« 釧路湿原! | トップページ | 阿寒湖 »

弁天ヶ浜と釧路崎

11月8日。

今日は釧路市街地を抜けて海辺へ。

11080001

とりあえず、幣舞橋を渡ってそのまま富士見坂桜ヶ丘通りというのを南下。

しかし、通りで目にする植物達に引き寄せられて、なかなかスタスタと道を歩けないワタシ。

あちこちで道路脇の植え込みやお庭の植物にひっかかりながら千代の浦着。

11080008金網があって海へ降りられない…。

漁港の方へ行けばとりあえず海の間近には行けますが、浜を歩きたい。

11080012そのまま日和って春採湖へ行こうか、はたまた遠くに見える、海にせり出す丘まで行ってみようかとも思いましたが、初心貫徹、弁天ヶ浜を目指して、西に歩を進めることにしました。

11080015

アカツメクサが咲いている。写真は撮らなかったけど、シロツメクサも生えていました。

沖縄でも両種を見ることができるので、ずいぶんと適応範囲が広いんですね。

11080018

       

Dsc_1268右往左往しながら再び海辺に出ました。金網はありません、が。

一段低いところに線路が走っていて、海はさらにその向こう。わたしの持っている地図には線路なんて載ってなかったぞ~。

しかも線路の下は垂直護岸らしい。

Dsc_1265a気を取り直して目の前の波消しブロックをよく見ると、鳥がたくさんとまっています。

鵜のようです。

それにしても複雑な形の波消しブロックですね。

Dsc_1268a海の近くで目についた植物たち。

Dsc_1268dこちらはふわふわだ~。

この葉は雪が降っても枯れることなくこのまま春までがんばるのでしょうか。 

11080033 ふたたび弁天ヶ浜を目指して、一番海に近いと思われる道を歩きつつ住宅街をさまよう。

11080037

11080038

11080043ようやく弁天ヶ浜に辿り着きました。

海辺は基本的に小高い丘になっているんだな。釧路湿原は、陸側も海側も、どうやら全面的に丘に囲まれているようだ。

だから、すぐ海辺であっても、街の中からはほとんど海が見えない。

いつか機会があったらちゃんと釧路市立博物館へ行って地史のお勉強をしてこよう。

11080044弁天ヶ浜の砂粒は黒と茶色が基本。火山性の岩石が砕け、波に磨かれて丸い粒になったような感じ。

海藻とカニ殻がたくさん打ちあがっていました。他には牡蠣とアサリとザルガイの仲間(たぶんエゾイシカゲガイ)。

波消しブロックには、もちろんタマキビの仲間やカサガイの仲間もくっついていました。

11080049

ハマナスの実がまだ瑞々しい。思わず二つ三つほおばってしまった。

11080055さらに海辺に沿って西へ向かう。

海辺にそそり立つ丘の上から下を眺めると、別の浜が目に入りました。弁天ヶ浜はこのアングルだと後方に位置します。

単眼鏡で前の浜を観察すると、足あとが見えます。どこからか道が繋がっているはず!

11080059再びできるだけ海から離れないように道をとりながら住宅街を抜け、米町コミュニティー集会所の看板のある通りを突き当たりまで進むと、下界(?)へおりる階段が出現。

11080058…どちらかというと、津波や石油基地の事故など、万一の時に丘の下に住む人があがってくるための階段らしいけど。

Dsc_1283浜の西側は真っ黒けの物体が積み上げてある。石炭だろうか。

鉄道はこれを積み出すためのもの?

Dsc_1279線路を渡ると、浜に出ました。 

Dsc_1271

弁天ヶ浜より広い浜です。

Dsc_1273左手、不思議な形の赤い建物は釧路崎灯台。白くない灯台をはじめてみました。

赤の間の帯の部分と一階部分も黄色。派手です。先ほど近くを通ったときには、レストランか何かかと思いました。

入り口には冬期閉鎖中、という札がかかっていました。

11080063

釧路崎の浜には様々な海藻のほか、海草や、やっぱりカニ殻がたくさん打ちあがっていました。

11080064カニ殻の内側が青い。

11080066そういえばビーチグラスも多かった。

これは誰かが集めて草むらにおいていったもの。

Dsc_1276それから、砂岩(?)。

平たく磨かれた、おもしろい表情の石を多数見つけました。

Dsc_1283b午後から雨との予報だったので、午後1時をすぎたあたりで海辺をあとにして、ゆるゆると街の方へ向かいます。

Dsc_1288偶然通りかかった米町展望台から、街の地理を確認。

Dsc_1283a展望台近くのトイレを利用したら、

「11月8日から冬期間のため閉鎖致します」の貼り紙が。

おそらく夕方までには鍵がかけられるんでしょうね。

そういえば、釧路湿原の細岡展望台付近の公衆トイレも、シャッターがおりていて使えませんでした。

冬になったら公衆トイレが使えなくなるというのは、水道管の管理のことを考えると当たり前なのでしょうが、凍結の心配がない地域から来るとこんなことにも驚ろいてしまいます。

(あぁ、本当にどこへ行ってもトイレレポートをしてしまうなぁ。)

Dsc_1290雨がパラパラしはじめたので、本日の野外活動はこれにて終了。

その後は駅周辺のスーパーや和商市場などを見てまわりました。スーパーで売られている魚介類の新鮮で安くておいしそうなのにびっくり。

Dsc_1291a最後にオマケ。小さな雪囲い、ですよね。

 

   

|

« 釧路湿原! | トップページ | 阿寒湖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/50080561

この記事へのトラックバック一覧です: 弁天ヶ浜と釧路崎:

« 釧路湿原! | トップページ | 阿寒湖 »