« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

骨盤のねじれ解消で足・腰・鼻までスッキリ! 

またまたよく効く「正体術」が、ブログ 『さいたま市整体院の動画で分かる骨盤矯正体操』 に掲載されていました。

ワタクシ、どうやら骨盤がねじれやすい体癖でして、まってました! とばかり、動画を拝見。いつも通り、やりかたは簡単! 効果抜群!!

タイトルは「鼻炎改善」になっていますが、座ったときの違和感改善とか腰痛改善にも効果があるそうです。骨盤の歪みはいろんなところに影響がでるんですね~。 

●ブログトップ
  『さいたま市整体院の動画で分かる骨盤矯正体操』
●記事タイトル
  「アゼナ先生紹介の正体術矯正法。『うつぶせ膝上げ』鼻炎改善」

わたくし、最初はアゼナ先生のアドヴァイスが掲載される前に動画を拝見したので、さっそくその場で試してみました。眠る2時間ほど前です。確かに上がりにくかった方の足も楽に持ち上がるようになりました。

そうして約2時間後。眠る前にコップ一杯の水を飲もうと立ち上がり、台所へ行ったら。およよよよ。びっくりするくらい骨盤と足がだるい!!! 

「かなり効いている模様です!」と、心の中で実況してから眠りにつきました。

朝起きてびっくり、足腰のだるさはすっかり消え、快調、快調! & なんと、ふくらはぎから足首にかけて足が妙にすっきり見えるというオマケつき。

ワタクシのムッチリしたふくらはぎは、実はむくんだ状態だったのか…? (^^;)  骨盤のねじれ、恐るべし。

いやいや、改善法がわかってヨカッタ、よかった。アゼナ先生、藤田先生、良い方法を教えてくださり、ありがとうございました!!! 今日からおやすみ前の習慣にしようと思います (^-^)

というわけで、座ったときに違和感のある方、腰痛のある方、鼻炎で鼻が詰まる方、&足がむくんでいる人も? どうぞお試しください。いろいろ スッキリ☆ します。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

映画 『クロッシング』

かの国にも、家族を愛し、喜び、幸せを感じる温かな人々の暮らしがある。

質素な暮らしに際だつ家族の団らん。
ぬかるむ広場で繰り広げられるサッカー大会に参加した人々の真剣な眼差し、勝利の歓声。
子どもたちの淡い恋心。

その姿はけなげで愛おしくて、なんだか戦後まもなく~昭和30年代の日本映画を見ているような、ノスタルジックな親近感さえ覚える。

けれども一方では、「引き裂かれた民族」の、こんなにも辛い現実がある。

この映画はとてもドラマチックな構成だ。でもそれはたくさんの「事実」から紡がれた、真実の物語とも言える。「38度線」の北側に暮らす人々はつまり、それほど常に危機的な状況と隣り合わせに生きていると言うことなんだろう。

あまりにも一方的な情報しか流れてこないその国の、普通の人々のささやかな暮らしと深い悲しみを、少しでも理解し寄り添えたらと思い、紹介します。

『クロッシング』  
-n. 横断; 渡航; 交差(点),踏切り,十字路; 十字を切ること; 妨害;
( ↑ 映画のパンフレットより)

|

日傘を修理してもらいました。

072701

じゃーん。

いきなりなおしてもらった後の写真です。

布地はしっかりしているし、なかなかシブイ柄が気に入っているので、那覇の市場にある傘屋さん(洲鎌商店)に持ち込みました。

待ち時間 約30分、400円也。

072705骨が折れてしまったのです。でもそのときの写真を撮るのを忘れていました (^^;)

折れたのは可動部のすぐ近く(矢印の部分)。ちょっと細いのに一番力がかかって折れやすいんですよね。

072703折れた骨を途中で切り、他の骨を接いで、可動部にきれいにはめ込んでありました。

しかもこの接がれた骨、元の骨より丈夫そうです。

洲鎌商店の店主さま、あらためまして、ありがとうございました!

これでまた何年か使えそうです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そろそろ食べ頃♪

072707ベランダのゴーヤー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枝豆も大豆である。

071002ワタクシ最近になってどうやら大豆アレルギーであるらしいことがわかりました。

毎日のように食べていた豆腐や納豆のかわりとなる蛋白源をなんにしようかと一時は呆然としていたワタクシ。

とりあえず大豆以外の豆に走ってみました。レンズ豆とかひよこ豆とか…

写真はレンズ豆のお焼き。小麦粉と卵と干しアミエビに味付けは塩胡椒。ビールが進みそうな味に仕上がりました(笑)

ところが先日スーパーで、あろう事か「うまそうな枝豆」を発見し、季節のものでもあるし、つい購入して茹でようとしたところでようやく気がついた。

「枝豆も、大豆じゃーん!!!」 

ボケてます…。他に食べてくれる同居人もおらず、アナフィラキシーを起こすほどのアレルギーでもないので食べました。もともと好きなものでしたしね。

結果は、うまかったですが、当然、アレルギー反応出ました。あっはっは~! 

って話を、次の日、年若い知人に話しましたら、

「えっ! 枝豆って大豆だったんですかっ!!」 

笑い話のつもりだったのに、驚かれてしまいました。いやはや。(^^;)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラの花びらの数 第二回調査

今年は5月に引き続き7月にも咲きました。

あまり枝を刈り込まなかったからだろうか、
あるいは今年は肥料も適度にきいてご機嫌な状態なんだろうか、
はたまた「子孫を残さないとヤバイ!」という状況に陥っているんだろうか…(そういえばそろそろ植え替えしてやらないといけないはず (^^;)

071003一輪目 41枚

071006二輪目 43枚 …がんばってます。

071008 三輪目 34枚 

…いきなり省エネモード!?

四輪目は写真を取り損ねましたが 29枚

エネルギーぎれな感じ…

おもしろいですねー、シーズンによって花びらの数がかわるときいて数えはじめたのですが、同じシーズンでも後に咲く花は花びらの数が少ないんだ…

ちなみに、5月に咲いた同じバラの花びらの数は ①35枚 ②24枚 ③23枚 で、花びらの大きさはもっと大きかったみたい(花びらの下に敷いてある木板は同じものです)。

春は、花びらの数が少ないわりに大きな花が咲く、のかな?

※5月に咲いた花の数の調査結果のページ → その1  その2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある夕暮れどき

072103 って、今日のことですけれども

妙に凄味のある夕焼けに見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある朝

071801このところぽつり、ぽつりと花を開いているモミジアサガオ。

今日はたくさん咲いたな~と思ったら、折からのスコールでザンバラになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花火

昨夜と一昨日の夜、部屋から花火が見えていました。
浦添市の「てだこまつり」で打ち上げられたもののようでした。

首里の丘の向こうに上がっていたので
上半分しか見えないような状況でしたが
それでもなかなか楽しめました。

一時期、ハート型とか土星型とかの、
輪郭だけをかたどった花火がよく見られ、
物珍しくはあったものの、あれはどうも中心部がすかすかで、
豪華さには欠けるものでした。

その点、昨日・一昨日見えた花火は
中心部の大きな花が開いた後、さらにそれを縁取るように
小花がぱーっと咲くような仕掛けもあったりして
それはそれは豪華な花火でした。

…が、どういうわけかヒトリで花火を見ていると
寂しくなってくるのですね。
花火の下の、祭のにぎわいを
つい想像してしまうからでしょうか。

そういえば小学生の頃、
近所の神社の縁日にひとりで出かけて
やっぱり寂しくなって帰った覚えがあります。

縁日ですから、いろんな夜店が出ていました。
数人で連れだって来ていた同級生にも出会いました。
けれども私はお店で楽しむこともできず
であった同級生のグループに混ざることも
できなかったのです。

ガラスケースの中から世界を見ていたような
そんな時代の思い出です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

那覇空港滑走路増設計画で、埋立予定海域のボーリングはじまる

Photo 先日歩いた大嶺海岸の沖合で、ついにボーリング調査が始まるそうです。

既存の滑走路と平行に、またもや離島方式で海を埋め立てて新しい滑走路を造る計画になっています。この写真では右側の干潟と珊瑚礁にかかる部分です。

那覇空港プロジェクト
2010年7月15日付 プレスリリース

↑写真は那覇空港構想・施設計画検討協議会作成 『那覇空港滑走路増設に関する経緯について』 表紙より

--------------プレスリリース一部引用開始--------------------

那覇空港滑走路増設に係る土質調査の現地着手について

那覇空港滑走路増設に関し、第1回 那覇空港滑走路増設関係者連絡調整会にて関係者の確認が得られた土質調査及び環境現況調査等の実施の内、土質調査のボーリング現地着手日が決定しましたのでお知らせ致します。

1.現地着手日:平成22年7月16日(金)

2.調査概要
準 備工:測量、磁気探査、足場設置
ボーリング:19 地点
土 質試験:1 式(室内試験)

-------------一部引用おわり---------------------

詳しくは下記URLにて、プレスリリースをご覧ください。http://www.dc.ogb.go.jp/Kyoku/information/nahakuukou/7.15press.pdf

那覇空港滑走路増設計画について

那覇空港は、民間航空便と陸海空の各自衛隊が共用している。

1.需要予測では、今後10年以内に旅客増加に対応できなくなるとされており、
2.航空自衛隊戦闘機のスクランブル発進との競合もある上に、
3.滑走路上で事故が発生した際には運輸交通に多大な打撃となることから、

1キロあまり沖合を埋め立てて、新たに長さ2700メートル規模の滑走路を増設する計画となっている。

<滑走路増設計画図>
http://www.dc.ogb.go.jp/Kyoku/information/nahakuukou/pdf.5.12%20press/5.12_siryou/pdf.5.12_siryou3.pdf

環境影響評価方法書の公告・縦覧は2010年8月頃からはじまる模様。
それに先立って、2010年7月からは埋め立てを予定している海域で地質調査のためのボーリングが行われる。

今後、国は環境影響評価の方法について一般から寄せられた意見や知事の出す意見などを踏まえ、2011年1月から環境現況調査を行う予定、とのこと。

------------------------------------------------

わたし思うんですけど、この狭い沖縄島にはやたらとたくさん滑走路があるんですよね、つまり普天間とか嘉手納とか、米軍の基地の中ですけれども。

「どうしても」滑走路が足りないというなら、もう海を埋め立てるのはやめてですね、基地をかえしてもらって利活用すればいいと思うんですよね。

しかし、需要予測は本当に妥当な数値をはじき出しているんでしょうかね。県や国の需要予測はだいたいにおいて誇大広告なんだよね。

それ以前に、民間機と自衛隊機が滑走路を共用しているって状態をまずどうにかしていただきたい。

沖縄の資源はなんなのか、今一度考えるべきだろう。観光客を呼び込むために肝心の資源をぶちこわすなんてどうかしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『蟹工船』読みました。

先日、仕事帰りにふらりと寄った古本屋の店先で、「よりどり2冊100円」の文庫本を見つけた。

しかし、そう都合よく読みたいものが2冊見つかるだろうか? と思いつつも色あせた背表紙を見ていると、ありました…。

一冊目は『蟹工船』。二冊目は作家で選んで梁石日の『雷鳴』。

『蟹工船』は、私がまだ高校生だった頃、部活の先輩達が話題にしていたにもかかわらず、読まないまま20年以上が過ぎてしまったのでした。長い間抱えたままだった宿題にやっと手をつけるような気分で本を手にした。

さて読んでみると、おぉ、なんと、今の「派遣労働」とか「偽装請負」そっくりの職場環境ではないか!!! 

この小説、本当に戦前に書かれたものか…? というか、何十年も経ってまた同じことが繰り返されていることの方が、明らかにおかしい!

不安定且つ過重な労働。低賃金。不当に軽く扱われる労働者達。生存権さえ危ういひどい職場。そのうえ、何かあっても保障がないときたもんだ。

ナルホド去年でしたか、あらためて映画化されていたワケがやっとわかりました。

若人よ、立ち上がれ! やられっぱなしになってるんじゃないよ!! というメッセージだったわけですね、きっと。

労働組合は二人でもつくれます。どこかに届け出をする必要はなく、それらしい規約と連絡先、代表者を決めればOK。一人で労働条件改善を求めて経営者側と直談判しようと思っても、たいてい相手にされませんが、労働組合の申し入れは無視できないことになっているんだからね~♪

というわけで、映画は見ていませんが、
公式サイトはこちら →  映画 『蟹工船』 http://kanikosen.jp/pc/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【展示会開催中!~18日まで】生物多様性 ~小さな島々沖縄の大きな宝~

071501

これは

ある沖縄の砂浜の一部を071502

那覇のまちなかに再現した

071503展示である。 

※他にもいろいろと興味深い展示が盛りだくさん!!!

071513沖縄・生物多様性市民ネットワークCOP10(第10回生物多様性条約締約国会議)
100日前イベント

第6回 合同写真・作品展

生物多様性
  ~小さな島々沖縄の大きな宝~


0715日時:2010年7月13日(火)-18日(日)
    午前10:00-午後7時
    最終日は午後5時まで
場所:那覇市民ギャラリー
    (パレットくもじ6F)
    入場無料

主催:沖縄・生物多様性市民ネットワーク / 沖縄地域作業部会(CBD市民ネット)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フウセンカズラ

071102_2昨日は投票してから、そのままご近所を散策してみました。

駐車場のフェンスにフウセンカズラが巻き付いて、生け垣になっていました。

071103ようやく夏らしくなった日射しが濃い陰影を落としています。

それにしても、最近のフウセンカズラはみんな袋が赤くなるんですね。夏に赤って、見た目が暑苦しい気がするのはわたしだけ?

母はフウセンカズラが好きで、私が子どもの頃にはよく庭に植えていましたが、当時のフウセンカズラはみな葉と同じ緑色の袋で、実に涼やかでした。

071107種は昔も今もかわらず黒地に白抜きのハート模様。とっても印象的です。子どもの頃には「モモレンジャー」みたいだと思っていました。

しかし、あらためて見ると、他にも何か似たものがあったような…、と、記憶の中を検索、検索、検索…。

わかりました。最近購読している雑誌『うかたま』のマスコットキャラクターで、双子のマメの兄弟、「うか」と「たま」にそっくりなのだ! 

Ukatotama_bigger っていっても、ほとんど誰もわからないだろうから、ちょっと画像を拝借してきました。

「うか」と「たま」です。うふふふふ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

投票してきました。

ことのはじまりは昨日の夜のことなんだけれども。

某webニュースをみていたら、「投票済証」なるものが話題になっていた。それを提示すると、地域によっては商店街で割引してもらえたり、ホテルでの宿泊や食事が優待価格(?)になったりするらしい。

投票率と集客率をともに上昇させる、一石二鳥の商戦なんだとか!?

ほぇ~、とか言いつつ読んでいて、ふと気になった。これまでほとんど投票を棄権したことのないわたしですが、投票済証なるものをみたことがない。それどころか、存在すら知らなかった!

いつもの投票所の様子を思い浮かべても、どこでそのようなものを受け取れるのか、さっぱり見当がつかない。

というわけで、今日は、投票をしたら、「投票済証」なるものをもらってみようとおもいまして、はやばやと投票所へ出かけました。

8時前に到着。受付のところですばやく「投票済証」についてきいてみたら…。

「しばらくお待ちください。…投票後にご説明します。」 あれれ? もっと簡単にもらえるものと思っていたんだけど。

おじぃ、おばぁに混じって投票をすませると、係りの方が携帯電話で選管事務所へ問い合わせ中であった。

話はこうだった。「那覇市の選挙管理委員会では、【投票済証】というきまった様式の書類は用意していません。どうしてもということであれば、こちらでいま書いて差し上げます。」

もう少し詳しくきいてみると、どうも地域によって様式が違ったり、那覇市のようにきまった様式のない自治体もあるらしい。

わざわざ手書きで用意していただくほどの使用目的もないので、手を煩わせたことへのお詫びと丁寧な対応への感謝を述べて、証明書はもらわずに投票所をあとにしました。

で、あらためてwikipediaで調べてみたら ( → 「投票済証明書」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%95%E7%A5%A8%E6%B8%88%E8%A8%BC
ちゃんと載っていました。あはは…^^;

好奇心だけで問い合わせてしまったのに、丁寧に対応してくださった係員のみなさま、あらためて、どうもありがとうございました <(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そこそこ立派に育ちました。(ゴーヤー)

070901あと2日くらいで収穫予定。

ちなみに、ゴーヤーは緑色が濃くて、表面のでこぼこが細かく、細長いのはキッパリと苦いです。これは苦いタイプ。

もうひとつ、色が薄くてでこぼこの粒が大きく、ふっくらした形のは苦みが少ないです。

わたしは苦い方が好き!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農薬のミツバチ、生態系、人体への影響に関する講演会 in東京(7月24日)

日本各地で、「沈黙の春」が現実のものとなりつつあるようです。その原因の一つが、近年多用されるようになってきた「ネオニコチノイド農薬」であるらしい。それ以前に撒かれた多量の農薬によってすでに疲弊していた生態系に、とどめを刺すような状態になっているのかも知れません。

東京で7月24日に開かれる講演会のお知らせがまわってきたので、転載します。

===================【以下、転載】========================

■NPO法人 ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
  総会記念講演会

「ネオニコチノイド系農薬のミツバチ、生態系、人体への影響 」

講演1  「ネオニコチノイド農薬による昆虫と鳥類の消滅」
      久志冨士男氏(ミツバチたすけ隊代表・養蜂家)
報告   「海外のネオニコチノイド事情」 
      (シエラクラブなど海外環境保護団体の資料紹介) 
講演2  「環境化学物質と子どもの脳の発達障害
      ーネオニコチノイド・有機リン農薬の危険性ー」
      黒田洋一郎氏(東京都神経科学総合研究所・客員研究員)

日時:2010年7月24日(土)
午後1:00~3:30
会場:日本青年館ホテル3階 301会議室
    東京都新宿区霞ケ丘7- 1
    TEL03- 3475- 2455
資料代:1000円(会員500円)

主催:NPO法人 ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

詳しくは下記ホームページか、後に貼りつけてあるテキストをご参照ください。
http://www.kokumin-kaigi.org/event/event_p2.cgi?action=html2&key=1 

 90年代はじめに登場した新農薬ネオニコチノイドが、急速に生態系を破壊し始めています。ヨーロッパ諸国では、この農薬がミツバチ大量死を引き起こして大問題となりましたが、その影響は日本では、もはやミツバチだけではありません。スズメやツバメ、森林に生息する無数の昆虫にも及びつつあるのです。

 九州の佐世保でニホンミツバチを飼う養蜂家『ニホンミツバチが日本の農業を救う』(高文研)の著者久志冨士男氏は、長崎県ではミツバチだけでなく鳥類なども急速に姿を消しつつあることを警告しています。まさにレイチェル・カーソンの「沈黙の春」の第8章「そして、鳥は鳴かず」が日本で現実になりつつあります。

 その他にも、ネオニコチノイド農薬だけでなく、まだ大量に使用されている有機リン農薬を含めた環境化学物質による発達途上の子どもの脳への影響についても、この分野の第1人者である黒田洋一郎氏からご講演いただきます。

 私たちが守らなくてはならないのは、これから育つ次世代の脳であり、また、ミツバチを始めとした生態系です。日本のミツバチ被害は、さらに広がっており、果物や野菜の授粉にこれ以上影響がでると、私たちの食糧問題も危うくすることを、この機会にみなさんに思い出していただきたいと思います。

講演1  「ネオニコチノイド農薬による昆虫と鳥類の消滅」
      久志冨士男氏(ミツバチたすけ隊代表・養蜂家)
報告   「海外のネオニコチノイド事情」 
      (シエラクラブなど海外環境保護団体の資料紹介) 
講演2  「環境化学物質と子どもの脳の発達障害
      ーネオニコチノイド・有機リン農薬の危険性ー」
      黒田洋一郎氏(東京都神経科学総合研究所・客員研究員)

日時:2010年7月24日(土)
    午後1:00~3:30
会場:日本青年館ホテル3階 301会議室
    東京都新宿区霞ケ丘7- 1
    TEL03- 3475- 2455
    JR中央・総武線各駅停車「信濃町」駅より徒歩9分
    JR中央・総武線各駅停車「千駄ヶ谷」駅より徒歩9分
    地下鉄銀座線「外苑前」駅3番出口より徒歩7分
    都営地下鉄大江戸線「国立競技場」駅A2出口より徒歩7分

午後3:40~午後4時40まで総会を行います。

資料代:1000円(会員500円)
申込みは不要ですが、参加人数把握のため、
ご参加希望の方はファクス(03-5368-2736)か
メール(kokumin-kaigi.syd.odn.ne.jp)でご連絡下さい。 

主催:NPO法人 ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4階 
Tel.03-5368-2735 Fax.03-5368-2736
http://www.kokumin-kaigi.org
Email: kokumin-kaigi@syd.odn.ne.jp

この講演会は、地球環境基金の助成を受けて行われます。

====================【転載ここまで】========================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次々と収穫。<ゴーヤー>

070301 最初に収穫したのより一回り大きいです (^^)

追い肥として自家製堆肥をプランターに入れたのが効いてきたのかしらん。

もう三個収穫しましたが、スープやパスタの具としておいしくいただいています。

お店で売っているのは大きくて、ヒトリの食事だと一回で一本を使い切ることは希です。でもうちのは小振りで一回使い切りサイズ! ちょうどいいです。

よそさまのお庭に植えられているゴーヤーをみると、みんな立派なサイズなので、畑でこんな小さなゴーヤーがとれることは少ないのかも知れないけれども、小さいのは小さいなりにニーズがあるんじゃないかなぁ。

小さいのがとれたときにも流通にのせてほしい、と、思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も生まれております、おチビさん。

070206どうも今年は一匹だけではなさそうです。

部屋のあちこちでおチビさん(たち)を見かけます。

ヤモリの子。

がんばって育ってね~! 

うちは殺虫剤を撒かないから、「安全・安心」な虫たちが豊富よんheart(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

webキャンペーン 「あなたの好きな海を教えてください」

生物多様性条約の国際会議が10月に名古屋で開催されます。

それに先駆けて、海の多様性や保全について考えてもらおうと、生物多様性条約市民ネットワークでは、『推薦!海洋保護区』 という、市民参加型の web site を立ち上げたそうです。

まもってゆきたいあなたの好きな海。あるいは、のこしておきたかったあなたの好きな海.そんな海の情報と写真をぜひご投稿ください、ということです。

 ←クリックすると、サイトに飛びます。

------------------【以下、転載歓迎】-------------------


みなさま

この度、CBD(生物多様性条約)市民ネットワーク 沿岸・海洋作業部会では、一般の市民の方へ「海洋保護区」への関心を持っていただくと同時に、自ら写真を投稿することで海洋保護区を推薦することのできる参加型サイト 『推薦!海洋保護区』 をリリースいたしました。


http://mpa.cbdnet.jp


----------------------------------------------------------
風景、波、生き物たち。

眺めてもつかまえても食べても、乗っても泳いでも潜っても、
私たちは海の恵みをさまざまかたちで受けています。

美しい海、豊かな海をなくさないために、いまからできることがあります。
海を守っていつまでも その幸をいただくための「海洋保護区」。

世界中で拡がりをみせていて、日本でも作ろうとする動きが活発化しています。
いまならあなたの推薦が、実を結ぶかもしれません。
あなたが大好きな海の写真を送って下さい。

思い出になってしまった海の写真も大歓迎です。
いつかその海が戻ってきてくれることを期待しつつ、推薦してください。
------------------------------------------------------------------


自ら写真投稿で参加していただくことはもちろんのこと、海を愛する方々にご連絡いただき、応援していただける方を増やしてください。
ご自分のホームページやブログ等にバナーを貼っていただくことも大歓迎です。
以下にバナー画像のURLと、直接HTMLに追加できるコードを記しましたので、ご利用ください。

バナーの画像URLはこちらです。
http://mpa.cbdnet.jp/images/banners/mpa-banner.png



以下のHTMLを直接追加していただけると、バナーが表示され、
クリックすると「推薦!海洋保護区」のサイトが表示されます。
<a href="http://mpa.cbdnet.jp" target="_blank" ><img
src="http://mpa.cbdnet.jp/images/banners/mpa-banner.png" border=0></a>

以下のHTMLは「推薦!海洋保護区」リンクを表示します。
<a href="http://mpa.cbdnet.jp" target="_blank" ><B>推薦!海洋保護区</B></a>

------------------------------------------------------
バナー利用については、特にご連絡をいただく必要はありませんが、疑問点等ありましたら、稲垣<seiji.inagaki@gmail.com> までご連絡ください。


どうぞ、よろしくお願いいたします。

---------------------【転載 おわり】----------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LED電球の使用感。

わたくし、どうも蛍光灯の明かりが苦手です。

特にコンビニやスーパーで、無駄に明るい蛍光灯の光にさらされると、もう目を開けていられません。自宅でも、ある時を境に目がチカチカするようになったので、照明器具はすべて電球にしました。

電球は得られる光量の割には消費電力が大きく、二酸化炭素の排出量が多いので、蛍光灯への移行が推奨されていますが、こればかりはゆずれません。(それに蛍光灯は製造や廃棄の過程における環境負荷が大きいときいたよ?)

062701が、最近、LED電球なるものを電気屋さんで見つけました。

消費電力は格段に減ります。また、これまで電球を使用していた照明器具(調光機能無し)で使えるというので、試しに一つ購入しました。

これまで40W電球一つで照らしていた部屋の電球を、

「真下では60W相当、周辺は30W相当」

のLED電球に変えてみました。LEDの光は電球と比べると、広がりにくい特性があるらしい。

070102「真下で40W相当」のLED電球もありましたが、手元がもう少し明るいといいな…と、思うことがあったのと、まわりがかなり暗くなりそうなのとで、「60W相当」を購入。

うん、確かに真下は明るい! そうして、周辺はうっすら暗くなった。…けど、周りが暗いのは数日で慣れました。

蛍光灯のように目がチカチカしないし、電球みたいに暑くない! 

…いや、本来は「熱い」んでしょうが、頭の真上に電球があると暑くなるんですよ、電球の発する熱で。なんたって、沖縄の夏の夜は暑いですから~。

なお、夜はまったりモードに入りたいので電球色を選びましたが、蛍光灯のように白い色のLED電球もあります。

LED電球はまだまだお高いです(メーカーやタイプによって2000円以上、4000円くらいまで?)。でも、消費電力が減る分、電気代は安くなるので、1~2年で元が取れるようです。それに、通常の電球は1年くらいで切れてしまいますが、LED電球は8年くらい持つようですので(うちでの使用時間から算出)、長い目でみれば、お得、かも???

あとは製造と廃棄でどのくらい環境負荷がかかるのか、気になるところですね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »