« 大根の甘酢漬け | トップページ | ニンニクの醤油漬け »

幸福の木の花芽

今年の春先まで、部屋の中においていた「幸福の木」(別名 ドラセナ マッサンゲアーナ)。

葉っぱに埃が溜まりやすく、そこにカビが付いたりして、どうも鼻炎や咳喘息の原因になっているようなので、夏前に思い切って外に出しました。

121606そうしたら…、今まで春先に花芽をつけていたのに、なんともう花芽をつけています。しかも、花芽が出たばかりの頃は、微妙に太陽を追いかけていました。

夕方には南西方向を向いていたのに、一晩経って朝になると、南東方向を向いていました。花芽が出てから一週間ほど経った今は、おおむね南向きに定まったようです。

これだけ光の感受性が高いと言うことは、ドラセナ君は気温ではなく、日射しを感じて花芽を出していたのかもしれない。いままで部屋の中においたままにしていて、申し訳なかった!

ところで、この花が咲くと、それはそれは、良い香りなのです。 

学名を調べてみたら、[Dracaena fragrans ]。学名はラテン語ですが、もしかして、種小名の  fragrans って、英語の fragrance と同じ意味ではないのかな。

そうすると学名の意味は、[芳しきドラセナ]って感じ?

命名者は、ちゃんと花も観察していたのね、うむ、うむ。などと、合っているかどうかわからない自説に勝手にナットク!(笑)  ※みなさん、これは引用しないように。

|

« 大根の甘酢漬け | トップページ | ニンニクの醤油漬け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/43449620

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福の木の花芽:

« 大根の甘酢漬け | トップページ | ニンニクの醤油漬け »