« 最近お気に入りのお弁当 | トップページ | 【上関】緊急!「台船が来ています」(午前9時半現在) »

大豆アレルギー対応の代替醤油と味噌のこと。

実は、大豆アレルギーであるらしいと分かりました。3ヶ月ほど前のことです。

大豆製品および大豆そのものを主なタンパク源としていたため、これら抜きでバランス良く食生活を送るのに、少々手間取っております。

101004一方、調味料に関しては、もともと醤油より魚醤をよく使っていたし、味噌も、みそ汁は昔から胃にもたれるという自覚症状があったので、あまり作っていませんでした。自家製味噌を作って楽しんではいましたが、味噌炒めや保存食の漬け材料に使っていた程度。なくても気にならないだろう、と思っていた。

…が、意外にも。

2ヶ月ほど経つと、あれほど好きだった豆腐や揚げより、「味噌・しょうゆ味の食べ物」の方が圧倒的に恋しくなってきた。味噌・醤油が使えないと、つまりは日本食らしい味付けのほとんどがアウト、なんですね。

101002そこで思いたった。

大豆アレルギーの人って、全国的には結構な人数がいるはず。大豆を原料に使わず、化学物質も添加していない、安全な代替調味料ってないんだろうか。

さっそくネットで検索したら、出てきました!

辻安全食品株式会社のアレルギー対応商品。
http://www.tsuji-shop.jp/categories/2.html

※ほかにもアレルギー対応食品を扱っているネットショップはいくつかあるようです。

さっそく注文いたしまして、届いたのが上に掲載した写真、コウリャン醤油と こめのみそ。

さぁ、和食だ、和食。って言いつつも、いきなり創作料理ですが、友人達を招いた夕食会で出した料理です。

<里芋&レンコン団子のくずあんかけ> 
①ゆでてあった里芋を潰し、生のレンコンのすり下ろしを加えます。
②鰹節の粉末と塩とコウリャン醤油でうっすら味付けをします。
③大きめの団子を人数分、それぞれ小鉢に入れて蒸します。
④団子を蒸している間に、別の小鍋でくずあんかけをつくる。水、片栗粉、コウリャン醤油、柚胡椒を火にかけ、絶えずかき混ぜて、一旦粘りが強くなった後、少しゆるむまで火を通す。
⑤蒸し上がった団子にあんをかけて、できあがり。

ひさしぶりに手の込んだ料理つくったわ~。しっかり和食で、おいしかったわ~! これで魚醤を使うとやはりどこかしらエスニックになってしまうし、嬉しかったわ~♪ で、あまりにゴキゲンにいただきまして、写真を撮るのを忘れました。

コウリャン醤油は、不思議と動物性の出汁の風味があります。原材料にはコウリャンと塩と水しか使っていないんですけれども。発酵するって不思議ですね~。もちろん、旨いです。

101003「こめのみそ」は、見た目からの予想通り、味もまったく白味噌です。で、まずはヘチマの味噌煮をつくりました。

あぁ~、一口食べたときの、その感動と言ったら!!! ワタクシ、やはり東アジアの人間ですわー。ミソ味、おいしいデスね~。

そう友だちに話したら、「海外駐在員みたいだ~」と言って、笑われた。確かにネ。

でも、大豆アレルギーの子どもがいる日本のご家庭では、海外駐在員より、もっと大きな感動があったに違いない。

その子だけ、別の味付けでおかずを食べていたかも知れない。あるいは家族全員が、子どものために、味噌や醤油の味付けを、あきらめていたかも知れない。まったく目の前にないものをあきらめるより、目の前にあるものをあきらめるほうが、人間、難しい。

それでも何かのきっかけで代替調味料に辿り着いて、「家族揃って同じ味付けのおかずが食べられるって、なんて幸せなんだろう!」 とか、「和食って、やっぱりいいよね」って、きっと、たくさんの家族が感じてきたはず。

コウリャン醤油の辻安全食品さん、こめのみそのマルカ味噌さん、開発してくださってありがとう (T_T)
これぞ、まこと人のためになるスバラシイ隙間産業であります。

ちなみに上述のサイトには、「こめのみそ」の他に、あわのみそ、きびのみそ、ひえのみそ、キヌアみそ、大麦のみそがあります。

醤油も、コウリャン醤油の他に、こめ醤油、あわ醤油、きび醤油、ひえ醤油、キヌア醤油、麦醤油があります。

大豆以外にもいろいろなアレルゲンがありますから、それに対応するために開発を続けてこられたのでしょう。きっとそれぞれに風味が違っておいしいのでしょうね。順にいろいろ試してみたくなりました…!

それでね、ちょっと思ったのですが。

なんでも手に入って、なんでも食べることができて、病気知らずの元気者であることは、それはそれは幸せなことです。

一方、制限が多いと、ちょっと不便です。例えばワタクシ、今のように食品添加物や化学調味料、そのうえ醤油も味噌もダメだと、もうほとんど外食できません。

でもその制限のおかげで、わたしはちょっと人と違った視点からものを見ることができるようになりました。いろんな情報を探し勉強もして、こんな風に、一般の市場にはなかなか出てこない、しかもすばらしい商品に巡りあえたりもしています。

少数派が黙殺されたり我慢を強いられている状況はよく報じられますが、少数派も受容されている、少数派でも息苦しくない、という状況も、少しずつ見いだせるようになりました。

そういう動きがどんどん広がっていって、みんなが心地よく過ごせる社会になっていったらいいなぁと思っています。

ずいぶんありがたい体験をしていると思える今日この頃です。

|

« 最近お気に入りのお弁当 | トップページ | 【上関】緊急!「台船が来ています」(午前9時半現在) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/49789172

この記事へのトラックバック一覧です: 大豆アレルギー対応の代替醤油と味噌のこと。:

« 最近お気に入りのお弁当 | トップページ | 【上関】緊急!「台船が来ています」(午前9時半現在) »