« 山種美術館とJR恵比寿駅の屋上庭園 | トップページ | 華やか。 »

落ち着かないよぅ…。

09290729日、羽田空港にて。

数秒単位で画面が切り替わる、おそろしく目に刺激的な眩しいモニターがどこにあったかというと…

092908これ以上後ろに引けない狭い空間。

トイレであります。

…ところで、ここにも一緒に写っていますが、ワタクシ、「疑似流水音」が強烈に苦手です。どう聴いても流水音にはきこえない。

それだけではありませぬ。機械の出すガサガサした音は無理矢理頭の中に侵入するや、それまでの思考や体の要求などを全部ひっちゃかめっちゃかにかき乱すのです。

とても落ち着いて用を足すことができません。 

にもかかわらず、疑似流水音装置はおおむね自動的に作動し、しかもほとんどの場合、延長ボタンはあっても停止ボタンがない。なんたる不備!

で、鼓膜ぶっちゃき脳味噌掻き乱しのインチキ流水音を聞かされながら、

さらに まだ そのうえに!!! (くどい?)

数秒単位でちらちらと変化する猛烈に眩しい広告画面を見なければならないなんて、ここは拷問トイレか? と、一瞬思いましたね。

他のトイレを探す気力もなく…、目をつぶって用を足し、力無く退場…。

関係者のみなさま、どうかトイレは平穏安堵の場所であるよう計画設計してください。切にお願い申し上げます。 <(_ _)> 

|

« 山種美術館とJR恵比寿駅の屋上庭園 | トップページ | 華やか。 »

コメント

ミズマさんは、このトイレでは集中力に欠けましたか、・・・。(汗)
私、こども連れには良かったという点を挙げさせていただくと、(当時2歳)こどもは自分が用が済んでしまったら出て行こうとするのです。しかし、この羽田空港のトイレのテレビ広告があったおかげで、「ちょっ、待ってよ!まだ母ちゃんはおしっこしてないのに!トイレ開けちゃだめでしょ!!(怒)」と言うことがありませんでした。
オムツ替えシートの脇や、子供用椅子が脇に置かれているトイレ内だったら、じっとしていない月齢の子を持つ親の歓迎を受けるのではないだろうか・・・そう思っている厠学会会員でありました。万人が快適と思う厠は難しいですね。

投稿: かちゃん・ぱんじゃん | 2010年10月18日 (月) 02時16分

なるほどね~。

疑似流水音も芳香剤もそうだけど、当然「あった方がいい」、と思う人が多いからそのサービスが一般化するわけで。

つまりは、サービスを「受ける/受けない」の選択ができるようになっていればありがたいわけです、、、

いくつかある個室のうち、広告用のテレビを設置していないところがあったり、流水音がオフにできる個室があってもいいのではないでしょうか。

たぶん、電磁波過敏症の人など、こんな至近距離でテレビを設置されたら、「集中できない」以前の問題だと思うんですよね(症状のひどい人は空港の建物自体に入れないような気もしますが)。

サービス不要なマイノリティーからの願いでした。

※非常に一方的かつ偏った書き方をしたことについては今後気をつけてゆきたいと思いますので、どうぞおゆるしください。

投稿: ミズマ | 2010年10月18日 (月) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/49761178

この記事へのトラックバック一覧です: 落ち着かないよぅ…。:

« 山種美術館とJR恵比寿駅の屋上庭園 | トップページ | 華やか。 »