« 青き稲葉と空蝉と | トップページ | 貫きとめぬ珠ぞ散りける »

ジュズダマ

081303upこれも妹の家の周辺で見つけたもの。

ジュズダマ。

子どもの頃、秋に熟したジュズダマの実を夢中で集めた。

茶色の模様が入ったものもあったけれど、多くは暗い灰色から白のまだらで、けれどもすっかりと色彩を失っているわけでもなく、光の加減によってはどこか褐色や青みがかっているようでもあり、

植物なのに磁器のような滑らかさで、大きさも形も揃っており、

081302up人が磨き上げた宝石なんかよりもよっぽど完成度の高いタカラモノに見えた。

わたしは子どもの頃から装飾品をあまり好まなかったけれど、この実を木綿の糸で連ねたブレスレットやネックレスだけは、なんの躊躇もなく身に着けていた。

インドなど熱帯アジア原産らしい。日本には随分古い時代に伝えられたとか。ハトムギの原種だそうな。

|

« 青き稲葉と空蝉と | トップページ | 貫きとめぬ珠ぞ散りける »

コメント

ゴメンなさい。ブログの内容には関係ないコメントです。
グーグル検索のキーワードを「干拓 filetype:txt」とした結果に次がヒット
しました。

http://haiyue.cocolog-nifty.com/blog/files/Isahaya_Seimei.txt

グーグルからジャンプすると文字化けするようです。このテキストファイルの
文字コードはshift_jisになっています。これをutf-8に変更するとハッピーに
なれます。

投稿: maruyama | 2009年8月23日 (日) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/45940057

この記事へのトラックバック一覧です: ジュズダマ:

« 青き稲葉と空蝉と | トップページ | 貫きとめぬ珠ぞ散りける »