« 「アグーdeご飯」その壱、ご飯。 | トップページ | 花わさびを食べてみた。 »

「アグーdeご飯」その貳、アグーについて。

昨日の続きです。

アグーのことは以前にもブログで書いたけれど、もう一度。

「アグー」というのは、琉球在来の黒豚を指す沖縄のコトバで、普通名詞だと、わたしは理解している。で、この「アグー」たちを育てているのが山本大五郎さん。

今回「アグーdeご飯」の会場展示や大五郎さんの特別講座で、アグーの歴史や現状について、とてもわずかな部分だと思うけれども知ることができた。

アグーは14世紀、中国からつれてこられた豚がルーツであるらしい。以来、琉球では雑草でも育つ穏やかな性格のアグーを大切に養ってきたわけだ。

ところが明治時代に西洋種の白豚が沖縄にやってくると、アグーとの雑種が生まれた。その雑種は早く大きくなったため、効率を優先するうちにアグーは絶滅寸前に追いやられて行くのですね。

しかし、一方でこれを守り伝えようという動きも起こる。

コトバは文化そのものだ。そして、「アグー」というコトバが指し示す実体(琉球在来の生きた豚)を失うことは、「アグー」にまつわる文化をまるごと喪失することにほかならない、と気づいたわずかな人々が、アグー(もしくはアグーに限りなく近い雑種)を集め、もどし交配などの苦労も重ねて、なんとかアグーを受け継いで今日に至る、ということらしい。

090506 「湾曲した背中と大きくたれたお腹、太く丈夫な脚…といった独特の姿形。優れた肉質が再評価された理由の一つ。」  

※出典:左の図とも【アグーを考える会】発行のリーフレット、『名前をとられたアグー』より。

さて、ここまでの「アグー」は琉球在来の黒豚の話でありました。

アグーが再評価されたのはよいけれど、ややこしいのはここから。

なぜかアグーと西洋種との肉用交配種をあえて「あぐ~」と称し、商標登録してしまった団体が現れたからさぁたいへん。交配種の「あぐ~」の多くは、黒豚ですらないそうな。

さらに! 商標権が生じた「あぐ~」と発音上同じになるアグー、AGUなどの呼称は、その団体の認証をうけなければ使用してはいけない、ということになってしまった。

ここまでが当日、会場の展示や大五郎さんのお話でわかったこと。

さて、ここから先に書くことはわたしの独断で、いかなる個人・団体からも指示を受けたものではありません。念のため。

まず感じたことは、「おっかしいなぁ!」

普通名詞は商標登録できないはずなのです。また仮に「アグー」という名が品種の固有名詞だとしても、本来の「アグー」とはかけ離れたものが、「アグー」という名を事実上乗っ取ってしまっているという状況は、やはり、おかしい。

つまり、こういうコト。

以下、特許庁のホームページより一部引用。

-------------------引用開始--------------------------

登録することができない商標は、例えば次のようなものです。(中略)

(2)公益に反する商標

(前略)商品・役務の誤認を生じるおそれがある商標(商品「ビール」に「○○ウィスキー」という商標)は登録することができません。

------------太字は筆者による。引用終わり----------------

まぁこれは極端な例だけれども、理屈はわかるよね。

「同じアルコール飲料のカテゴリーに入る、別の飲み物の名前を冠してはいかん。なぜなら、名前から予想される商品の内容と実際の商品とが異なり、消費者の混乱を招くから」。

ならば豚でも、別の品種の名前を冠してはいけないハズ、だよね?

その某団体が商標登録してしまった交配種の「あぐ~」は、かなり上質な肉らしい。何たって、それを商標登録した団体がそう主張しているんだから、間違いないだろう。ならば、なぜ堂々と他のブランド名で勝負しようと考えなかったんだろうか。

先人たちが必死の思いで受け継いできたアグー。

せめて、琉球在来豚アグーが堂々と「アグー」と名乗れるように、
そうして、正統なアグーを沖縄の文化として名実ともに残してゆくために、

どうすればいいか、みなさん、ちょっとだけ考えてみませんか?

|

« 「アグーdeご飯」その壱、ご飯。 | トップページ | 花わさびを食べてみた。 »

コメント

本人です。きてくれてありがとうございました。
どうかんがえてもおかしな話なのに、関係者は誰もおかしいとは言わない。というか、「おかしい」と言う人間が
「おかしい」といわんばかり。
結局、関係者以外で、関心持ってくれる人が増えることしかないですね。そういうわけで、援護射撃、よろしくおねがいします!お礼は、現物、で。いかがでせう?

投稿: だいご | 2009年5月 8日 (金) 22時25分

だいごさま

メッセージをありがとうございました! ブログに綴ることで少しでもお力になれるなら嬉しいです。

あきらめずに人々に知らせてゆきましょう。

泡瀬のことだって、全国レベルの問題になるなんて10年前には思いもしませんでしたから。

それにしても“現物”! 魅力的すぎます!! (^o^)/

投稿: みずま | 2009年5月 9日 (土) 21時17分

ありがとうございます!また食べてください。
で、早速、本日琉球新報経済面に記事が載りました。
読んでみてください。ぽこ あ ぽこ、ですな。

投稿: だいご | 2009年5月10日 (日) 16時35分

> 本日琉球新報経済面に記事が載りました。

こちらですね。 ↓↓↓
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-144332-storytopic-4.html

これを読んでくださったみなさん!

飲食店で「アグー」や「あぐ~」の表記を見つけたら、琉球在来豚なのか西洋種との交配種なのか、まずはツッコミを入れてみてください!! 

そこから何かがかわるかも。

投稿: みずま | 2009年5月11日 (月) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/44897021

この記事へのトラックバック一覧です: 「アグーdeご飯」その貳、アグーについて。:

« 「アグーdeご飯」その壱、ご飯。 | トップページ | 花わさびを食べてみた。 »