« 古い街で駐車場が増加中。 | トップページ | パソコンをリサイクルに出しました。 »

みりんを仕込みました。

121403レシピはいつも通り、『男の趣肴ホームページ』
http://www.ajiwai.com/index.htm 参照です。

※作り方は、上記ホームページから「日本の伝統食品編」7番、「本醸造みりん」を探してみてね。

もち米(2合)に市販の乾燥麹一袋(200g)と焼酎(35度推奨、600cc)があれば、簡単に仕込むことができます。

半年寝かせて絞ったら、酒税法対策に塩を入れてできあがり。酒粕もいろいろに利用できてたいへんにお得。

仕込んだばかりの時には乾燥麹がぐぐーっと焼酎を吸い込むので水分が不足して見えますが、時間が経てばちゃんとみりんができてくるからアラ不思議。

ところで、上述のレシピでは焼酎600ccとなっていますが、わたしは去年の仕込みから、ほかの材料の分量はそのままに、30度の泡盛を700cc使っています。

泡盛もざっくりいえば焼酎と同じ蒸留酒なのでそこは問題ないでしょう。沖縄では「焼酎」より泡盛の方が安いのダ。

さらにいうならば、35度と30度、600ccと700ccの仕上がりの違いが、ワタシにはわからん ( ダバダー、違いのわからんオンナ)。…ということは、700ccのほうが出来上がり量が増えるわけで♪ 泡盛はだいたい30度までだし。あははー。

と、いうわけで、はじめはレシピどおりにつくってみて、あとはいろいろと実験してご自分にあったレシピを見つけるのもよろしいかと思います。(^o^)

|

« 古い街で駐車場が増加中。 | トップページ | パソコンをリサイクルに出しました。 »

コメント

アルコール濃度が低くなると酢酸菌が活動しだすので
気づいた時には酢になっていますから要注意です。
本物の味醂は美味いですよね、焼酎割りにしたりして呑んでます。

投稿: wo | 2009年12月18日 (金) 17時55分

woさま

コメントありがとうございます。

そうそう、ホンモノのみりんは複雑な味わいで、ちょっとねかせると紹興酒のような香りも出てきてとても美味しいです。

市販品なら「三河みりん」がオススメで、これなら「お屠蘇にみりん」も頷けます。ニセモノは美味しくないので、本物の味を知るまで、どうして正月からこんなマズイものを飲むのだろうと不思議に思っていました。

砂糖が高価だった時代に飲まれた甘い酒は、たいへん贅沢な気分にしてくれたことでしょう。

ところで、じつはお酢ももつくってみたいと思いつつ、酒が酢になるまで待てません…!(笑) そんなわけで、自分で仕込んだ梅干しの副産物である梅酢は重宝しているものの、米酢はいまだに買っています。

なお、『男の趣肴』ホームページでは、「酒税法対策」のため、絞ったあとのみりんに塩を入れて出来上がりとしております。念のため。

投稿: ミズマ | 2009年12月19日 (土) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/47037747

この記事へのトラックバック一覧です: みりんを仕込みました。:

« 古い街で駐車場が増加中。 | トップページ | パソコンをリサイクルに出しました。 »