« うちの同居人(?)が増えました:ヤモリの子 | トップページ | [署名]STOP!プルサーマル~佐賀県玄海原発3号機の計画中止を求める »

胃の腑に沁みる手作りジンジャーエール

072302

ひとつき前のことじゃった。

ナゼだかねぇ…、

化学物質過敏症になっていても、年に一度くらいは、モウレツ体に悪そーな、コーラとかジンジャーエールを飲みたくなるときがあるんです。

ちょうどそんなとき、いつも行くエコショップで有機栽培の生姜を見つけました。

これは作るしかない! 確か、保存食づくりで参考にしているホームページにジンジャーエールの作り方も載っていたぞ…

『男の趣肴(しゅこう)ホームページ』  http://www.ajiwai.com/otoko/index.htm

左のフレームのずーっとずーっと下の方、「ヨーロピアンフード編」を辿っていくと…、あった、あった。

手順はだいたいこんな感じ(分量は4杯分)。

生姜100gをすり下ろし、100gの水と同量の砂糖、唐辛子1/2本、丁字2粒、肉桂ひとかけらと一緒に鍋に放り込んで加熱し、火を止める直前にレモン汁1/2個分を加える。液体を漉したら原液の出来上がり。水や炭酸水で好みの濃さに割って飲む、と。(※詳しくは『男の趣肴』でご覧になってね) 

わたしは砂糖を少な目のはちみつに、レモンもなかったので梅のサワードリンクにかえて作ってみました。

炭酸で割って飲んでみると、味のバランスは悪くない。悪くない、んが、しかしっ! 

「効っく~!!!」 

辛い。辛いっス!! 子どもには刺激が強すぎる。オトナの味でしすよ、こりゃ。ムフフフフ。

それにしても、なんだなんだ? 胃がほわ~っと温かくなってくるぞ…。 あ、そりゃそうだ、考えてみれば生姜も唐辛子も丁字と肉桂も、みーんな体を温める作用があるノダ。

これはつまり、「砂糖を入れすぎなければ」十分健康飲料じゃないか。……そういえば起源は薬だときいたことがあったような、なかったような…??? (←注意!かなりアヤシイ情報デス!!)

そうそう、ジンジャーエールの原液を絞った「かす」の方も十分味が残っていたので、同量のはちみつとともに小瓶に入れて、冷蔵庫で保存しておきました。

これはこれで重宝しましたよ。お湯で溶いて生姜湯のようにしたり、タイ風汁ビーフンの隠し味に入れたり(甘酸っぱ辛いのでばっちり合いました)、パンにのせたり、ね。

|

« うちの同居人(?)が増えました:ヤモリの子 | トップページ | [署名]STOP!プルサーマル~佐賀県玄海原発3号機の計画中止を求める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/45826782

この記事へのトラックバック一覧です: 胃の腑に沁みる手作りジンジャーエール:

« うちの同居人(?)が増えました:ヤモリの子 | トップページ | [署名]STOP!プルサーマル~佐賀県玄海原発3号機の計画中止を求める »