« 魅惑のフジツボ本 | トップページ | 今日のお客さん ; バッタ »

フジツボのペーパークラフト

というわけで、『フジツボ 魅惑の足まねき』という本にすっかりはまったワタクシは、巻末特別付録(!?)、フジツボのペーパークラフトにも挑戦してみました。

071605f_原版はB6サイズ2枚分ですが、それぞれA5版に拡大コピーして、デザインカッターで切り抜きました。

羽のような脚 (蔓脚といふらしい) も一本ずつきれいに切ったら、作業開始から全部切り終わるまで一時間かかりました。

でも、作業をしている間は、頭ん中空っぽ、ナーンモ考えずにすむので、ものづくりは時間がかかっても全然苦になりません。

071607f_組立は、説明書きを眺めているととても複雑そうに見えますが、型紙に記されている番号を合わせて貼りあわせていくだけなので、実は簡単です。

ただし、折り線は、爪やインクの出なくなったボールペンなどであらかじめ筋を付けておいた方がきれいに折れます。

もしもフジツボが殻を脱いだら、中身はこんな感じなんだって。おもしろい~!

071609fあとはまわりの殻をかぶせてできあがり。

我が家に先住していたフジツボたちと記念撮影。

花器にしているウズラガイの仲間は、フジツボが気に入って大分の海辺で拾ってきました。

フジツボがアクセントになっている漂着木材のメッセージプレートは、10年ほど前、屋久島の友だちが作って送ってくれたものです。もうはがれてしまったけれど、誕生日を言祝ぐ和紙が貼られていました。

記念撮影のあと、ペーパークラフトのフジツボは、さらに進化しました。蔓脚にまるい鉛筆でカールをつけたら、もっときれいな扇形に開くようになりました。

◆フジツボのペーパークラフト(型紙のPDFファイル)は、次のサイトからダウンロードできます。作り方やウンチク(!?)も載っています。

北里大学 海洋基礎生産学研究室
http://www.kitasato-u.ac.jp/fish/contents/lab/l22_n/index.htm

これ、すごくいい教材になると思いますよ~!

|

« 魅惑のフジツボ本 | トップページ | 今日のお客さん ; バッタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/45652439

この記事へのトラックバック一覧です: フジツボのペーパークラフト:

« 魅惑のフジツボ本 | トップページ | 今日のお客さん ; バッタ »