« さようなら「えころん」 | トップページ | 籠の中の… »

もずくのおやき。

04230321日に泡瀬に行きました。

モズクとモーイを採りました。

屋久島に住む友人が送ってくれたジャガイモを生のまますり下ろし、水っぽさがなくなる程度に小麦粉を振り入れ、モズクとモーイと干しアミエビ、それにベランダ菜園のネギや三つ葉を刻み入れてざっくり混ぜれば生地の出来上がり。 今回は贅沢に(!?)卵もいれました。

モズク、モーイ、アミエビに塩味がついているので、調味料は足しません!

フライパンを熱して、生地を薄く流し入れ、両面焼いたらできあがり。

焼いたうちの半分を昼食にして、あとは夕食にしようと思っていたのに、思わず全部平らげてしまいました。うまーい!!!

ジャガイモをすり下ろして生地に使うお焼きは、中国留学中、ナターシャという名のウクライナ出身の美少女から習いました。紅葉で有名な公園への遠足に、彼女が持参していた携行食がそのジャガイモのお焼きだったのです。

ウクライナの家庭料理で、具の取り合わせにきまりはなく、小さく切った鶏肉でも野菜でも、好きなものを入れて焼くこと、携行食にするほか、普段もよく食べられていることなどを聞いた覚えがあります。

ジャガイモの種類や澱粉の蓄え具合によって、もっちりできたり、さっくりできたり。でもその違いも楽しい。

今回のは、もっちりでした。スープにしてもおいしいジャガイモでした。屋久島のMさん、ありがとう! 

それから 海の恵みに、ありがとう。  ナターシャに、ありがとう。 

20年近く前、互いに異国の地で出会って、そこで習ったレシピがいつの間にかわたしの定番料理に入っていた不思議。 ナターシャ、どうしているかな…。

|

« さようなら「えころん」 | トップページ | 籠の中の… »

コメント

お久しぶりです。ナターシャです。(ウソ)
某編集班(になりました)のそらみです。
お元気そうでよかったです。
丁度もずくレシピを開拓中だったので
大変参考になりました。
また寄りますね♪

投稿: そらみ | 2011年4月26日 (火) 12時38分

そらみさん

ほんとうにおひさしぶりです! メッセージありがとうございました!!

「○○編集担当」が「○○編集班」に改名したのでしょうか!? 

もずくレシピ、喜んでいただけてよかったです♪
また「某編集室」にも遊びに行きますね!

ではでは  (^o^)/~~~

投稿: ミズマ | 2011年4月26日 (火) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/51494001

この記事へのトラックバック一覧です: もずくのおやき。:

« さようなら「えころん」 | トップページ | 籠の中の… »