« 地震速報。 | トップページ | プルシェンコのパフォーマンス »

規律や常識は時々疑ってみたほうがいい。映画『THE WEVE』を観て。

The_wave桜坂劇場で「ズシン」とくる映画を見てしまった。

『THE WAVE』

去年、この映画の存在を知ったときから観たいと思ってはいたのだけれど、強烈でしたよ~。

ある高校で、政治について学ぶ週間が設定される。そのなかの選択カリキュラムに「独裁政治」があり、実験的な授業が行われるのだが…。実話をもとにつくられた、リアリティのある内容だ。

規律。統制。相互扶助。一つ一つは悪いことじゃない。集団生活では必要なことだ。いや、むしろ推奨されていることがらではないか?

教師は熱心に授業の組立を研究して実験をはじめる。生徒達も熱心にそれに応えようとする。

なのにどうしてこうなってしまったのだろう。リーダー独りが悪いのか? 

そうじゃないよね。 ならば、わたしはどうだろう。このシステムにはまってしまうだろうか。物語に登場する、自分と性格の似た生徒に自分を重ねて観てしまう。

他人からの評価ばかり気にしていた頃なら、おそらく真っ先にはまっただろう。わたしがもし先の大戦中に小学生だったら、きっとりっぱな軍国少女になっていた。

でも今のわたしなら、多分はまらない。でも100%の自信はない。

違う考えを持った人を排除しないこと。対話すること。時々は「規律」や「常識」を疑ってみること。なんにしても「思考停止」に陥らないことだ。肝に銘じておこうと思った。

ものすごーく後味の悪い映画だけれども、たくさんの人に考えて欲しい内容満載だ。
2008年ドイツ国内映画の興行成績No.1、数々の賞も受賞している。ぜひ観てください。

桜坂では2010年3月5日(金)まで、毎日夜8時から一回だけ上映。

『THE WAVE』 公式ホームページ → http://www.the-wave.jp/
掲載写真は映画のチラシより。

|

« 地震速報。 | トップページ | プルシェンコのパフォーマンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/47695747

この記事へのトラックバック一覧です: 規律や常識は時々疑ってみたほうがいい。映画『THE WEVE』を観て。:

« 地震速報。 | トップページ | プルシェンコのパフォーマンス »