« 【緊急】22日にも小豆島のダム建設予定地で強制収用 | トップページ | フリーズ! »

【小豆島】新内海ダムに関する報道

先日このブログに掲載た香川県小豆島の新内海ダムに関する報道を転載します。

=============================================

反対住民「島が沈む」 新内海ダム予定地

             asahi.com   2010年11月22日

http://mytown.asahi.com/kagawa/news.php?k_id=38000001011220001

 「島自慢の景観がなくなり、観光も産業もダメになってしまう」――。小豆島の景勝地・寒霞渓近くで県が計画している新内海ダムに反対する地元住民の思いだ。建設予定地にある所有地に「団結小屋」を建て、明け渡しを拒否しているが、22日、その期限を迎える。(飯島健太)

 寒霞渓を望む神懸山へと向かう県道を上っていくと1軒のプレハブ小屋が目に入る。壁に赤字で「団結小屋」「新内海ダム即時中止を求める団結の証し」とある。
 「この土地を黙って明け渡しはせん。そんな気持ちを表したかった」。所有者で「寒霞渓の自然を守る連合会」代表の山西克明さん(71)=小豆島町神懸通=が話した。

   ◇

 小屋の近くの内海ダムの下流で新内海ダムの建設工事が進められている。総事業費185億円。大半を国と県が折半する。コンクリートの堤防は長さ423メートル、高さ43メートル。貯水量は内海ダムの8倍近い106万トン。小豆島町の大川新也町議は「洪水と渇水の恐れをなくすため、大きなダムは必要だ」と訴える。

 県によると、1976年9月、台風17号による豪雨で内海ダム流域の河川が氾濫(はんらん)し、10人が重軽傷を負った。別当川沿いの2地区(神懸通、草壁本町)では、床上浸水が425戸にのぼった。

 しかし、山西さんは言う。「76年の被害は別当川の氾濫だけが原因やない。97年に町内に吉田ダムができたとき、当時の町長は『もう渇水問題は大丈夫』と言ったはずや」

 県は05年4月から用地買収を始めた。だが、山西さんら地権者16人が応じない。「交渉が進まない。強制収用するしかないのか」(県用地対策室)。09年2月、国は新内海ダム建設を認め、今年7月、県収用委員会は地権者からの土地の強制収用を認める裁決を下した。

 前年の8月だった。「コンクリートから人へ」を掲げる民主党が総選挙で大勝した。それからまもなく、山西さんら反対派住民は東京に前原誠司・国土交通相(当時)を訪ね、陳情書を手渡した。同党は全国のダム見直しを明言し、期待が膨らんだ。前原大臣は同年12月に小豆島を訪問。真鍋武紀知事(同)に事業の見直しを要請したが、同意を得られず、事業認定は取り消されなかった。

 「このまま県の言い分に従うんか。何かやらなアカン」。山西さんは考えた末、団結小屋を建て、内壁に工事前のダム周辺や反対運動の様子を記録した写真を張った。

 「何度も県の担当課に行ったが、こっちの言い分を聞いてくれへん。納得できん」。この気持ちを伝えようと、山西さんら反対派住民は昨年6月~今年9月、国や県、町などを相手取り、工事の事業認定や県収用委の裁決の取り消し、事業費の差し止めなどを求める裁判を計5件起こした。

 10月末、工事を請け負うゼネコンなどの共同企業体が「お知らせ」と題する紙を周辺の約100戸に配った。平日の作業時間を1~2時間程度延長することや日曜も作業をする可能性を示す内容だった。「工事を早く進めるための口実やなあ。裁判で結論が出る前にダムが完成してしまうわ」。笠松祝江(ときえ)さん(83)はこう受け止めた。

   ◇

 今月上旬、神懸山の木々は赤や黄色に色づき始めていた。瀬戸内海と島々が望め、観光客が写真を撮っていた。

 山西さんは何よりも譲れない、反対の理由があると言った。「重機で削られる山肌を見てると自分の子や孫が切り刻まれる気持ちになる。島自慢の景観がのうなったら、お客さんが来んようになるんやないか。自分の土地が水の中に沈むのはええ。観光も産業もダメになって島全体が沈む。そんなふうに思うんや」

(写真) 「団結小屋」の中で作業をする山西さん(中)らダム反対派の地元住民=小豆島町

|

« 【緊急】22日にも小豆島のダム建設予定地で強制収用 | トップページ | フリーズ! »

コメント

農地の持ち主である地権者が耕作放棄をして、環境
学者みたいなことばかり言っていたのが、強制収用された原因だ。彼らはもはや地権者ではないので、いくら裁判しても工事はとまらない。費用ばかりかかって、勝訴の可能性はなきに等しい。

農地という財産の持ち主なら農地法を遵守して、自分で耕作する、つまり耕作権を行使する、耕作の義務を果たすのが、所有権を護りダム建設を阻止する最善の合法的対策だったのだ。

成田空港三里塚闘争を続けている市東孝男さんなんか耕作権だけで何十年も負けずに持ちこたえているのだ。

儲からず、汚い農業なんかしたくない、農地を耕作放棄して荒らして、農地法に違反している坊ちゃん、戦後親が闇で儲け、子供時代小遣いがたっぷりあった素封家のぼっちゃんの甘い身勝手な理論では、この闘争の勝利はおぼつかない。

この人は農地より、高配当がもらえる同族会社の株のほうがほしかったのじゃないのか?儲からない元棚田なんか相続したくなかったのじゃないのか?適正に利用されていない農地だったから強制収用されて、ダム用地に転用されたのじゃないの?

本人が正当な努力をしないで、いくら自然保護だときれいごとを言っても、多数決原則の民主主義の時代だ。町議会や県議会で決まったことは覆させられない。

低賃金で働く醤油佃煮工場の労働者たち、明日の仕事の有無がわからぬ土建労働者が多いこの町では、贅沢三昧で特権階級的存在だった元地権者の自然保護運動のダム反対運動は残念ながら、多数意見にはならなかったのだ。

寒霞渓のダム反対運動にカンパするより、市東さんにエ-ルを送るほうがはるかに現実的だ。農地を護ることは大事だ。このまま農地を宅地、道路、ダム化し続けていると、数十年後には日本は廃墟だらけになる。。反対派リ-ダのぼっちゃんが闇で大儲けした親からたっぷり小遣いを貰いご馳走を飽食していたのに、町民の大部分がすきっ腹を抱えていたあの第二次大戦後より、もっと深刻な食糧不足が日本を襲うこともありうる。

今新内海ダムは建設を中止しても、もうなんのメリットがない段階になってしまった。もうこのダム反対運動は無意味になった。

国費の無駄遣い八ツ場ダム建設中止ならまだまだ意味がある。八ツ場ダムの工事はストップしろ。前田国土交通大臣を辞めさせよ。前原議員もっと頑張れ!

投稿: 農地 護 | 2012年2月25日 (土) 08時19分

農地 護さま
報道だけでは計り知れないさまざまなことがあったのですね。
2010年秋にこの問題について知人より連絡をいただいたのですが、背景やその後の展開についてはフォローできておりませんでした。詳しい解説をありがとうございました。

投稿: ミズマ | 2012年2月25日 (土) 15時34分

難しいですね。

投稿: いたち | 2012年2月26日 (日) 00時58分

昭和51年の大災害の後、当時の行政が復旧工事を国費でしてくれるはずだったのに、この坊ちゃんはそれを断って、棚田を荒らしていたのです。ダムの話が出始めたとき、せめて果樹でも植えて、肥培管理していれば、農地を適正に利用していることになり、耕作権があることになるので、元農水官僚の真鍋知事が強制収用なんかするはずがなかったのです。
それなのに農地を荒らして自然保護だなんて屁理屈をこねているから、行政はとうとう強制収用をしたのです。
農地の適正な利用もしない特権階級意識の元地権者の自然保護運動を、もはやカンパをしてまで支持する気にはなれません。
成績が悪いのに、先生に付け届けをして成績優秀賞を子供に出させる金満家みたいな「寒霞渓の自然を護れ運動」はおかしい。
勿論このダムは不要で無駄な公共工事であるが、これほど工事が進んでしまうと中止して、取り壊し、原状復旧すれば、かえって天文学的な税金の無駄遣いになってしまいます。
こんな不要で無駄な公共工事が可能になったのは、農地法を無視した元地権者のぼっちゃんにも大いに責任があるのです。

投稿: 農地 護 | 2012年2月27日 (月) 13時38分

農地護さま
地域の自然環境や一次産業をまもるには、そこに住む人たちがまず、これら「地域資源」に気づき、その大切さについて理解することが第一歩と感じています。
ご指摘の内容は、「無駄な公共工事」計画の有無に関らず、地元の人々の間で地域資源を護っていくための合意形成がおこなわれるような運動展開が肝要であるという具体事例かと存じます。
コメントをありがとうございました。

投稿: ミズマ | 2012年2月27日 (月) 20時14分

ミズマ さま
おっしゃるとおり、何事につけても地域の合意形成ということはかなりの程度必要ですが、世間ではなんでも合意が形成できるとは限りません。土地問題では隣近所で紛争が絶えないものです。
そんな場合には立法府が定めた法律に則り、物事を進めるのが法治国家の常識であります。憲法の私有財産不可侵の原則から個人の財産は、いかなる理由によっても、誰も侵害できないはずです。
強制収用というのはきわめて例外的な措置です。強制収容を避けるには、自分の財産に関わる重要な法律を知り、それを護っていれば、自分一人で護れるのです。
本件の場合、ぼっちゃんは農地の所有者ですから、農地法を厳格に護っていれば十分だったのです。
元地権者達の土地がダム用地に転用できないなら、ダムは完成しないのですから、ダム工事がここまで進むはずがなかったのです。
自分の権利は法律で護るものであることを、日本人はもっと理解するべきです。常に法律違反のないようし、訴訟に発展しないようにするべきです。
他人の財産問題に第三者は介入しにくいものです。皆自分の欠点を隠したがるものですから。本件の場合、相続問題や農地法違反に言及せず、リ-ダ-は支援を求めてきたのです。これは卑怯です。
支援すれば、いろんな面でコストがかかるのです。支援者達は農地法違反の原告支援のため、時間と金銭を支出を余儀なくされているのです。敗訴しかない法廷闘争に巻き込まれた遠隔地の支援者達が気の毒です。
景観問題なんか主観的な見解ですから、正解はありません。ダムの危険性は、多かれ少なかれどこのダムでもあります。町議会や県議会が建設を決めてしまったので、地域のコンセンサスが残念ながら、得られたことになってしまったのです。

繰り返しますが、法律家ではありませんが、私見では、このダム建設阻止の最善の方法は適当な時期における自分の耕作権の行使しかなかったのです。大事なときに耕作放棄していた怠慢地主が支援者に多大の犠牲を払わせているのです。

偉い人の支援を得れば勝訴できると、学者や法律家を多数動員していますが、残念ながらその努力も時期を失しているので、徒労に終わるでしょう。

投稿: 農地 護 | 2012年2月28日 (火) 08時13分

農地護さま

わたしが曖昧なお返事をさしあげたので、大切なお時間を使わせてしまい、失礼しました。
おっしゃる内容については理解しているつもりです。ただ、農地護さまが最初の投稿に書かれたように
> 今新内海ダムは建設を中止しても、もうなんのメリットがない段階になってしまった。
> もうこのダム反対運動は無意味になった。
ということであれば、このダム建設に対する反対運動の展開のまずさをいくら責めても、建設的な未来は開けないと存じます。

そこで、今後の自然環境保全に重要なポイントとして主に次の二点を読みとりました。
1.農地は農地として使い続けることが環境保全の切り札となりうる
2.今後このような「無駄な」開発が行われないよう、現在はあまり意識されていない農地や里山の重要性について、それぞれの地域の皆様に、より理解を深めていただくことの重要性を再認識。

その上で、わたし自身の課題として、次のようなことを思いつきました。
1.さまざまな理由で耕作放棄地となっている農地を地域でまもることが出来ない状況であれば、他地域からボランティア的に畑地を守る仕組みが出来ないか? (先進事例があると思われるので、これを探す)
2.耕作地を山にかえす意図で、「積極的に」耕作放棄する場合の法的解釈は?(事例を探す)

さまざまな気づきを与えてくださった書き込みに対してはたいへんに感謝しております。

農地護さまは、新内海ダム建設問題についてたいへんお詳しく、この運動の先頭に立っておられる方に一言も二言も進言されたいことがおありのご様子ですね。けれども、わたしはこの運動の中心人物とは直接面識がなく、連絡をとったこともございません。ですから、当ブログのコメント欄にその活動方法についての改善策や要望をいくら書き込まれても、現地に届くことはありません。

それをご承知で一方的な情報を書き続けていらっしゃるのであれば、事実かそうでないかに関らず運動を展開されている方の名誉毀損になりかねませんし、また読み方によっては運動の足をひっぱる内容とも受け取れます。当ブログの管理人といたしましては、たいへん不本意です。

これ以上、同様の趣旨で投稿を続けられるのであれば、プロバイダーに連絡し、農地護さまの書き込みをブロックしていただきます。まことに恐れ入りますが、ご承知おきくださいませ。ご持論は、身分を明かした上で、新聞の投稿欄やご自身のホームページ上で堂々とご展開くださいますよう、切にお願い申し上げます。

投稿: ミズマ | 2012年2月28日 (火) 14時29分

最後になりますが、
農地護さまの大切に思っていらっしゃる環境がこれからも良い状態であり続けますよう、また
農地護さまにも幸いがありますよう心よりお祈り申し上げております。
たくさんのお時間をさいてのコメントの数々、ほんとうにありがとうございました。

投稿: ミズマ | 2012年2月28日 (火) 18時21分

ミズマ さま

大変お騒がせしました。この問題は所詮他人の財産問題ですので、これ以上深入りしないことにします。
ありがとうございました。

投稿: 農地 護 | 2012年2月29日 (水) 09時05分

農地を山林に転用する方法は県知事、市町村役場の農水課か農業委員会に問い合わせてください。

投稿: 農地 護 | 2012年2月29日 (水) 13時20分

農地護さま
最後までご教示くださりありがとうございました。
たくさんの感謝を込めて。       水間八重

投稿: ミズマ | 2012年3月 2日 (金) 19時25分

平成23年有害鳥獣被害対策講演会

表記の県の役人の講演会に出席拝聴した。
日本鹿の習性はよくわかった。それに基づく対策は個人あるいは集落で防護柵を設置することだった。

明治から昭和40年までは、ここでは鹿の害なんか聞いたことがなかったのだ。鹿は昭和16年ころにはずいぶん増えていたらしいが、なぜ鹿をみかけなったのか。その理由は58歳の県職員の講師より後期高齢者の私のほうがよくわかる。そのころは、里山の手入れが行き届いていたし、山深いところまで人が出入りし、樹木を伐採したり、枝打ちしたりしていた。下草もきれいに刈られ、落ち葉もかき集められていたのだ。それらは燃料肥料として利用されていた。鹿や猿は昼間は人を恐れて、険阻な山奥に隠れていた。動物の習性として、夜間でもそこから人里に下りてくることはなかったのだ。

ところが近年は各家庭がプロパンかオ-ル電化で薪も炭を使わない。樹木や笹下草は材木にも燃料にも利用されない。山は自然林、。山には人影がないので、鹿猿が安心して人里に降りてきて、農作物を食い荒らすようになった。だから、農家は田畑を柵で囲めというわけだ。

役人さん、基盤整備で農地を農道や用水路にを削られ、分担金まで取られて、その上まだ費用かけて柵を設置しろなんて!しかも柵は田畑の境界線から1mのセットバックだなんて。これでは農家は費用をかけて、耕作面積は減らされるだけだ。農家を馬鹿にするにもほどがある。

仕事のない土建屋に里山の下草刈や枝おろしや伐採をやらせ、枝や下草、薪などはごみ焼却場で燃やせ。ただもやすのではない。ごみ焼却場に小火力発電所を併設して、そこの燃料として樹木や下草を使用するのだ。ゴミ焼きの熱も勿論発電用だ。こうすれば太陽光発電や風力発電より安定した電力が供給できるのだ。害獣管理という狭い対策より、もっと総合的包括的な対策を講じろというのだ。

このほうが役人さんが薦めるちゃちな防護柵設置よりよっぽど地域振興になる。もっと山林を有効活用しろ!

無駄なダムや費用対効果のない3桁国道バイパスを作るのに大金をかけないで、もっと地道に太陽の恵み光合成の産物たる樹木草を有効利用しろ。これで害獣も人里に近づかなくなるのだ。

物騒ではあるが、もちろん銃による間引きも忘れないでほしい。

本日の講師の専門領域を超える提案をしたので、面食らっかもしれないが、役所のセクショナリズムをすてて、地域振興にもっと有効な施策をしてもらいたい。

投稿: 農地 護 | 2012年3月 3日 (土) 19時12分

農地 護さま

かつて、限られた土地で代々暮らし続けるには、周辺環境と折り合いをつけるための、たくさんの知恵の蓄積が必要だったことでしょう。
昭和30年代頃までは各地に伝わっていたらしい、そうした様々な知恵を、わたしは学びたいと思っています。その上で、いま活かせるものは活かしていきたいです。

農地護さま、ソーシャルネットワークのfacebookには加入していらっしゃいませんか? もしよろしければ、そちらの方で直接情報交換やご教示たまわりたいのですが…

勝手なお願いで申し訳ありませんが、お聞き届けいただければ幸いです。

投稿: 水間八重 | 2012年3月 3日 (土) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/50127610

この記事へのトラックバック一覧です: 【小豆島】新内海ダムに関する報道:

« 【緊急】22日にも小豆島のダム建設予定地で強制収用 | トップページ | フリーズ! »