« 神花山(じんがやま)のドングリ | トップページ | 栗の渋皮煮入りのパン »

虹のカヤック隊の仲間たち

上関原発計画を止めようと行動している、「虹のカヤック隊」のみんなはどうしているかな~と、気になって仕方がありません。なんだかやっぱりまだマブイ(魂)は上関あたりをウロウロしているようです (^^;)

1106_0708カヤック隊に参加していたのは、祝島のみなさんに心動かされた人、上関の美しい自然をそのまま未来の世代に伝えたい人、原発そのものに不安や疑問を感じている人、いろいろですが、20~30代の人が中心でした。

もちろんもう少し先輩もいますし、年齢がそのままあだ名になってしまっている(!?)「18歳!」君もいました。

※写真は田ノ浦に待機中のカヤック。左奥に見える島影が祝島。

少し前まで何かの運動団体の人たちというのは、「辛いことは美しい」とか「苦しいことは美しい」というような運動美学を持っている人が多くて、「オレがこれだけ何もかも捨ててがんばっているんだから、オマエもガンバレ。」というような無言のプレッシャーを感じることがあったのですが、虹のカヤック隊にはそういう雰囲気は感じられませんでした。

地元の人もいるけれど、遠くから参加している人もいます。
「ここに原発がつくられれば、その電気は広島にも送られてくるから」と、広島から来ている人。
「これは瀬戸内全体の問題だ」と、四国から来ている人。
旅をしているうちに出会った祝島に惚れ込んじゃって、ここにいる人。エトセトラ、エトセトラ。

まるっきり生活全部がカヤック隊に浸かっているらしき人も何名かいましたが、多くは生活者であり、自分の生活とのやりくりをしながら参加している様子でした。

メンバーはだから完全に固定されているわけではなく、わたしのように気になってちょっとやってきた旅人に対しても非常にオープンでありました。さらにはまわりに良き理解者や支援者がいて、この小さなコミュニティーは風通し良く気持ちの良い仲間たちでした。

メンバーたちの思想信条も様々です。
もともと環境問題に関心があって、自分の地元にもダムとか、基地とか、原発とか、埋立とか、いろいろな問題を抱えつつ、上関のことが気にかかってやってきた人。
平和運動に関っているうちに原発の問題にも関心を持って、やってきた人。

なにより印象に残ったのは、環境にも平和関係にもなーんにも興味がなかったのに、いまカヤック隊にいるF君の話でした。

「オレ、ここにかかわる前は全然フツーだったんすよ。環境とか興味なかったし、車大好きだし。で、なんだか日本はダメだって思っていて、ニュージーランドに一年くらい行ってたんですよ。その海辺の風景がとっても気に入っていて。

でも、日本に帰ってきて、ここ(田ノ浦)に来たら、なんだこりゃって、思った。ニュージーランドでオレが気に入っていたのと同じ風景が、こんな近くの、こんな足下にあったんだ。

だけどここには原発の計画があって、それをやめさせようと思ってこんなにがんばっている人がいるって、そのときはじめて気づいた。日本も、まだまだ捨てたモンじゃないって思って、それでいまここにいるんだ。」

フツーの車好きの青年が捕らえられてしまった風景。こんなふうに人の心を捕らえるナニカが、田ノ浦にはある。様々な背景を持った人たちがすごい団結力を見せるのは、その一点で繋がっているからではないか、という気もするのです。

田ノ浦の浜で寝転がって風に吹かれ、空を眺めたとき、「これが『阻止行動』の最中でなく、ただの行楽だったら、どんなにすばらしかっただろう」と、思ったものです。

上関原発問題が気になっている人、ぜひ一度現地に足を運んでみてください。

行けないけれども気になる方へ。

先月発売された写真雑誌『DAYS JAPAN』 2009年11月号で、上関問題について大きく取り上げられ、緊急増刷されたほど売れているそうです。ちなみに、わたしは当地を歩いたあとにこの雑誌を読みました。雑誌発売から何日かは「DAYSを見ました。お話を聞かせてください」と、テント村にやってきた人もいたようですが、わたしが行ったときにはそういう人はもういませんでした。

【上関原発に関する情報が得られるサイト】
 ◆RadioActive 
 ◆上関原発 最新情報 
 ◆長島の自然を守る会 スナメリ通信 
 ◆上関原発を建てさせない祝島島民の会 
 ◆STOP!上関原発 

|

« 神花山(じんがやま)のドングリ | トップページ | 栗の渋皮煮入りのパン »

コメント

こんにちは。
「虹のカヤック隊」は現在どうなっているのか、私も気になっておりました。
調べていたらここにたどり着きました。
申し上げたいことはものすごくいっぱいあります。
でも、ここに書くべきことではないので、控えさせて頂きます。

投稿: こうばるほずみ | 2014年5月 6日 (火) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/46801241

この記事へのトラックバック一覧です: 虹のカヤック隊の仲間たち:

« 神花山(じんがやま)のドングリ | トップページ | 栗の渋皮煮入りのパン »