« 再生 | トップページ | 夕暮れの空に月 »

愛しき樹

110531_1601

那覇市の桜坂劇場の前に、希望ヶ丘という名の公園がある。大樹がたくさんあって、好きな公園の一つだ。

2009_011204なかでもこの大きな榕樹に会うのが大好きだった。

あんまり大きくて、コンパクトデジカメでは全体をとらえきれない。

「参りました」、とかなんとかいいながら、写真を撮らせてもらったのは3年前のことだった。

その樹が、今回の台風2号で、倒れた。

110531_1587赤い矢印の先にある街灯と較べて見れば、この樹がどんなに大きかったかわかっていただけるだろうか。

あぁ、それにしても。地上部の茂りように較べて、根のなんて貧弱なことだったろう。

本来、根は地上部の広がりと同じだけ、あるいはその何倍か、広く深く根ざしているものだ。

110531_1608けれども、いつのころだか、根元にはコンクリートタイルが敷き詰められてしまった。

根は呼吸できなくなり、そうして腐っていったんだろう。

110531_1595_1倒れた樹の、枝の広がりの中に入り込んでみた。

樹の天辺方向から梢を通して見る空。

普通なら見ることのできないはずだった風景。

060703さらに一週間経った。

樹は切り刻まれて、トラックで少しずつ運び去られているところだった。

せめて根元だけでも残して、植えなおして欲しいと思ったりもするけれど

多分全部運び去られてしまうのでしょうね…

さようなら、愛していました。

いいえ、永遠に愛しています。

   

|

« 再生 | トップページ | 夕暮れの空に月 »

コメント

「榕樹」とは何ぞや? とぐぐってしまいました。

…ガジュマルってこんなに大きくなるのん???! いや、実物を見たことはないのですよ…まあ、そうか、樹の上にはキジムナーがいるんだから、高い樹でないと困るか。

台風が多いとこういうこともあるんだねえ。
それにしても、こんな大きな樹の最期かと思うと、切ないね。

投稿: ヴィスカヤ | 2011年6月11日 (土) 22時14分

那覇は人の利便性最優先で樹にとってはとても「生き苦しい」空間になっていると思います。

最近あちこちの街路樹が伐採されたり、極端に枝を払われたり、根元までコンクリートで覆われたりしているのをよく見ます。

私の目には、まことに殺風景にうつります。樹にしてみればほんとうに「殺されそう」な状況なのですから。時代に逆行しているように思えてなりません。

投稿: ミズマ | 2011年6月28日 (火) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/51907635

この記事へのトラックバック一覧です: 愛しき樹:

« 再生 | トップページ | 夕暮れの空に月 »