« 今日のお客さん:しゃぼん玉 | トップページ | 識名の綱引き(豊年祭) »

ヘチマその後。

07300225日に実を収穫した後も、2日ほどはつるを伸ばさずにじっとしていたヘチマ。

その間にももちろん雄花は次々と咲いては散ってゆきました。子孫を残すために懸命に生きている。

実を収穫して三日後、ようやくつるが伸び始めました。次の雌花を咲かせるために。

ゴーヤーはわりあいたくさんの実をつけてくれるので、あまり感じていませんでしたが、ヘチマがこんなにがんばって実をつけているのを見ると、他の植物だって多大なエネルギーを費やして実をつけているのにかわりはないはずで、ほんとうに心して食べなければと深く感じ入っています。

|

« 今日のお客さん:しゃぼん玉 | トップページ | 識名の綱引き(豊年祭) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/52343794

この記事へのトラックバック一覧です: ヘチマその後。:

« 今日のお客さん:しゃぼん玉 | トップページ | 識名の綱引き(豊年祭) »