« うまそうなものいろいろ | トップページ | 「干潟の消失」と「上関原発計画」がビッグイシューに登場! »

中国青海省地震

なかなかまとまった情報が得られないので、インターネットで細切れの報道を集めて自分なりに現地の様子を想像している。

被災地は海抜3700m以上。建物は9割が倒壊、地震当日の夜は-15度以下まで気温が下がったとも伝えられている。

救援隊の一部は高山病の症状で動けず、また被災地の住民の多くはチベット族で、救援隊と言葉が通じにくいこともあり、捜索活動は難航しているそうだ。

土砂をかぶって通行困難になっていた道路は何とか復旧したものの、橋にヒビが見つかって大きな輸送車は通れないとの情報もあった。さらに救援物資を運ぶ飛行機は、高地で離着陸できる特殊な装置を搭載したものが必要で、パイロットも特別訓練を受けていないといけないとか。

報道では救援を待つ人々の姿は浮かび上がってこないのだけれども、相当困難な状況に置かれているようで、とても気がかりだ。

なにかできないかと思うけれども、プロの救援隊ですら動けなくなる高地へわたしが行ったとしても、活動できるだけの体力の自信がない。せめて救援活動を支える募金をしようと思っている。

現在、為替レートは 1元14円程度。

中国で1元あれば、屋台で菓子パン一個くらいは買える。日本の100円ショップに並んでいるような商品が、北京の1元ショップに並んでいるのも見た。ペットボトル入りの飲料水は1.5Lで2~3元していたけれども、それでも当時のレートでせいぜい45円だった。

どれも5年前のことだけれど、為替レートはそれほど変わっていないし、中国の物価もそれほど急騰はしていないようだ。

生活者の視点から見た、この為替レートのアンバランスについては思うところもあるけれど、現状では日本人にとってわずかのお金でも、現地に送られればそれなりの価値を持つ金額となることは確かだ。

中国青海省地震被害の救援金について調べてみたら、日本赤十字社が受け付けていることがわかった。

救援金窓口  郵便局・ゆうちょ銀行
口座番号   00110-2-5606
口座名義   日本赤十字社
受付期間   平成22年4月15日(木)~平成22年5月31日(月)

※振替用紙の通信欄に「中国青海省地震」と明記してください。

詳しくは下記サイトをご覧ください。

日本赤十字社 中国青海省地震被害の救援金を受付けます
           救援救護活動_国際 【(速報)中国青海省地震】

|

« うまそうなものいろいろ | トップページ | 「干潟の消失」と「上関原発計画」がビッグイシューに登場! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/48110763

この記事へのトラックバック一覧です: 中国青海省地震:

« うまそうなものいろいろ | トップページ | 「干潟の消失」と「上関原発計画」がビッグイシューに登場! »