« マグロのかま、200円也。 | トップページ | 地面にお化粧 »

十五夜

100302 十五夜に、なにをお供えしますか?

わたしが子ども時代を過ごした関西や関東では、ススキを飾り月見団子を供えて月を愛でる、というのが一般的だったような覚えがあります。

また地域によっては団子ではなくモチだったり、さらに栗や里芋を供えて今年の収穫に感謝する、と言うところもあるそうですね。

さて沖縄では、フチャギ、またはフチャギモチとよばれる、小豆をまぶしたお餅をお供えします。

はじめてこれを見たときには、沖縄的おおらかさが前面に押し出された豪快ななおはぎもどき、に、見えました。構成要素は同じだからね。ただし、沖縄の餅は、餅粉を水で練って蒸したものです。

フチャギは、まずヒヌカン(火の神様)とお仏壇にお供えして、お月見をしながらそのお下がりをいただくようです。

お店で売っているのは砂糖で甘くしたものがほとんどですが、昔、各家庭で作っていた頃には何の味付けもしなかったと、以前、職場の先輩から聞きました。確かに餅+小豆だけでも十分おいしいと思います。

沖縄ではまた、十五夜の日(つまり旧暦8月15日)に綱引きをするところが多いそうで、漁師町で有名な糸満や、最近よくわたしが歩き回っている那覇の浮島通りでも、この日に綱引きをするということでした。

が、本日、そんなことはすっかり忘れて一日中本を読んで過ごし、思い出した頃には日も傾いていました。台風の余波で空には厚い厚い雲がかかっていて、そんなわけで外に出ることを思いつかなかったのでした。もちろん、十五夜のお月様も拝めませんでしたが、お月様はわりと日常的に見ているのでまぁいいか。

来年は糸満か浮島に出かけてみよう!(っと、備忘録)。

|

« マグロのかま、200円也。 | トップページ | 地面にお化粧 »

コメント

ふちゃぎを作って食べました。久しぶりの味!

投稿: かちゃん・ぱんじゃん | 2009年10月 9日 (金) 11時29分

かちゃんさま

おぉ~! いいですねぇ、手作りのフチャギ。

わたしは、おはぎは作ったことはあるのに、フチャギはまだつくったことがありません。今回も買ったのを写真に撮りました。

いまは化学物質過敏症のため、外食も加工食品を買い食いすることもほとんどできません。

それでかえって、食べられそうなお菓子や加工食品があると嬉しくなって買ってしまうのデス。ま、たまのゼイタクということで… (^o^)

ちなみにこのフチャギは宜野湾にある「吉兆」という和菓子屋さんで作られたものです。ここの餅類はどれも良心的な材料で作られているようで、いままで中たったことがありません。

よそのは乳化剤とか保存料とか、恐ろしげなものがいろいろ入っています…

投稿: ミズマ | 2009年10月 9日 (金) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/46391719

この記事へのトラックバック一覧です: 十五夜:

« マグロのかま、200円也。 | トップページ | 地面にお化粧 »