« 十五夜 | トップページ | 生姜を植えてみる。 »

地面にお化粧

お向かいにあった趣のある小さな4件の家は、8月下旬、わずか一週間で破壊から撤去まで終わってしまい、無常を感じたものでした。

その土地は、ひとつきほど更地のまま売りに出されていたのですが、実はコンクリートの基礎部分がまだそのまま残されていたのでした。

10月にはいると、突然ショベルカーとトラックが乗り込んできて、コンクリの基礎を掘り起こし、どんどんトラックで運び出し始めました。そうして、またまたカビの胞子が風に乗り、ドッカーン!と爆弾のようにうちにやってくるので、作業時間中、避難する場所に困りました。臭うだけならともかく、咽せるし肺や喉や鼻は痛いし、肌は痒いしマイッタ、マイッタ。

3日目には風向きが変わって、カビがうちに飛んでくることもなくなり、ホッと一安心。

それにしも作業の早いこと、4件分の基礎が3日ですっかり掘り起こされ、整地され、アッという間に住宅建設会社の「分譲現地説明会場」に早変わりしてしまいました。

それにしても。これから家を建てるなら、また掘り起こして基礎を打たないといけないのに、整地した地面にわざわざ白い砂利を敷いているのには笑っちゃいました。わたし、その作業を見ていたときには、てっきり駐車場になるんだと思ったのですが、地面が白いと、黒いより高値で売れるんだろうか??? 

化粧箱に化粧板、いろんなところで「化粧」という言葉を目にするけれども、地面にまで化粧を施すとはなんと化粧好きな文化だろう!

1004

|

« 十五夜 | トップページ | 生姜を植えてみる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/46401371

この記事へのトラックバック一覧です: 地面にお化粧:

« 十五夜 | トップページ | 生姜を植えてみる。 »