« ナタマメ | トップページ | 迷い咲き? プルメリア »

デモ行進とパレード

先日、不思議な記事を見た。

暴力団追放:「出ていけ」 決起大会に500人--大牟田 /福岡
毎日新聞 2008年11月20日 地方版
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20081120ddlk40040414000c.html

記事の中味は、「暴力団を町から追放しよう」という市民集会と行進が行われた、と言う内容なんだけど、フシギだったのは、その‘行進’が「パレード」になっていること。

ワタクシは、なにがしかの主義主張を持ち、それをアピールするための行進は、「デモ行進」と呼ばれると理解しております。一般的な辞書にもその様に書いてあります。大牟田市での行進には、はっきりとした主義主張があり、お祭りイベントではなく、仮装して楽しく歩いたわけでもない。で、なんで「パレード」なんだ?

それで思い出したのが、10月26日、イベントに参加して東京渋谷の「麻生さんのお宅」に向かって歩いていた人たちが、「無届けデモ」を行ったとして逮捕されたニュース。

イベントの名前は「リアリティツアー 62億ってどんなだよ。麻生首相のお宅拝見!」という。簡単に言うと、格差社会ニッポンの‘底辺’にいる人たちが、‘頂点’との格差をあらためて実感してみよう!という、ただそれだけの内容だった。

企画としてはまったくの単発というわけではなく、「反戦と抵抗の祭〈フェスタ〉」というメインイベントのプレ企画、という位置づけだった。メインイベントには、タイトル通りの主義主張があるものの、「リアリティーツアー」にそのような色は出ておらず、逮捕者が出た時点でも、主義主張を唱えたり、プラカードを掲げて歩いていたわけではなかったらしい。

それなのに、デモ扱いされ、逮捕者まで出てしまった。

※詳しくは、雨宮処凛さんの「スゴイ生き方ブログ」[歩いただけで逮捕] や
マガジン9条雨宮処凛がゆく 」 などをご参照ください。You Tube などにも、これに関連した動画が多数アップされています。

さてここで問題。

一方では歩いていただけで「デモ行進」にされて、逮捕。
一方では、デモにしか見えない行動が「パレード」。

この違いは何なのか。

そういえば、大牟田市のこの市民の呼びかけには、役所も警察も大いに賛同しているのですね。さて、リアリティーツアーはというと…、どうも逆の反応がうかがえます。

「デモ行進」と「パレード」はつまり、「お上」に和しているか否かで区別される用語だったのでしょうか。

一般的な言語感覚や辞書の記述にはない、あらたな用法が生まれているような気がします。

|

« ナタマメ | トップページ | 迷い咲き? プルメリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/43388229

この記事へのトラックバック一覧です: デモ行進とパレード:

« ナタマメ | トップページ | 迷い咲き? プルメリア »