« 映画 『子供の情景』 | トップページ | ビワの新芽 »

母のお下がりとファイルの再利用

母はそれなりに身だしなみに気を使う人でした。一方のわたしは、あまり外見にこだわりません。いまでも、清潔ならいいじゃん?という程度の認識しかありません。 

こんな状態ですから里帰りの度に、母はひそかに嘆いていたようです、わたしの服の、あまりのぼろさ加減を。(本人、ぼろだとは思っていないのですが)

なぜ気づいたかというと、わたしが里帰りする度に母は、「自分にはもう派手だから」とか、「ちょっとサイズが大きい」とか言って、服のお下がりを一枚くれるのです。あまりにも毎回続くので、やっと気づきました。

そうして、わたしが少しはまともな服装をして帰るようになってからは、服のお下がりは途端に頻度が減りました。

お下がりの服はしかし、着ていれば確実にぼろくなってゆきます。「清潔ならいいじゃん」程度の目で見ても、すでに着るには難がある開襟シャツが一枚…。確か、18年ほど前にもらって、以来、ずっと大切に着てきたものです。

071202ところでわたくし、よく二穴式紙ファイルを使っております。

中身が不要になったらタイトル部分に紙を貼り、別のあらたな資料をファイリングしたり、紙ファイルそのものを裏返して使ったりもしています。(くわしくは 2穴式紙ファイルの3段活用法 をご参照ください。)

で、これもよくやる手ですが、表裏まんべんなく使ってちょっとくたびれてしまったら、布や紙を貼ってもう一度使います。

母のお下がりの服。母がこれを着ていた記憶はないけれど、でも、もらった時点で新品ではなかったから、やっぱり着ていたんだろうな。

手前の青と茶色のプリント生地がそれです。色あせて、生地全体が弱っても、貼って使う分には問題ないもんね。

服をくれた人はもういないから、せめてもの再利用。あと5年は、確実に使えます。

|

« 映画 『子供の情景』 | トップページ | ビワの新芽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/45625166

この記事へのトラックバック一覧です: 母のお下がりとファイルの再利用:

« 映画 『子供の情景』 | トップページ | ビワの新芽 »