« 【上関】原発建設予定海域に向けて埋立台船動く | トップページ | 鍋つかみ »

国が原子力政策について意見を募集中 ~9/21午後5時まで

去年、上関原発予定地である田ノ浦を訪問したときにお世話になった、「らん☆ぼう」さんから、『百万人以上の人たちに伝えたいこと』というタイトルでメッセージが届きました。

国が今後の原子力政策について再検討をするため、国民の意見を募集中とのことです。

難しいことは書かなくていいと思います。たくさんの人がメッセージをおくれば、もしかしたら国の方針が転換するかも知れません。大事なことは、はじめからあきらめないこと。

詳しくはらん☆ぼうさんからのメッセージをご覧ください。

◆意見送付先
内閣府 原子力政策担当室 原子力政策大綱・意見募集
ホームページアドレス:https://form.cao.go.jp/aec/opinion-0011.html
ホームページのフォームに従い、入力ください。

◆現大綱の詳しい内容や、意見の提出要領は、↓のサイトで見ることができます
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/senmon/seisaku/bosyu/100727/bosyu100727.htm

=================【ここから転載】============================

『百万人以上の人たちに伝えたいこと』   らん☆ぼう
                              2010年08月24日03:29

この日記を読んでくれてありがとうございます。

どうしてもあなたに力を貸して欲しいことがあります。

このメールを出来るだけ多くの人に転送し下記のURLから
意見を国へ伝えてほしいのです。

目標はズバリ百万人以上!

今、僕は本気で山口県上関町にある田ノ浦の海を原発建設から守りたいと思っています。

田ノ浦の海は日本の海域の中でも特に重要な生物多様性のホットスポットであり、希少生物や絶滅危惧種などが数多く生息する場所です。

そして、縄文時代から鎌倉時代までの遺跡も数万点発掘されています。


ここを失うということはどういうことなのかを一人一人が真剣に考えることが私たちの未来を考える上でとても重要なことだと思います。

私達が今どういう選択をするかで未来は確実に変わります。

田ノ浦には同じ想いをもった仲間が全国から集まり、祝島の方々と協力しあいながら昨年9月から始まった抗議行動も約一年たちました。
田ノ浦での抗議行動は今でも一日も休むことなく続けられています。
しかし、未だ根本的な解決に至っていません。
この問題を解決するためにはまず一人一人が意見を国へ届けることが必要です。


こういった意見がもし百万人を超えたならきっと政策も転換に向かうのではないかと思います。

力を貸して下さい!

よろしくお願いします!

*********************************************************

◎原子力大綱で意見を募集!

国の原子力委員会は、原子力政策の基本方針である「原子力政策大綱」(2005年10月閣議決定)を見直す必要があるかどうか、7月27日より、一般からの意見を募集しています国民一人一人が、『見直しの必要性の有無とその理由・意見』を、国に伝えることのできるチャンスですみなさんも日頃から思っていること、考えていることを、意見として提出してみましょう!!

現在の大綱は、
・2030年以後も電力の30~40%以上を原子力が担う
・核燃料サイクルを着実に推進
・2050年ごろから高速増殖炉導入
などを定めています

これらを踏まえ、下記の要領で、郵送、FAX、インターネットのいずれかの方法で、誰でも意見を提出することができます

=====

【1】提出する意見内容・要領
(1)氏名
(2)年齢(該当部に○):20歳未満 ・ 20歳代 ・ 30歳代 ・ 40歳代 ・
  50歳代 ・ 60歳代 ・ 70歳代 ・ 80歳以上
(3)性別(該当部に○): 男 ・ 女
(4)職業
(5)連絡先  ・住所:    ・電話番号:
  ・FAXを使いであれば、FAX番号:    
  ・電子メールをお使いであれば、電子メールアドレス:
(6)現行原子力大綱の見直しの必要性について(該当部に○)  
  ・必要有り  ・必要無し
(7)見直しの必要な(または必要でない)理由(200字以内) 
(8)ご意見(9))の概要(100字以内)
(9)見直しが必要と回答された場合、見直しのあり方や個別施策への意見(参考となる文献、資料等があればご送付ください。)(200字以内)

<留意点>
・日本語でご記入ください
・複数の意見を記入する場合は、1件ごとに別の用紙にご記入ください
・上記(1)~(9)の事項の記入漏れや本要領に則して記述されていない場合には、無効扱いとなる場合があります
・ご意見につては、電話での受け付けはしていません

【2】締め切り
平成22年9月21日(火)17時まで(郵送の場合は同日必着)

【3】提出先
◆郵送の場合
住所:〒100-8970 東京都千代田区霞が関3-1-1
内閣府 原子力政策担当室 原子力政策大綱・意見募集担当 あて

◆FAXの場合
FAX番号:03-3581-9828
内閣府 原子力政策担当室 原子力政策大綱・意見募集担当 あて

◆ホームページ入力の場合
ホームページアドレス:https://form.cao.go.jp/aec/opinion-0011.html
ホームページのフォームに従い、入力ください。

【4】提出した意見について
・頂いたご意見は、検討の参考にさせていただきます。
なお、頂いたご意見に対する個別の回答はいたしませんので、予め御了承願います。
・頂いたご意見は、氏名、年齢、性別、職業及び連絡先を除き公開することがありますので、予め御了承ください。
ただし、ご意見中に、個人に関する情報であって特定の個人を識別し得る記述がある場合及び個人・法人等の財産権等を害する恐れがあると判断される場合には、公表の際に該当箇所を伏せさせていただきます。
・氏名、連絡先等の個人情報については、頂いたご意見の内容に不明な点があった場合などの問い合わせをさせていただくため、御記入いただくものです。御記入いただいた情報は、今回の意見募集以外の用途には使用いたしません。

【5】問合せ先
内閣府原子力政策担当室 迫田、石沢、小森
tel.03-3581-6688  fax.03-3581-9828

◆現大綱の詳しい内容や、意見の提出要領は、↓のサイトで見ることができます
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/senmon/seisaku/bosyu/100727/bosyu100727.htm

====================【転載終わり】========================

※mixiを利用している方は、らん☆ぼうさんのメッセージを直接見ることができます。

友人をさがす→プロフィールからさがす→検索キーワードに「らん☆ぼう」と入力してください。上関原発計画関連のホットな情報が得られます。 

|

« 【上関】原発建設予定海域に向けて埋立台船動く | トップページ | 鍋つかみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/49282498

この記事へのトラックバック一覧です: 国が原子力政策について意見を募集中 ~9/21午後5時まで:

« 【上関】原発建設予定海域に向けて埋立台船動く | トップページ | 鍋つかみ »