« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

落ち着かないよぅ…。

09290729日、羽田空港にて。

数秒単位で画面が切り替わる、おそろしく目に刺激的な眩しいモニターがどこにあったかというと…

092908これ以上後ろに引けない狭い空間。

トイレであります。

…ところで、ここにも一緒に写っていますが、ワタクシ、「疑似流水音」が強烈に苦手です。どう聴いても流水音にはきこえない。

それだけではありませぬ。機械の出すガサガサした音は無理矢理頭の中に侵入するや、それまでの思考や体の要求などを全部ひっちゃかめっちゃかにかき乱すのです。

とても落ち着いて用を足すことができません。 

にもかかわらず、疑似流水音装置はおおむね自動的に作動し、しかもほとんどの場合、延長ボタンはあっても停止ボタンがない。なんたる不備!

で、鼓膜ぶっちゃき脳味噌掻き乱しのインチキ流水音を聞かされながら、

さらに まだ そのうえに!!! (くどい?)

数秒単位でちらちらと変化する猛烈に眩しい広告画面を見なければならないなんて、ここは拷問トイレか? と、一瞬思いましたね。

他のトイレを探す気力もなく…、目をつぶって用を足し、力無く退場…。

関係者のみなさま、どうかトイレは平穏安堵の場所であるよう計画設計してください。切にお願い申し上げます。 <(_ _)> 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山種美術館とJR恵比寿駅の屋上庭園

Jpn19790625_01山種美術館で、重要文化財に指定されている「炎舞」という絵を観ました。

わたしが小学生の頃に50円の記念切手になっていた、とても印象的な日本画です。

蛾という虫は一般的には嫌われ者なのに、揺らめき燃えさかる炎に群がる様々な色・形をした蛾たちの、なんと幻想的に美しく描かれていることかと、小さな切手の画面を惚れ惚れしながら見つめた記憶があります。

※画像は下記サイトより拝借。
  http://kitte.com/catalogue/jpn19790625_01/

実物は当然のことながら、記憶の中の切手よりもっと美しく魅力的で、地下空間にある展示室の、ちょっと息苦しい状況をガマンしても、みておいてよかったと思いました。

092901しかし、恵比寿駅に着いてみると、こんどは地下に潜っていた反動で(?)駅ビルの屋上に突進! なんと勘が冴えていることか、屋上庭園に辿り着くことができました。

コスモスを背にベンチに腰掛けたら、真昼だというのに斜めから射す柔らかな日射しが、足元にコスモスの影を落としていました。

沖縄との緯度の差を感じながら、
しみじみと、秋ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京のパン屋さん 「スピカ・麦の穂」

関東圏へ行ったらぜひ寄りたいお店がここ。東急池上線長原駅から徒歩5分、小さなパン屋さん、「スピカ・麦の穂」。

主原料はできる限り国内産を使い、自家培養の天然酵母と小麦・塩・水で生地をつくっています。加える木の実やナッツも有機栽培のものを使用。ふわふわパンがお好みの方にはおすすめしませんが、ずっしりと食べごたえのあるパンが好きなら、ここのはやみつきになるかも…。

ところで「スピカ」の不思議なところは、パンの「冷蔵保存」をすすめられること。一般的にパンを冷蔵すると、でんぷん質の老化を早めるので、他のパン屋では「保存するならすぐ冷凍」をすすめられますが、ここのは違うんです(長期保存するならやはり冷凍をすすめられますが)。

スピカのパンを冷蔵すると、なぜか、じわーっと滋味が増してゆきます。数日冷蔵してひきしまったパンを薄くスライスしてかみしめると、滋養が詰まった秋の収穫物である栗や銀杏を、冬の寒い日にじっくり炒って、かみしめているような感覚になります。それがまた実に味わい深い。

一方、蒸すと、春先に目を醒ました植物達が、一斉にフワーッと伸びるような、幸せな柔らかさと芳しさを感じます。ムフフッ。

さて、トーストしますとまた一変。今度は夏の草原や木立に入ったときの、さわやかで鮮烈な香ばしさを感じます。いやー、まいりましたっ!

つまり、ここのパンは生きているってことですね。一つのパンで全く違った味わい、四季を感じられる。なんたる贅沢!!

どんなパンか気になる? 

ホテルの部屋で撮ってもイマイチうまそうにみえないので、かわりにおいしそうな写真が載っている web site を見つけました。
http://openers.jp/culture/tokyo_premium_bakeries/spica.html

同じサイトによる紹介文はコチラ。
http://openers.jp/culture/tokyo_premium_bakeries/photo_spika.html

●「スピカ・麦の穂」のパンは、「セコムの食」のネット通販でも購入できます。
http://www.secomfoods.com/item/detail.asp?syohn_id=0001FD090166&PREGID=0722

わたしの一番のお気に入りは、まさに「私のお気に入り」と言う名の、クルミやレーズンがぎっしり入ったパンです。 happy01

ちなみに、外食するのが難しい体質のワタクシ、横浜滞在中はほとんどここのパンが主食でありました。三食スピカのパンだなんて、ほんとうに贅沢三昧でございました。スピカさん、ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドガ展」とランドマークタワー。 

同窓会参加のために横浜に泊まっていましたら、いろいろ刺激的なものが目に入ります。その一つが「ドガ展」!

沖縄の美術館には、なかなか世界的巨匠の絵画はやってきませんので、この機会にみてみむと思ひて、出かけてみました。

多くの美術館が月曜日に休むところ、横浜美術館は木曜日がお休み。本日、月曜日の上に朝から小雨混じり。美術館日和だ~!?

横浜美術館は見るからに重厚な建物で、よい建材を使っているんでしょうね~。空調設備にも気を配っているようです。ワタクシ、美術館・博物館ではよく気分が悪くなるのですが、そんなこともなく快適に作品を見られただけでもたいへんにありがたく感じました。

で、「ドガ展」ですが…

二重三重の頭越しで絵を見る覚悟でしたが、連休明け月曜日の雨の朝、のおかげかどうか、それほど混んでいませんでした。行ったり来たりしながら見られたくらいですから、首都圏で開催された有名な絵画展にしては、かなりゆーっくり見られたんじゃないでしょうか。092701

メインは美術の教科書にも載っていた、超!有名な「エトワール」。なんというか、作者が作品にこめた魂や、鑑賞してきたあまたの人々の念のようなものを感じて、ちょっと「ぞわっ」としました。

あるいは、たくさんの人を魅了し続けているものには、何かが宿っていると言うべきか。写真や印刷では伝わらないものが確かにあるようです。見に来てよかった、うんうん。

「ドガ展」について、詳しくはコチラ →  http://www.degas2010.com/

※写真はランドマークプラザでの宣伝用ディスプレイ。どこかのブライダルショップが踊り子の衣装を再現なさったそうだ。オリジナルはパフスリーブではなさそうだが…

ところで「おのぼりさん」のワタクシ、絵画展と横浜ランドマークタワー展望台とのセット券なるものを購入(ドガ展1500円+500円でタワー展望台でのワンドリンク付き)。

絵画を楽しんだ足で、そのままランドマークタワーへ。

入り口を見ると、「雨天割引 通常1000円のところ、1ドリンク付きで700円」という主旨の看板が。雨の日には相当展望が悪いってことですね?

092711期待しつつ(何を?)69階の展望台へのぼるエレベーターに乗ると。

「日本一高い展望ルーム」とか「日本一早いエレベーター」とか、アナウンスが聞こえる。ふーん、日本一が好きだねぇ。

わが愛する泡瀬だって、干潟域の生物多様性は日本一だぞ! って、最先端技術の詰まった箱に乗りつつ、心の中でそっとつぶやいておりました。いやはや。

↑ 日本最速エレベーターの天井画。

0927さて、展望ルーム。

展望がきいたのは、登った一瞬だけでした。

後はみごとにミルキーホワイトの中、ほとんど何も見えません。当然、展望ルームはガラ空き。

092715人の少なさは期待以上。すばらしすぎる!(笑)

おかげでセット券についていたドリンク利用券で一杯のロイヤルミルクティーをいただきながら、ゆーっくり二通も手紙を書いてしまった。

なんてステキなお天気! 小雨混じり最高!! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉山の海

知人の薦めで、葉山の海へ行ってみました。

バスを降りた途端、海からの澄んだ空気のにおいがして、一気に気分が良くなりました。横浜だって海に面していますが、やはり東京湾とは違います~。

092614まずはしおさい公園内にある、しおさい博物館へ。この博物館の出版物はなかなかよくできているので、一度訪れたいと思っていたのです。

小さな博物館でしたが、貝や海辺の生物たちへの愛を感じるステキな展示で楽しめました。

公園内も少し散策してから、いざ、海へ!

092621まず感じたのは、防波堤などの人工物が目に付かないこと。とてもホッとします。ご用邸からの景観に配慮してのことでしょうね? 

できればすべての海辺の景観に配慮していただきたい、海好きのワタクシ。

次に目線をあげると、午前中は快晴でしたが、いつの間にか雲が広がっていました。沖縄と違って、天気予報が2時間単位くらいで正確に当たるんだよな…

092630曇っていようとも、海辺にはヨットやサーフィン、海水浴やバーベキューを楽しむ人、犬と散歩をしている人や水遊びをする子ども連れでそれなりに賑わっています。

わたしはしかし、またしても汀線沿いに足元を見ながら歩いてしまうのでありました。

092673海岸は頻繁に清掃されているようですし、けっこうな人出なので拾いものをして帰る人もそれなりにいると思われますが(実際、ビニール袋を持って貝拾いしている人が数名いました)、それでもいろいろ見つかります。

092644092646

092636 岩場や潮だまりは生きもの観察に持ってこい。

092637カサガイの仲間に

092638

092640イソギンチャクに…

092643こちらはヤドカリ。キサゴ類の殻に入っている模様。

092618で、これはウニ…ではなくて、栗のイガでした(笑)

092665ご用邸の目の前には芝生が広がっていて、さらに沖へと砂岩(?)がつきだしています。

20年ほど前に見た高知の「竜串」を思い出す景色でした。

092649 

蛇足 横浜方面から葉山(逗子)へ向かう電車でのこと。途中どんどん乗客が増えるので、みんな海へ行くのだろうかと思っていたら、ほとんどの客が鎌倉で下車。ナルホド~。

0926579月下旬の日曜日、海は予想よりも空いていましたが、鎌倉は人でごった返していた様です?(何かイベントがあったのでしょうか)

都会泊の休日にしては、ずいぶんゆっくり過ごせました。

葉山を薦めてくださったUさんに感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同窓会

この日を楽しみにしておりました、小学校の同窓会! 正確には5~6年生の時の担任の先生を囲んで当時のクラスメートが集ったクラス会ですが。

卒業から30年近くが経っています。みんな、どんな風にかわったのかな/かわってないのかな。どきどきしながら会場に向かいますと…

みんなびっくりするくらいかわっていませんでした。顔を見た瞬間にもう、当時のあだ名で呼びあって、会っていなかった長い時間などなかったかのようです。

先生(女性です)もチャーミングなままおかわりなく、みんなとの再会をとても喜んでくださったことがなにより嬉しかったです。

転居先が分からず、残念ながら連絡がとれなかった級友たちもいて、それがちょっと心残りではありましたが、しかし、クラス会の盛り上がったことといったら! 一次会に参加した人全員が二次会へ突入。ワタクシ、ひさしぶりに笑いすぎて頬が痛くなりました。

今から思えばのんびりした時代でした。先生が率先して子どもたちにそれはそれは絶妙なあだ名や呼び名を付けてくださいました。

それから、先生の言うことを聞かなかったり、忘れ物をしたりすると、たいへんにユニークなお仕置きがありました。

男子に女性用のカツラをかぶらせたり、女子にヒゲをつけさせたり、みんなの前で歌を歌うとか、「留学」と称してほかのクラスで授業を受けるというお仕置きもありました…! 今なら間違いなく保護者からクレームが来るでしょうね。

でも先生は子どもたちをよく見ていらっしゃいました。ユニークなお仕置きは、それを楽しんでしまえる強さやしなやかさをもった子どもたちが対象で、繊細な子どもたちに対しては、もっと地味な「先生の肩たたき」などが言いつけられたのでありました。

そうして先生は、毎週のように手書きの学級通信を作成し、クラスで起こった出来事や子どもたちの作文、先生の思いを子どもたちの家庭にも伝えてくださいました。

わたしは気付かずにいたのですが、わたしの母はずっとその学級通信を大切に取っておいてくれました。去年母が亡くなり、遺品の整理しているときに学級通信が、今回のクラス会の一つのきっかけとなりました。

もう一つのきっかけは、幼稚園に一緒に通っていたマサシくんが、このブログにコメントをくれたことでした。最後にあったのは中学一年の頃。それ以来直接連絡をとることもないまま、それでも時々は思い出していました。そのマサシくんと連絡がとれたことがとても嬉しく、それならば! と思って、わたしも小学校時代の級友にメールを送ってみたのでした。

092516みんなに再会できて本当によかったです。転校して辛かった中学時代を何とか過ごすことができたのは、みんなとの楽しい時間があったからだったろうと、今さらながら有り難く、深く感じ入りながら思い返しているこのごろです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽田空港でおいしいりんごジュースを飲んだ。

092402

横浜で、小学校時代の同窓会が開かれます。

それで羽田に到着したわけですが、少々のどが渇き、疲れてもおりましたので、甘い飲み物が欲しくなりました。

オープンカフェをのぞいたら、瓶入りのりんごジュースが見えました。

「マルティネリ 100% ピュア アップルジュース」

「100%」とか「ピュア」とか書いてあっても、日本のものにはたいてい香料や酸化防止剤が添加してあります。米国産だけど、これはどうだろう…と、原材料名を見てみましたら、「りんご」だけ。試しに飲んでみることにしました。

カフェの一角を陣取り、一口ごくり。

甘いけど、後味スッキリ! うまいです!!

そんなわけで、窓外の景色とともに一枚パチリ。瓶のデザインも可愛いくて気に入りました。先ほど検索してみましたら、ネット通販などで買えるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大石公園にヤギ登場。

092301ご近所の公園散歩をしばらくサボっていたら、いつの間にか小屋ができていた。

今日、その小屋に近づいてみたら、なんとヤギが数頭飼われていた。

「子どもたちの情操教育のために育てています、みんなで可愛がってください」、という趣旨の看板が柵にくくりつけてあった。

そーか、そーか、公園だからね。地域の祝い事で振る舞うヒージャー汁のために飼っているワケではないんだね。

それにつけても気になるのは、このヤギさん、病気らしい。傍らにいる子ヤギの生育もあまりよくないようにみえた。 元気になると良いねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀の子束子は、よかタワシ。

09180001_2

エコショップえころん」でタワシを買いました。

亀の子束子。

レトロな雰囲気の紙袋に丁寧に包装されていて、製造元の製品に対する愛を感じます。

09180003使い心地もたいへんによろしい。

適度に弾力がありつつしなやかで、持っている手にもやさしいし、思いがけない水跳ねが少ないです。

09180002袋にホームページアドレスが載っていました。
http://www.kamenoko-tawashi.co.jp/

タワシの作り方が見られて、なかなかおもしろかったです。工程の中にはどうしても熟練した人の手でなければできないトコロというのがあるのですね。

それからオンラインショップではタワシ作りの技術を応用したオブジェ(カメやフクロウやゾウまであります~)や携帯ストラップもラインナップされていて、用途や販路拡大に、いろいろがんばっている様子がうかがえます。

それに、一口にタワシと言っても、用途によって、いろんな形状、大きさのタワシがあるんですね~。同社のホウキも良さそうです! (^o^) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メダカ

0920048月初旬、わけあって、8年間うちにいた金魚のダイチャンを手放し、大きな水槽が空っぽになりました。

でもうちにはほかに、水草とヌマエビのいる水槽があったので、大きな水槽に移し替えました。

そうしたら水草がのびのびとして、緑が一層美しく映えるようになりました。

せっかくだから、細かい泡のでなくなってしまった10年(以上?)使用のエアレーション一式も買い換えようと、先日ペットショップに行ったら、つい、メダカにも目が留まって、またまた我が家の扶養家族を増やしてしまいました。

生きものを狭い空間で飼うのは罪深い…、しかし生態を観察するのはオモシロイ…、そうして実のところ観察されている時間の方が長いようでもある…、ブツブツ…。(思考が迷走中)

ともかく可愛いです。

この日、写真のメダカは、なぜだか「エアレーションの泡の中にシッポを突っ込んだまま水中静止の姿勢を保つこと」に夢中でありました。一種の「遊び」なんだろうな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【上関】 瀬戸内海の生物多様性に関するシンポジウム in 名古屋 9月23日

001135_1 「上関(かみのせき):
瀬戸内海の豊かさが残る最後の場所」

原発の建設が計画されている山口県上関町周辺の海は、多くの場所で失われてしまった瀬戸内の豊かさが、たいへんによく保たれてきた稀な場所なのだ…

詳しくは コチラ ↓ をご覧ください。
http://ankei.jp/yuji/?n=1135

開催日:
 2010年9月23日(木)
 午後1時30分~16時30分

会場:
 南山大学名古屋キャンパス
 B棟1階B11教室
http://www.nanzan-u.ac.jp/Information/navi/nagoya_main.html

参加費: 500円(資料代)

主催:
 日本生態学会 自然保護専門委員会
 日本鳥学会 鳥類保護委員会
 日本ベントス学会 自然環境保全委員会

プログラム

はじめに 「学会からの要望書提出の経緯」
       佐藤正典(鹿児島大学)

講演1   「周防灘に残されている瀬戸内海の原風景」
       加藤真(京都大学)

講演2   「上関に生息する希少な鳥類について」
       飯田知彦(九州大学大学院・日本生態学会)

学会からの要望書の説明
       安渓遊地(日本生態学会上関問題要望書アフターケア委員会委員長)
       佐藤重穂(日本鳥学会鳥類保護委員会副委員長)ほか     

コメント  「陸上生物、里山の観点から」
       野間直彦(滋賀県立大学)

コメント  「生物多様性条約に基づく国の政策」 国会議員(調整中)

質疑応答

===========================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界の中心だった木

091701久しぶりに近所の大石公園を散歩しました。

月桃の実が赤く色づいて美しいです。

091705お気に入りだったアカギの木です。キノコのような葉の茂り方ですが、3年前はもっと大きく枝を張る大樹でした。

近くに建っていた公営住宅の取り壊しの際、作業の邪魔になるからなのか、ほぼ幹だけを残して切られてしまい、たいへん心を痛めておりました。

最初に若葉を見つけたときには、このアカギのために心底ホッとしましたが、しかし、この木を中心に成り立っていた生態系はまだ復活していません。

いつか再びたくさんの生きものたちに木陰や住処を提供できるほど、大きく枝を張ってくれることを祈っています。

===========================

ついでなので、この木がどんな風に切られて再生しつつあるのか掲載しておきます。

090302撮影の向きがちょっと違いますが、同じアカギです。

大きな枝を切られた後、新しい枝をたくさん伸ばして、「モリゾウ」のようになりました。

2008年9月3日。

08031303完全に丸ボーズです。高さで言えば1/2から1/3、横方向への張り出しは、ほとんどなくなってしまいました。

2008年3月13日撮影。   

07071504

台風でかなりダメージを受て、向こうが見通せるほど葉が少なくなっていますが、切られる前はこんなに枝を伸ばしていました(2007年7月15日撮影)。

立派な木だったので、鳥たちにとっては一つのランドマークだったようです。様々なさえずりがこの木から聞こえていました。

また、緑の葉陰が濃くて、カタツムリや蟻やそのほかいろんな虫たちにとっては、住処であり餌場であり、まさに世界の中心でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

てぃーだ雨と狐の嫁入り

091502このごろ、よくにわか雨が降ります。

外にいると、明らかに黒い雲が近づいてきて、その下に雨を降らせているのが、よく分かります。

部屋にいても、急激に暗くなり、風が冷たくなったら、まもなくふってきます。

でも、こんな明るいてぃーだ雨もよく降ります。

いわゆる「お天気雨」ですが、わたしの両親は「狐の嫁入り」と呼んでいました。

沖縄ではそれほど珍しくない現象ですが、瀬戸内のあたりではかなり珍しく、こんな天気の日には狐が嫁入りをするという言い伝えがあったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花を飾る

091301ご近所で庭木の剪定をしていました。

何という木かは知らないけれども、赤い満開の花を付けた大きな枝もばっさりと切られておりました。

それで、切られた枝から、花のついたところをいくらかいただいてまいりました。

そんなわけで、買ってきた花の農薬に中たって以来、久々に部屋に花を飾っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍋つかみ

091102最近ふと思い立って、うちの鍋をいろいろ入れ替えました。

熱効率がよく、保温性も高いという鍋を揃えたら、煮ている時間がグッと短くなりました。

ガスの節約になる上に、いつもと同じ料理でも、素材の旨味が生きた非常においしい仕上がりになるのにはびっくりです。

それでまぁ、せっかくなので、ところどころ焦げて穴が開いていた鍋つかみも新しくつくってみました。

こういうちょっとした、でも毎日使うものを新しくするのも、気分がよいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国が原子力政策について意見を募集中 ~9/21午後5時まで

去年、上関原発予定地である田ノ浦を訪問したときにお世話になった、「らん☆ぼう」さんから、『百万人以上の人たちに伝えたいこと』というタイトルでメッセージが届きました。

国が今後の原子力政策について再検討をするため、国民の意見を募集中とのことです。

難しいことは書かなくていいと思います。たくさんの人がメッセージをおくれば、もしかしたら国の方針が転換するかも知れません。大事なことは、はじめからあきらめないこと。

詳しくはらん☆ぼうさんからのメッセージをご覧ください。

◆意見送付先
内閣府 原子力政策担当室 原子力政策大綱・意見募集
ホームページアドレス:https://form.cao.go.jp/aec/opinion-0011.html
ホームページのフォームに従い、入力ください。

◆現大綱の詳しい内容や、意見の提出要領は、↓のサイトで見ることができます
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/senmon/seisaku/bosyu/100727/bosyu100727.htm

=================【ここから転載】============================

『百万人以上の人たちに伝えたいこと』   らん☆ぼう
                              2010年08月24日03:29

この日記を読んでくれてありがとうございます。

どうしてもあなたに力を貸して欲しいことがあります。

このメールを出来るだけ多くの人に転送し下記のURLから
意見を国へ伝えてほしいのです。

目標はズバリ百万人以上!

今、僕は本気で山口県上関町にある田ノ浦の海を原発建設から守りたいと思っています。

田ノ浦の海は日本の海域の中でも特に重要な生物多様性のホットスポットであり、希少生物や絶滅危惧種などが数多く生息する場所です。

そして、縄文時代から鎌倉時代までの遺跡も数万点発掘されています。


ここを失うということはどういうことなのかを一人一人が真剣に考えることが私たちの未来を考える上でとても重要なことだと思います。

私達が今どういう選択をするかで未来は確実に変わります。

田ノ浦には同じ想いをもった仲間が全国から集まり、祝島の方々と協力しあいながら昨年9月から始まった抗議行動も約一年たちました。
田ノ浦での抗議行動は今でも一日も休むことなく続けられています。
しかし、未だ根本的な解決に至っていません。
この問題を解決するためにはまず一人一人が意見を国へ届けることが必要です。


こういった意見がもし百万人を超えたならきっと政策も転換に向かうのではないかと思います。

力を貸して下さい!

よろしくお願いします!

*********************************************************

◎原子力大綱で意見を募集!

国の原子力委員会は、原子力政策の基本方針である「原子力政策大綱」(2005年10月閣議決定)を見直す必要があるかどうか、7月27日より、一般からの意見を募集しています国民一人一人が、『見直しの必要性の有無とその理由・意見』を、国に伝えることのできるチャンスですみなさんも日頃から思っていること、考えていることを、意見として提出してみましょう!!

現在の大綱は、
・2030年以後も電力の30~40%以上を原子力が担う
・核燃料サイクルを着実に推進
・2050年ごろから高速増殖炉導入
などを定めています

これらを踏まえ、下記の要領で、郵送、FAX、インターネットのいずれかの方法で、誰でも意見を提出することができます

=====

【1】提出する意見内容・要領
(1)氏名
(2)年齢(該当部に○):20歳未満 ・ 20歳代 ・ 30歳代 ・ 40歳代 ・
  50歳代 ・ 60歳代 ・ 70歳代 ・ 80歳以上
(3)性別(該当部に○): 男 ・ 女
(4)職業
(5)連絡先  ・住所:    ・電話番号:
  ・FAXを使いであれば、FAX番号:    
  ・電子メールをお使いであれば、電子メールアドレス:
(6)現行原子力大綱の見直しの必要性について(該当部に○)  
  ・必要有り  ・必要無し
(7)見直しの必要な(または必要でない)理由(200字以内) 
(8)ご意見(9))の概要(100字以内)
(9)見直しが必要と回答された場合、見直しのあり方や個別施策への意見(参考となる文献、資料等があればご送付ください。)(200字以内)

<留意点>
・日本語でご記入ください
・複数の意見を記入する場合は、1件ごとに別の用紙にご記入ください
・上記(1)~(9)の事項の記入漏れや本要領に則して記述されていない場合には、無効扱いとなる場合があります
・ご意見につては、電話での受け付けはしていません

【2】締め切り
平成22年9月21日(火)17時まで(郵送の場合は同日必着)

【3】提出先
◆郵送の場合
住所:〒100-8970 東京都千代田区霞が関3-1-1
内閣府 原子力政策担当室 原子力政策大綱・意見募集担当 あて

◆FAXの場合
FAX番号:03-3581-9828
内閣府 原子力政策担当室 原子力政策大綱・意見募集担当 あて

◆ホームページ入力の場合
ホームページアドレス:https://form.cao.go.jp/aec/opinion-0011.html
ホームページのフォームに従い、入力ください。

【4】提出した意見について
・頂いたご意見は、検討の参考にさせていただきます。
なお、頂いたご意見に対する個別の回答はいたしませんので、予め御了承願います。
・頂いたご意見は、氏名、年齢、性別、職業及び連絡先を除き公開することがありますので、予め御了承ください。
ただし、ご意見中に、個人に関する情報であって特定の個人を識別し得る記述がある場合及び個人・法人等の財産権等を害する恐れがあると判断される場合には、公表の際に該当箇所を伏せさせていただきます。
・氏名、連絡先等の個人情報については、頂いたご意見の内容に不明な点があった場合などの問い合わせをさせていただくため、御記入いただくものです。御記入いただいた情報は、今回の意見募集以外の用途には使用いたしません。

【5】問合せ先
内閣府原子力政策担当室 迫田、石沢、小森
tel.03-3581-6688  fax.03-3581-9828

◆現大綱の詳しい内容や、意見の提出要領は、↓のサイトで見ることができます
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/senmon/seisaku/bosyu/100727/bosyu100727.htm

====================【転載終わり】========================

※mixiを利用している方は、らん☆ぼうさんのメッセージを直接見ることができます。

友人をさがす→プロフィールからさがす→検索キーワードに「らん☆ぼう」と入力してください。上関原発計画関連のホットな情報が得られます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【上関】原発建設予定海域に向けて埋立台船動く

みなさま

久々の潟ログです。

実はわたしがずっとかかわってきた沖縄県沖縄市の泡瀬干潟でも、なぜか8月に突然、埋立計画が再び動き出したようでピンチなのですが、山口県上関町で計画が進められている原発の予定海域でも動きがあった模様です。

美しく豊かな海をこのまま残したい、そんな思いでさまざまな行動を起こしている友人からメールが届きました。

折しも国の原子力委員会では、原子力政策を見直す必要があるかどうか、一般からの意見を募集中です。意見の送り先は追ってこのブログでアップします。

まずは上関町田ノ浦での動向にご注目ください。

====================【ここから転載】==========================

『最後の命の海 埋め立て台船動く @ 岡田和樹』

みなさま こんばんは 9月9日23時現在

山口県上関 原子力発電所建設計画現地から岡田です。

現在、現地田ノ浦を向けてクレーン台船・浚渫台船が複数の
引き舟に引かれて、移動しています。下請け会社へ抗議の電話を
したときに、確実に田ノ浦に向かっていることが分かりました。
10日の朝8時から陸上での工事も行われるという情報も入りました。
海での埋め立て工事は、2009年11月からストップしていましたが、
これから、またはじまると思います。

瀬戸内海に長島の海ほど豊かな場所はありません。
仮に、一台でも台船が入り、土砂を入れてしまうと、
瀬戸内海最後の命の海が永遠に失われることになります。
透明度が15メートルを超えるこの海は、少し潜るだけで
ものすごい魚の数・スナメリ・ナメクジウオ・本当にすばらしい
命の海です。

これが、どうなるかは今の私たちの行動にかかっています。
祝島の島民・現地にいる若者をはじめ、現地で必死に
意思表示をしています。
各地の人たちもそれぞれの立場から意思表示を続けています。

瀬戸内海のこの場所に、たくさんの人の注目を集めてください。
抗議の声を 中国電力をはじめ 国へ届けてください。

私たちは最後まで出来る限りのことを現地で行います。

敬具

*******************************************

岡田 和樹 【OKADA kazuki】
ハチの干潟調査隊 代表
市民ひがた交流会 共同代表
環瀬戸内海会議 幹事
上関原発を考える広島20代の会 呼びかけ人

(ハチの干潟調査隊)http://www.geocities.jp/pipipopo227/index.html
(市民ひがた交流会)http://higataow.blog.shinobi.jp/
(上関原発を考える広島20代の会)http://hiroshima20.jugem.jp/
(原発よりも命の海を!72時間ハンスト)http://ameblo.jp/nonukes-hunst/

干潟・原発での活動を続けています。活動カンパをよろしくお願いします。
【広島銀行 三原西支店 口座番号:3069271 オカダカズキ】
*******************************************

====================【転載終わり】====================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むかご

大阪滞在中に、スーパーでムカゴが売られているのを見つけました。

082705子どもの頃には雑木林のほとりに住んでいたので、秋になると林にわけいり、よくムカゴを摘んだことを懐かしく思い出します。

ところで大阪のスーパーで見つけたムカゴを沖縄に持ち帰ってきました。

湿らせた布にくるんでビニール袋に入れ、冷蔵庫に入れておいたら、芽が出てきました。

090701食べるつもりで冷蔵庫から出したわけですが、ふと思いついて6粒だけ残し、ポリポットに植えてみました。

まもなくかわいらしい葉っぱが出てきました。

何年か後には、うちでもムカゴがとれるかな~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご近所さんからゴーヤーをいただきました。

090706ご近所には、毎年、庭にゴーヤーの棚をつくっていらっしゃる家があります。

今年は、うちにもその収穫のおすそわけがまいりました。

中に一本、表面がかなり黄色っぽくなったものがありまして

縦二つに切りますと、中はもうすっかり熟しておりました。

熟す前は、種のまわりの白いふわふわした部分がことに苦いのですが、熟して赤くなると、熟し柿のようにヌルリとして、甘くなるのであります。通常食す部分の苦みもとれていきます。

赤くヌルリと甘い部分はスプーンですくって生のままいただき、あとは中華風のスープにしました。中国南部や台湾では、苦みの少ない白いゴーヤーを、スープにして食べています。暑気払いにどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「荷物はダッコ。」

082241_2

明石の天文台から大阪方面へ戻るために乗った
山陽電鉄の車内広告。

「ダメです」「メイワクです」「やめましょう」といった呼びかけが多いこの手の広告にはめずらしく、ほのぼのとしていて、たいへん好印象でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »