« アイロンを新調 | トップページ | 泡瀬埋立 一期中断、二期中止 !! »

 関空は提灯、伊丹は?

0917028月に帰省したときには関西空港を使いました。

すっかり暗くなってからの着陸で、空港のターミナルビルと鉄道の駅とを結ぶ連絡通路には明かりのともった提灯がぶら下がっていました。

提灯には航空業関係の社名がズラリ、縦書きのローマ字やカタカナが和モノの提灯にはなんだか不釣合いで、面白く感じたのでした。

091701さて今回は伊丹便にしたのですが、そうしたら、空港のターミナルビルとモノレールの駅とを繋ぐ連絡通路には、燈籠が置かれていました。

こちらは京都のあたらしい(?)風物詩「花灯路」を拝借してきたようです。

でもこの燈籠、骨組みから籠の部分までが金属で、ちょいと無骨に見えます。夜、火が灯されたらまた違った雰囲気に見えるのでしょうか。

それにしても関空は提灯、伊丹は燈籠、張り合っているみたいでちょっと面白く感じたワタクシでありました。

|

« アイロンを新調 | トップページ | 泡瀬埋立 一期中断、二期中止 !! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/46248839

この記事へのトラックバック一覧です:  関空は提灯、伊丹は?:

« アイロンを新調 | トップページ | 泡瀬埋立 一期中断、二期中止 !! »