« 県庁記者クラブでめーっけた! | トップページ | 大山の田芋田 »

浦添の海岸で埋立が始まっていた。

6月25日のことじゃった。

本土からのお客様二名とわたしを乗せたOさんの車は、那覇から沖縄市に向けて国道58号線を北上していた。

Oさんがふらりと寄ってくれたのは、浦添市の西海岸。ほとんど全面的に米軍基地(キャンプ・キンザー)に阻まれて、普通の市民はあまり目にすることがない浜だが、実は誰でも入れる海なのである。

潮が引けばサンゴの岩礁から細かい砂の干潟、それに海草場と多様性に富んだ環境が現れる。

062507_2

写真手前の海の部分が黒く見えるのは、この辺り一面、大型海草類が生えているから。

そうして右手から白くのびている帯状の部分が自然海岸「だった」。ここからはじんわりと水がしみだして、その水がおそらく海草場を育んでいたわけだけれども、その大切な海岸地帯を踏みつけつつ、重機が埋立を始めていた。

58号線の渋滞緩和のために、もう一本、道を通すんだとさ。

これまでも車の台数と道路の拡張はイタチごっこだった。今や「チキュー オンダンカ ボウシ」のために車の台数を減らしてゆくとか、そういう方向で渋滞緩和を考えるべき時代じゃないのかね。なーにが観光立県だっつうの。

貴重な自然海岸を埋めて道路つくって、いったい何が残るというのだ。

Photo

※写真は地図左下の「西洲」から、矢印方面に向けて撮ったものです。 (出典:Yahoo地図)

|

« 県庁記者クラブでめーっけた! | トップページ | 大山の田芋田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/45537979

この記事へのトラックバック一覧です: 浦添の海岸で埋立が始まっていた。:

« 県庁記者クラブでめーっけた! | トップページ | 大山の田芋田 »