街地を分けるように川が流れ、保存地区側の岸辺には雁木が残っているのですが、つまりそこが海岸線だったというわけです。

Dsc_2001ところで。西方寺の山門に、不思議な物を見つけました。

なにか「イナバウアー」状態の動物のように見えます… 

Dsc_2002 実は、しゃちほこ同様、逆立ちした獅子でした。

逆立ちしている獅子というのも珍しい気がします…

Dsc_2004その山門からの眺めもなかなか風情がありました。

Dsc_2008夕食の後、みんなで忠海の海辺にある岩乃屋さんという石風呂へ行きました。

現代風に言えばサウナですが、現存する中では日本最古かも?というくらい、古い時代から続いているようです。

花崗岩に鐫たれた洞に干したアマモを敷き詰め、薪を焚いて洞内を熱するという、昔ながらの手間暇かかる方法で操業を続けていらっしゃいます。体の芯から温まり、驚くほど汗が出ました。

熱くなったら外に出て、夜風に当たりながら、賀茂川沿いの葡萄園で仕入れた、とれたての葡萄をほおばり、夜の海に浸かって十三夜の月を眺めたりもしました。

感動的に贅沢な一日でありました。忙しい中、夜遅くまでつきあってくれた岡田君に感謝! & I さん、またどこかでお会いしましょう~。

とっても楽しかったです!!

|

« ハチの干潟 | トップページ | 尾道散策1~登っておりて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/52624722

この記事へのトラックバック一覧です: 竹原のまち:

« ハチの干潟 | トップページ | 尾道散策1~登っておりて »