« みりんを仕込みました。 | トップページ | 【上関】中国電力が祝島住民とカヤッカーを提訴 »

パソコンをリサイクルに出しました。

19971003このところ古いパソコン周辺機器を処分すべく、データの整理をしていました。

フロッピーディスクのデータは2~3年前に整理しおわっていましたが、そろそろ一般向けの販売もおわりそうなMOのデータをまだ吸い上げていなかったので、せっせと作業していたのです。

↑ MOに保存してあったデータより。1997年10月兵庫県北部にて撮影。

わたしの使っていたMOドライブは外付けで、SCSIケーブルでつなぐタイプ。しかし、いまメインで使っているパソコンにSCSIボードは入っていません。

いまさらSCSIボードやUSBの変換器を買う気もしないし…、結局MOドライブを使うためだけに、SCSIをつなぐことができる古いノートパソコンもそのまま置いてあったのです。

12月上旬、やっとMOのデータをメインのパソコンに吸い上げ完了。外付けのHDにもバックアップをとり、晴れて(?)MOドライブと古いノートパソコンはお役御免になりました。

さて、このノートパソコン、1998年12月に買ったので、もう11年も前のものです。最近のパソコンは販売価格にリサイクル料金も含まれていますが、98年に買ったときにはリサイクル制度すらなかったのでは…。

そんな古いパソコンでもメーカーは引き取ってくれるのか!? メーカーは富士通だったので、富士通のホームページで調べてみました。

そうしたら、ちゃんと引き取ってくれることがわかりました。リサイクル料金は3150円。こちらからリサイクル窓口へパソコンを送るための送料も込みです。申し込みから廃棄までの流れはこんな感じ。

1.まずはwebの申し込みフォームに必要事項を記入する。
2.メーカーから「エコゆうパック」のラベルが送られてくる。
 ※「エコゆうパック」というのは、パソコン排出のための郵便小包の呼び名のようです。着払いになっています。
3.パソコンを梱包したら「エコゆうパック」のラベルを貼って郵便局から発送。

以上。リサイクル料金はパソコンがメーカーに到着してからのお支払いになっているようです。

長らくうちで働いてくれたパソコンに感謝しつつ、ハードディスクに穴を開け、簡単に梱包して送り出しました。メーカーに到着したパソコンは分解されて、原料レベルでまたほかの製品となってめぐってゆくのだね~。

それにしても。

まだ動くパソコンや周辺機器を廃棄処分するというのはやはり「もったいない」と思ってしまいます。まぁ、動くと言ってもすでにいろんな意味で使えなくなってはいるのですが…。

たとえば鉛筆ならいくら古くなっても使えるし、折れてもちびても工夫次第でけっこう使えるんだけどな~。ハイテク機器ほどもったいないことになるなぁと、あらためて感じたのでした。

あ、それからもうひとつ。エコゆうパックはコンビニや簡易郵便局からは出せないんだそうです。集荷もしれくれるから、街に住んでいればまったく困らないけれど、簡易郵便局から出せないとなると、困る人はけっこういるんじゃないのかな。

簡易郵便局って人口の少ないところに多いでしょ? そういう場所でこそ、郵便事業、きちんとして欲しいよね~。「集荷もします」っていったって、たとえば島なんかだと、どこか大きな郵便局から集荷に来てくれるとも思えないし…。離島や過疎地対象の特別措置ってあるのかしら。

|

« みりんを仕込みました。 | トップページ | 【上関】中国電力が祝島住民とカヤッカーを提訴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/47046393

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンをリサイクルに出しました。:

« みりんを仕込みました。 | トップページ | 【上関】中国電力が祝島住民とカヤッカーを提訴 »