« 横浜ランドマークスクエアのユニークなトイレ | トップページ | 沖縄の“ミナミコメツキガニ”は新種だった! »

小さなおともだちの写真作品

101807近所の公園に散歩がてらヤギを見に行きました。

ちょうど幼稚園から小学2年生くらいの男の子が3名遊びに来て、ヤギの世話をしているおじさんから餌用の芋蔓をわけてもらい、ヤギに与えはじめました。

子どもたちは非常に人なつこくて、やはり餌をやりながらヤギの写真を撮ろうとしていたわたしに、

「写真とって!」

と、小ヤギを指さしながら話しかけてきます。

「じゃぁ、君たちもヤギと一緒に撮ってあげよう」

といって、写したのが冒頭の写真。

すると、赤いTシャツを着た最年少らしき少年(まだ幼稚園児だと思われる)がさっそくずいっと寄ってきて、どんなふうに写ったのか、デジカメの画面をのぞき込む。他の子たちも寄ってきて、まったく遠慮なし。

わーわーいいながら再生画像を見ていたら、例の赤シャツの少年が、次は自分が撮ると言い出した。

101810試しにカメラを持たせてみると、おぉー、みごとにレンズに指をかけて撮っておりまする!

基本のカメラの構え方を教えてから、再挑戦!

101811

むっ!

101812

むむっ!

101813なかなかおもしろい写真を撮るじゃありませんか!

そうこうしていると、やっぱり他の子も自分で撮ってみたくなるのね。

101814それで、一人3枚撮ったら交替というルールを作ってまん中のお兄ちゃん(小1くらい?)にバトンタッチ。

これはまんなかのお兄ちゃんの作品。

自動車好きとみえる(笑)

101816

ヤギの小屋。

被写体がシブイぞ。

101817ここまで撮ったら、まん中のお兄ちゃんから上のお兄ちゃん(小2くらい)に交替。

でもね、彼はいろいろなものにレンズを向けてモニターはのぞくんだけど、

「やっぱ、俺いい。」

って。

「撮っていいんだよ」

って言ったんだけど、そのまま、カメラをかえしてくれました。多分この子、長子なんだね。いつも「お兄ちゃんでしょ」って、我慢させられたり、年齢よりオトナに扱われたりしているんだわ…。ちょっと不憫。

なんて思っているうちに、またわたしの手からはカメラが消えて…、あれれ?

101820またも赤シャツのちびっ子が写真を撮って喜んでおりました。こんどはヤギのおなか!

それにしても、こうしてあらためてみると、小さい子どもの目線は、興味のあるものにかなり集中的に注がれているらしいことが想像できます。

きっと彼の目は、ヤギを全体で捉えるよりさきに、まずはドカーンと迫力を持った部分として捉えているに違いない。

そりゃ~、人混みを歩けばよそ様にぶつかりもするし、転んだりもするよね。

それにしても子どもたちのおかげで、思いがけず楽しい時間を過ごしました。 

|

« 横浜ランドマークスクエアのユニークなトイレ | トップページ | 沖縄の“ミナミコメツキガニ”は新種だった! »

コメント

子供の目線はおもしろいね~

投稿: いたち | 2010年10月21日 (木) 20時27分

だからね~。
でもいたちさんの目線もおもしろいよ! (^o^) 

投稿: ミズマ | 2010年10月21日 (木) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/49798804

この記事へのトラックバック一覧です: 小さなおともだちの写真作品:

« 横浜ランドマークスクエアのユニークなトイレ | トップページ | 沖縄の“ミナミコメツキガニ”は新種だった! »