« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

今日のお客さん(※にょろり系が苦手な方はご注意!)

042902カタオカさんちの畑から、いらっしゃいませ~!

エコショップがじゅまるガーデンで買った、無農薬無化学肥料で育ったセロリ。今帰仁のハルサー、カタオカさんちからの直送です。

セロリはスープに、ミミズはうちのベランダ菜園に放牧(!?)

カタオカさん、がじゅまるガーデンさん、それから配送のお兄さんたち、ありがとう。

今日もおいしいご飯でした。

&ミミズさんたち、うちの菜園で生き延びてくださいませ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

籠の中の…

042403シーサー。

ご近所のある飲み屋の店先にて。

シーサーは通常、阿吽で対になっています。そうして、ここのシーサーは、向かいの相方もやはり同型の籠に入れられておりました。

なんでこんなことになっているんだろうか。

①実はこのシーサーたち、すごい乱暴者で、こまった店のオーナーがそれぞれ別々の籠に入れてしまった。

②いやいや、実は魔除けの力が強すぎて、マジムンどころかお客さんも来なくなってしまい、困ったオーナーが魔除けの力を封じる籠に入れた。

③「シーサーは籠に入れて飼いましょう!」という運動がひそかに展開されている。

まぁ理由はわかりませんが、とにかくこのシーサーたちはおとなしく籠に納まっている。…ように見える。

でも実は…
④人目がある間は籠の中でおとなしくしているが、夜中に籠を抜け出して自由に道や屋根を駆けめぐっている!

などなど、とりとめもなくつぎつぎ膨らむ妄想…。むふふ、こういう妄想は楽しいですね。

お金もかけずに遊べる幸せよ(笑)

単なるオーナーのジョークだとはわかっていても、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もずくのおやき。

04230321日に泡瀬に行きました。

モズクとモーイを採りました。

屋久島に住む友人が送ってくれたジャガイモを生のまますり下ろし、水っぽさがなくなる程度に小麦粉を振り入れ、モズクとモーイと干しアミエビ、それにベランダ菜園のネギや三つ葉を刻み入れてざっくり混ぜれば生地の出来上がり。 今回は贅沢に(!?)卵もいれました。

モズク、モーイ、アミエビに塩味がついているので、調味料は足しません!

フライパンを熱して、生地を薄く流し入れ、両面焼いたらできあがり。

焼いたうちの半分を昼食にして、あとは夕食にしようと思っていたのに、思わず全部平らげてしまいました。うまーい!!!

ジャガイモをすり下ろして生地に使うお焼きは、中国留学中、ナターシャという名のウクライナ出身の美少女から習いました。紅葉で有名な公園への遠足に、彼女が持参していた携行食がそのジャガイモのお焼きだったのです。

ウクライナの家庭料理で、具の取り合わせにきまりはなく、小さく切った鶏肉でも野菜でも、好きなものを入れて焼くこと、携行食にするほか、普段もよく食べられていることなどを聞いた覚えがあります。

ジャガイモの種類や澱粉の蓄え具合によって、もっちりできたり、さっくりできたり。でもその違いも楽しい。

今回のは、もっちりでした。スープにしてもおいしいジャガイモでした。屋久島のMさん、ありがとう! 

それから 海の恵みに、ありがとう。  ナターシャに、ありがとう。 

20年近く前、互いに異国の地で出会って、そこで習ったレシピがいつの間にかわたしの定番料理に入っていた不思議。 ナターシャ、どうしているかな…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さようなら「えころん」

首里にあるエコショップ「えころん」が23日に店を閉めることになった。

前夜はお店で今泉真也監督の映画『雨粒と海』が上映され、たくさんのお客さんが詰めかけた。

「生きて行くこと」をじっと見つめた映画だった。

人との繋がり
食べ物を通した土や海との繋がり

一滴の雨粒が集まり、川となり、やがて海へと注ぐように

形は変わっても、すべてはつながって行く、とぎれることなく…

042312そんなことを感じさせてくれる映画だった。

「えころん」というお店はなくなるけれども、きっとそれはまた何かのはじまりなんだと予感させる映画でもあった。

さて23日当日。

名残を惜しむお客さんたちが、この日もお店に集っていた。

いままでありがとう、たくさんの佳き人、佳きものと出会えました。

それから畳の間では心地よい時間が過ごせました。

幸いかな、幸いかな。

「えころん」がなくなることを悲しむよりも、「えころん」がここにあったことを喜ぼう。

でもやはり…。

常連客だった友人が「えころん」の前に停めたバイクがなんだか淋しそうに見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泡瀬干潟の記録2

0421dsc_1537はい、大型海草類の生えていた海草場。ホソスジヒバリの密生地。

以前からこんな風に、ホソスジヒバリのまとまった個体群が一斉に死ぬことはあったけれども

今年はどうも生き残っている個体群の方が少なく感じられるほどあちこちで一斉に殻の口をあけていた…

000831_110421

↑ こちらは岸からの距離がちょっと違うけれども、あんまりといえばあんまりなはげっぷりですね。左が2000年8月31日、右が2011年4月21日。

000503こんな風にイソスギナや海草が生えていたタイドプールには…(写真は2000年5月3日)

0421dsc_1457カゴメノリが繁茂。

それを剥いでも下はただサンゴ礫の底質が見えるばかり。

000506それでは、定点観察スタート。

st.1 

2000年5月6日 

※大規模な移植実験はまだ行われていない

0421dsc_1465st.1 

2011年4月21日。

20010525st.2

2001年5月25日

※この年の秋に大規模な海草の移植実験がはじまる。

0421dsc_1463st.2

2011年4月21日

020401_2st.3

2002年4月1日

移植されてきた海草のブロックがまだはっきりしている。

0421dsc_1467

st.3

2011年4月21日

いつの日かまた海草たちが生えてくるのだろうか…

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泡瀬干潟の記録1

2011年4月21日

最干潮時間15:28 (那覇港基準)
潮位-6cm (那覇港基準)

天気 曇り時々晴れ

042105泡瀬干潟です。

(写真はクビレミドロ。数は少ないようですが今年もいました。)

0421dsc_1495海草藻場移植実験地で毎年春に定点観察を始めて9年経ちました。

(写真は西堤防付近。このあたりの海水は以前と同じく澄んでいる。モーイやウスユキウチワなどの海藻類が繁茂。)

0421dsc_1480様子はかわったかって…?

大いにかわりました。でも、それは次の記事で書きます。

まずは出会った動植物たちの写真を掲載。

0421dsc_1485直径20cm以上もあるハタゴイソギンチャク、まだいました!

…残念ながらクマノミとは長い間お目にかかっておりません。

0421dsc_1490この写真も西堤防付近ですが

ホヤの仲間たちでしょうね。

0421dsc_1502こちらも。

動きはしないのですが、なぜかムーミンに出てくるニョロニョロを思い出しました。

0421dsc_1483ソフトボール大に育ったサンゴ。

以前は直径30cmくらいになるのがいたのですが…

0421dsc_1501サンゴ再生中。

もちろんヒトが移植したものではない。

0421dsc_1496ナガウニもめっきり減った。

0421dsc_1507ガンガゼもね。

この子はまだ直径15cmほどだった。もちろん、本体部分ではなく棘の先っぽまで含めて。育てばその倍くらいにはなる。

0421dsc_1480_2コブヒトデとウニ。

手前のウニは波に転がされて棘がすっかり折れてしまっていて、何ウニだかよくわかりませんでした。

0421dsc_1506いろとりどりの海藻たち。

0421dsc_1505昔の健全な海草場を思い出させてくれるようなところも少しはあり…

(小型海草類にモーイ、モズク、ウスユキウチワなどなど)

0421dsc_1511トゲアナエビも西堤防付近にはまだ健在でありました。

0421dsc_1532コブヒトデの子ども。

ちっちゃ!

0421dsc_1551黄緑色のシャコの仲間にも会いました。

042121渡り鳥たち…

042124シロチドリ、かな?

0421dsc_1519そして、今回出会ったなかでわたしが一番興奮したのは…

このお方。

わたしの手からはみ出すほどに大きくて、ずっしりもっちり、ものすごい存在感でありました。

             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『原発なしで暮らしたい100万人アクション in ヒロシマ』 4/24&26

『原発なしで暮らしたい100万人アクション in ヒロシマ』

20110416_4428587_2

以下、
『原発なしで暮らしたい100万人アクション in ヒロシマ』
http://nonukesaction.jugem.jp/ より 一部抜粋して転載。

★4月24日(日) ライブ・スピーチ・ピースウォーク
日時:2011年4月24日(日曜日)
場所:ハノーバー庭園  (旧広島球場北側 広島市中区基町)
10:30~13:30 ノーニュークス・ライヴ&ノーニュークス・スピーチ
14:00~15:30 メイン集会
15:30~16:30 脱原発ピースウォーク&ピースマザーウォーク

★4月26日(火) 思いを伝える巨大デモ行進&キャンドルナイト
  ~チェルノブイリから25周年~
12:00      原爆ドーム前集合
12:30~13:00 経産省
13:15~13:45 県庁
14:15~14:45 市役所
15:15~     中国電力本店前
18:30~     チェルノブイリ-ヒロシマ-フクシマ・キャンドルナイト
         (キャンドルナイト主催::上関原発止めようネットワーク)

===========================================

【呼びかけ文より】

島根原発(島根県)、伊方原発(愛媛県)の運転をやめてください。
浜岡原発(静岡県)など全国の原発の運転をやめてください。
上関原発(山口県)の建設計画を白紙撤回してください。
今こそ、再生可能エネルギー(自然エネルギー)へ政策転換させましょう。

1954年3月1日のビキニ環礁での水爆実験で漁船が被災。
杉並の主婦たちから始まった原水爆禁止の署名は国内で3000万人をこえました。
広島では100万人が署名しました。

現在山口県上関原子力発電所計画の中止署名も100万人まじか!現在95万人!

核兵器も原発もない世界を築いていくために、
被爆地ヒロシマから呼びかけます。

100万人のアクションを巻き起こしましょう。

==================================================

詳しくは 
『原発なしで暮らしたい100万人アクション in ヒロシマ』のブログを
ご覧ください! →  http://nonukesaction.jugem.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅仕事

041504お世話になっているエコショップで小梅を買いました。恩納村の知人の畑で実った小梅。

顔の見える範囲で食べ物を分けてもらえるってありがたいことだな~。

実は去年、雑誌『うかたま』Vol.19 でみつけた小梅のレシピを試してみたいと思っていたのでうれしさ2倍!

いろいろあるレシピのうち、特に試してみたかったのが小梅の黒糖漬けと小梅の塩漬け。

ちょうど屋久島に住む友人が種子島産のおいしそうな黒糖をおくってくれたので、 黒糖と梅を同じ重さずつ瓶に仕込みました。

041505残りの梅を塩漬けに。

「うかたま」のレシピでは500gの梅に焼酎大さじ2をまぶして、70gの塩でつけるとありましたが、焼酎は泡盛で代用。ついでに重石も1500ccのペットボトルに水を入れて代用。

出来上がりが楽しみです♪

詳しいレシピはうかたまをご覧ください! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【震災と放射能の学習会@沖縄】4/22(金)18:15〜

友人からのお知らせメールを転載します。

【震災と放射能の学習会@沖縄】

日時 : 2011年4月22日(金) 18:15〜21:00 
場所 : 琉球大学理学部114教室

『東日本地震津波の災害と教訓』 
           講師:加藤祐三先生

『福島第一原発の炉心の溶融 安全神話と内部被曝隠し』
           講師:矢ケ崎克馬先生

主催:日本科学者会議

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三回忌

1998040301

今日は母の三回忌です。

でも、今年はもうそれほど悲しくなりません。「時間が一番の薬」ということばをどこかで聞いた覚えがありますが、あの日にしがみついたまま、ただ時を過ごしてきただけだったなら、きっと今年も悲しくなったと思います。

時を過ごす間に自分の中で解決してきたことがたくさんあったのだろうと感じています。もちろんたくさんの人たちに支えられながら。

今年も無事、母が自分を生んでくれた日を迎え、父の誕生日と諫早湾が閉めきられた日を過ごして、母の逝った日を越えようとしています。

生まれる命、消える命、気持ちが揺れ動く春。

毎年、少しずつ気持ちの揺れ幅が小さくなるよう、精進したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の収穫

041502ベランダ菜園のミニトマトが最盛期!

このところ毎日数個ずつ収穫しています。

この春の沖縄は少雨傾向とかで、水不足が心配される一方、トマトにとってはよい気候のようです。

お日様の恵みがぎゅっと詰まった甘みも旨味もたっぷりのおいしい実ができています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくらんぼの実る頃

041401寒緋桜のさくらんぼがたわわに実っています。

041403那覇市希望ヶ丘公園にて。

2011年4月14日。

010414こちらはちょうど10年前、

2001年4月14日

泡瀬にて。

この子の子孫は今も泡瀬にいるんだろうか。

寒緋桜はこれだけ実を付けて、いったいいくつが芽吹くんだろうか。

諫早湾が閉めきられた日に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【泡瀬】干潟を守る日イベント&カフェオープン 4/17

4月14日は「干潟を守る日」です。諫早の海が金属板で仕切られてしまった日。その後無数の生きものが死に、命を絶った漁師もいたと聞く。

「干潟を守る」ということは、単に「自然環境」を「保護しましょう」と訴えているのではない。海辺の環境を通してわたしたちの食と職、つまり暮らしを守ってゆくと言うことに他ならない。

======================================================

【泡瀬干潟】イベント情報

日時  2011年4月17日、
場所  泡瀬干潟(沖縄県沖縄市泡瀬)

10~13時頃まで観察会、各自お弁当持参でランチ、ミニ集会、

15時~ライブ

17時~博物館カフェオープンイベント!

※この日わたしは泡瀬干潟で海草場定点観察をしますので、ライブのあたりからみなさんに合流しようかと思っております。

以下、友人からのお知らせを転載。
====================================================
◆博物館カフェ『ウミエラ館』ついに4月17日 日曜オープン!
 詳しくは こちら ↓↓↓
http://www.facebook.com/l/36b59vYA0c7cO0_DTSTaJfqEfaw/t.co/9i3HowG

博物館カフェ『ウミエラ館』オープン☆

世界自然遺産にも登録できるほどの価値を持つ、
「海のゆりかご」泡瀬干潟を望む180度のパノラマ!

寒い日も、風の強い日も、全天候型で、バードウォッチング☆

HYの歌にもなった「ホワイトビーチ」も間近に見れる、
高性能のスコープもご用意しています。
2011年4月17日、
『泡瀬干潟を守る日2011』の後にオープニングパーティ☆

4/19より 通常営業スタート! お楽しみに?♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【リンク】放射能予報

『放射能予報』

サイトの説明は次の通り。
「世界で公開されている日本の放射能予報データを掲載しています。 」

ということで
ドイツ、オーストリア、日本、フランス、ノルウェーの各関係機関が公表している放射性物質拡散予測のwebページにリンクしています。「予測」でしかないので、各機関によって拡散の様子が違います。それはつまり初期入力する数値によって結果がかわってくるという不確実性をあらわしているわけですね。

だから、ある予測の範囲内にお住まいの地域が入っているからといって慌てる必要はありませんが、リスクを低減するための情報源としては貴重だと思います。予測によってはすでに沖縄にも飛んできている模様… (-_-;) 

対策は花粉症予防とあまりかわらない様です。吸い込まないようにすること、体に付着しないようにすること、など。 

それにしても、フランスの予測画像、こんな不吉な内容ですら表現が美しい…。黒澤明監督のオムニバス映画『夢』のなかの、「赤冨士」というタイトルの悪夢を思い出しました。

余談ですが、ワタクシ、気象庁が拡散予測していることをこのサイトで初めて知りました。

『放射能予報』のURLはこちら ↓
http://atom.yaruoch.com/forcasts/index/NSC

なお、黒澤監督の「赤冨士」は You Tube で下記URLから見ることができますが、いま見るにはかなりつらい内容です…  ↓
http://www.youtube.com/watch?v=bvT4heNjVHQ&feature=player_embedded#at=12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父の誕生日

033001「死んだ子の歳を数える」という言葉がありますが、わたしはつい親の歳を数えてしまいます。

もう何年も前に父の歳は止まってしまいましたが、生きていれば70歳のめでたい日でした。

父は焼酎が好きで、毎晩お湯割りを飲んでいました。ときどきは泡盛も飲んでいましたので、泡盛をお猪口に一杯献杯し、亡き人の誕生日を一人で祝いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

13年前の誕生日に

1998040302兵庫県美方郡温泉町泰雲寺のみごとな枝垂れ桜。

1998年4月3日撮影。

兵庫県美方郡の海辺の町に1年半ほど住んでいましたが、確かこの写真を撮った2日後、わたしは沖縄に戻ってきました。それからずっと沖縄住まいが続いています。辛いこともあったけど、嬉しいことも多い年でした。

当時、沖縄で知り合った干潟仲間のほとんどと今も交流があります。さらにどんどん広がっている友達の輪。

ありがたいな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モンベルはエライ!

最近モンベルのウィンドジャケットとリュックを買いました。

使いはじめて気付きましたが、ジャケットもリュックも細部にまで心くばりの行き届いた、たいそう使いやすいもので、商品やユーザーに対する深い愛を感じました。

例えばジャケットの裾を絞る紐の端はポケットの内側に出ています。紐の端が裾から出たり、絞った紐のループが何かにひっかかったりしないための配慮です。

リュックも、ほんとうに背負いやすいように設計されているし、ポケットの配置も良くて、ポケット内部にはキーホルダーまでついていました!(キーホルダーはたまたまわたしが買ったタイプだけかも知れませんが☆)

自然保護活動にも積極的に取り組み、今回の震災でもいち早く行動を起こされたモンベルさんに拍手!

おなじ買い物をするなら、社会貢献している会社の製品を買って応援したいです~。

【以下、転載】
======================================================

モンベル | モンベルクラブ フレンドフェア 2011 春 |
東日本大震災復興支援イベント in 神戸 4/9-10

http://www.montbell.jp/generalpage/index.php?general_id=120

アウトドア義援隊への呼びかけに、国内外の団体・個人の皆さまから多数の援助物資、援助金を頂いております。ご協力ありがとうございます。今回のフレンドフェアでも現在までの活動、いただいた物資の配布状況などについて、ご報告させていただきます。活動状況についてはこちらからでもご確認いただけます。

======================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »