« 神戸空港のハクセキレイ | トップページ | 今日の収穫;大根葉と花、それから青ネギ。 »

カボチャの種で「みずうみ」と「会議」。

甥のトラオは一年ほど前までほとんど三単語で話していました。例えば「トラオ ご飯 食べる」とか「トラオ バス 乗る」 とかね。で、興味のない単語は口に出さないし、自分の要求はおおむね擬音語擬態語満載の手振り身振りで相手に伝えるという手法をとっていました。

が、しかし。

去年の秋に会ったら急に「てにをは」が使えるようになっていて、発話中の語彙数も急速に増えており、内面的な部分が猛烈な勢いで人類として成長している様子を興味深くみておりました。

さて今回。

外見も幼児から少年へと成長していて驚きましたが、なんとトラオ、誰にも言われないのに、ひらがなを書いたり、足し算の練習をしたり、せっせと「お勉強」をはじめておりました。

トラオの母(わたしの妹デス、以下トラ母と略す)は、「いったい誰に似たんだろう~?」と、笑っております。

お勉強に興味があるのはいいのですが、しかし、足し算をひとりで解くのはまだ難しいようで、トラ母はたびたび仕事の手を止めて、トラオにつきあわされております。

「2たす3は…」 トラオはそこで、トラ母の指を数えます。
「1・2・3・4・5 ご!」
「ピンポーン!正解。」

「あぁ、ひとりで遊んでくれたら楽なのにねぇ…」 

032303思い出したのは小学一年生の頃、足し算や引き算の練習におはじきを使っていたこと。あれのかわりにとりあえず、台所で乾かしていたカボチャの種を紙箱に入れてトラオにわたしてみました。

が、オトナの思惑通りには使っちゃくれないのがコドモってもんで。

「さんすうよりも、みずうみが いいな。」 
「え? みずうみ???」 

と不思議がるわたしとトラ母を見ながら、トラオは得意げにカボチャの種の入った紙箱を傾けはじめました。

「ザーッ、ザーッ!」 
「波の音ですかっ! 思いつかんかったわ~!!」 と、トラ母とわたし、大ウケ。

さらにトラオ、しばらくすると今度は種を箱から取りだし、卓上カレンダー付属のシールを器用に貼りはじめました。

032301できあがった種がこちら。

会議の種。記念の種。出張の種。でんわの種。びっくり!!!の種。

うーん、うーん、本当にまったく思いつかなかった遊びだ…

トラオよ、もっと達者におしゃべりできるようになっても、こういう感性は失わないでね~。と、トラオバ(わたくしのことですね)はひそかに願っております。

トラオ、6歳の誕生日おめでとう。

|

« 神戸空港のハクセキレイ | トップページ | 今日の収穫;大根葉と花、それから青ネギ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/47932810

この記事へのトラックバック一覧です: カボチャの種で「みずうみ」と「会議」。:

« 神戸空港のハクセキレイ | トップページ | 今日の収穫;大根葉と花、それから青ネギ。 »