« すべてのピースはうまくはまるのだ。 | トップページ | すごい人生 »

どうにか快復。

昨日は憲法記念日でした。

20年以上経つのに、この日になると唐突に、高校の社会科の先生が繰り返していた、「ケンポーキネンビ!」っていう独特の口調を思い出してしまうワタクシです。

今年は「九条」関連の話題があまりニュースに流れませんでしたね。民主党政権になって、憲法を変えるなんていう話が出なくなったからでしょうか。それはそれで、ありがたい変化です。

それより上海万博とか「米軍移設」の話題が圧倒的に多かった。「米軍移設」だって、現政権にならなければこんなに期待が膨らむこともなかったわけで、ぐらぐら揺れてはいるけれど、やっぱり政権交代があってよかったと思います。

揺れている弥次郎兵衛を叩けばますます激しく揺れるだけ~。どこかでそっと支えて差し上げることも必要ではないでしょうか…、と、思ったりする今日この頃。

ところで話は一気に生活臭を帯びて来るんだけれども。

今朝は比較的スッキリ起きることができたので、たまりに溜まった家の仕事のイロイロを片づけてしまうことにしました。

そのひとつが、食器の水切りラック「磨き」。

ステンレス製にも関らず、激しくさびてしまって、食器を置くたびに「なんだかな~」と思っていたのでした。

荒削りのところはサンドペーパーを使いましたが、腐食が進んでいるところはサンドペーパーでは磨ききれない! そんなわけで、あとはちまちまとマイクログラインダーで削ることに。

でもご家庭用のマイクログラインダーは、過熱を防ぐために5分使ったら10分休まないといけない。あぁ、またしてもモウレツに時間のかかることをしているなぁ。

10分の休憩中に、これまたものすごく生活臭のするモノを作り始める。

洗濯ばさみがいっぱいついている物干しっていうんですか、某通販カタログには「ピンチハンガー」って書いてありますけど、あの、靴下とかハンカチとかの小物を干すヤツね。

むかーし買ったプラスチック製のが激しく劣化をはじめて、さわるとざらざらと粉が出るのです。再度プラスチック製を買う気はしないし、かといって、ステンレス製でも錆びるし、土にかえらないしねぇ。 で、また竹で作ることにしました。

竹は以前海辺で拾ってきた立派なもの。鉈で適当な太さに割って、節をとり、割口を削ってささくれが出ないようにきれいにして… これまた時間がかかることをはじめてしまった。

水切りラックみがきとピンチハンガー製作を交互にすすめておりましたが、水切りラックの方が昼頃磨き終わりました(というか、作業に飽きてホドホドでやめた)。

042919

ピンチハンガーのほうは、夕方前に、部品ができたところで今日の作業終了。気がついたら手やら足やらいろんなところにとげが刺さっていた。

以前テレビで見た、竹細工を生業にしていた人の、手の皮の分厚かったことを思い出していた。

写真は内容と関係なく2010年4月29日、泡瀬干潟にて。

|

« すべてのピースはうまくはまるのだ。 | トップページ | すごい人生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/48306187

この記事へのトラックバック一覧です: どうにか快復。:

« すべてのピースはうまくはまるのだ。 | トップページ | すごい人生 »