« 日蝕 090722 | トップページ | まだまだ続く日蝕ネタ »

ピンホールで日食観測

072237というわけで、先日作ったピンホール装置(?)で、日食を観測してみました。左の写真がそれです。鯖缶の底にいくつか穴をあけて三脚に取り付け、白い板に太陽像が映るようにしてあります。

今回の日食は、沖縄ではほぼ真上から欠けて、黒い影がやや左にそれながら下の方へ抜けてゆきました。

ピンホールでは像は逆さまに映るので、写真では下の方から欠けています。

ただし、その時々で撮りやすい角度から写真を撮ってしまったため、写真だけを追いかけてみていると欠けていった微妙な角度がよくわからない状態になってしまいました。ちょっと反省 (^^;)

でもでも、食分が大きくなるにしたがって光も弱くなるから、ピンホールの像で観測するのはとても難しくなってきました。そうしてついに食の最大に近い頃になって、ようやくコンパクトデジカメで直接きれいな太陽像を写す方法を見つけました。したがって、そのあとはピンホール観測をほとんどやめてしまったのでした。

そうはいっても、やはりピンホールを使った観測は誰にでもできる手軽な方法ではある。

0722_2

|

« 日蝕 090722 | トップページ | まだまだ続く日蝕ネタ »

コメント

お~ 面白いですね 太陽がいっぱい!

投稿: いたち | 2009年7月24日 (金) 23時39分

いたちさん、おこしやす~ happy01

そうそう、おもしろいでしょ!! 

ピンホールによる日蝕観測を勧めていたセンセーは、子どもたちに向けたメッセージで、「ピンホールでいろんな模様を描いて観測すると、(普通に観測するより)もっと楽しい」、と提案しておられました。

納得、なのだ。

投稿: ミズマ | 2009年7月25日 (土) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/45718942

この記事へのトラックバック一覧です: ピンホールで日食観測:

« 日蝕 090722 | トップページ | まだまだ続く日蝕ネタ »