« パパヤが生えてきた、けれど。 | トップページ | ゲンパツ・ホーシャノー関連記事のメモ。 »

動画紹介「海はぐくむ森 北九州洞海湾」

コンパクトにまとまっていますが、たいへん興味深い内容でした。

北九州市の海辺。高度経済成長の頃には、周囲からの工場廃水で海は茶色くよごれ、生きものの影が消えていた。

海辺の空き地に木を植えて森ができたら、海底から水が湧くようになり、これが水質の浄化にたいへん重要な役割を果たしている。そして、今では多くの生きものが見られるまでに環境は回復している、という内容。

泡瀬にも海底から湧水がありました。海草場を歩くと、真夏でもひんやりとしていたものです。

今、泡瀬では干潟域の海草がほとんど消失してしまいました。歩いていてひんやりとする潮だまりも、なくなってしまいました。

工事の影響で、地下水脈に変化が起こったのでしょう。湧水と海草場は密接な関係があったのです。

■NHKエコチャンネル■ お宝映像 「海はぐくむ森 北九州洞海湾」

http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/jp/movie/play.cgi?movie=j_water027_20080703_0316

|

« パパヤが生えてきた、けれど。 | トップページ | ゲンパツ・ホーシャノー関連記事のメモ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/52314434

この記事へのトラックバック一覧です: 動画紹介「海はぐくむ森 北九州洞海湾」 :

« パパヤが生えてきた、けれど。 | トップページ | ゲンパツ・ホーシャノー関連記事のメモ。 »