« 100年も前にアメリカへ留学して博士号をとった女性の話 | トップページ | にぎわい広場のネコ »

ご近所のイチョウ

うちの近所には、沖縄には珍しく柿と銀杏の木が並んで庭に生えているお宅がある。

011501その家は、うちからナーファヌマチ方面に歩いていく途中にあるので、桜坂へ映画を見に行ったり、市場で買い物をするために、週に一~二度は前を通る。

そうして、ここを通るときにはいつも、ついふたつの木を見上げてしまう。

柿の方はもうすっかり葉を落としてしまったが、銀杏は今が黄葉の真っ盛りで、ちらほらと葉を落とし始めた。

銀杏の葉はとても特徴的な形をしていて、大好きな葉っぱの一つだ。

011504銀杏の葉を鑑賞するのも好きだが、私はギンナンを食べるのも好きなのだ。しかし、残念ながらこの銀杏が実を付けているのを見たことがない。

気候が合わないからなのか、雄の木だからなのか、はたまた受粉する相方がいないからなのか。

ちょっと寂しい銀杏である。

|

« 100年も前にアメリカへ留学して博士号をとった女性の話 | トップページ | にぎわい広場のネコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/43799642

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所のイチョウ:

« 100年も前にアメリカへ留学して博士号をとった女性の話 | トップページ | にぎわい広場のネコ »