« 「ドガ展」とランドマークタワー。  | トップページ | 山種美術館とJR恵比寿駅の屋上庭園 »

東京のパン屋さん 「スピカ・麦の穂」

関東圏へ行ったらぜひ寄りたいお店がここ。東急池上線長原駅から徒歩5分、小さなパン屋さん、「スピカ・麦の穂」。

主原料はできる限り国内産を使い、自家培養の天然酵母と小麦・塩・水で生地をつくっています。加える木の実やナッツも有機栽培のものを使用。ふわふわパンがお好みの方にはおすすめしませんが、ずっしりと食べごたえのあるパンが好きなら、ここのはやみつきになるかも…。

ところで「スピカ」の不思議なところは、パンの「冷蔵保存」をすすめられること。一般的にパンを冷蔵すると、でんぷん質の老化を早めるので、他のパン屋では「保存するならすぐ冷凍」をすすめられますが、ここのは違うんです(長期保存するならやはり冷凍をすすめられますが)。

スピカのパンを冷蔵すると、なぜか、じわーっと滋味が増してゆきます。数日冷蔵してひきしまったパンを薄くスライスしてかみしめると、滋養が詰まった秋の収穫物である栗や銀杏を、冬の寒い日にじっくり炒って、かみしめているような感覚になります。それがまた実に味わい深い。

一方、蒸すと、春先に目を醒ました植物達が、一斉にフワーッと伸びるような、幸せな柔らかさと芳しさを感じます。ムフフッ。

さて、トーストしますとまた一変。今度は夏の草原や木立に入ったときの、さわやかで鮮烈な香ばしさを感じます。いやー、まいりましたっ!

つまり、ここのパンは生きているってことですね。一つのパンで全く違った味わい、四季を感じられる。なんたる贅沢!!

どんなパンか気になる? 

ホテルの部屋で撮ってもイマイチうまそうにみえないので、かわりにおいしそうな写真が載っている web site を見つけました。
http://openers.jp/culture/tokyo_premium_bakeries/spica.html

同じサイトによる紹介文はコチラ。
http://openers.jp/culture/tokyo_premium_bakeries/photo_spika.html

●「スピカ・麦の穂」のパンは、「セコムの食」のネット通販でも購入できます。
http://www.secomfoods.com/item/detail.asp?syohn_id=0001FD090166&PREGID=0722

わたしの一番のお気に入りは、まさに「私のお気に入り」と言う名の、クルミやレーズンがぎっしり入ったパンです。 happy01

ちなみに、外食するのが難しい体質のワタクシ、横浜滞在中はほとんどここのパンが主食でありました。三食スピカのパンだなんて、ほんとうに贅沢三昧でございました。スピカさん、ありがとう!

|

« 「ドガ展」とランドマークタワー。  | トップページ | 山種美術館とJR恵比寿駅の屋上庭園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/49636846

この記事へのトラックバック一覧です: 東京のパン屋さん 「スピカ・麦の穂」:

« 「ドガ展」とランドマークタワー。  | トップページ | 山種美術館とJR恵比寿駅の屋上庭園 »