« うひょっ! | トップページ | よかババシャツ。 »

袖振り合うも…

話は3週間前にさかのぼる。

10月下旬から11月はじめにかけて韓国で開かれていたラムサール条約締約国会議に参加していた友人のK江君は、帰国の前日にインターネット電話を使って、ソウルからわざわざ国際電話をかけてきてくれた。

さまざまな湿地を見学し、多くの人に出会い、いろんなことを吸収できた!と、なんだかちょっと興奮気味だ。

しかし、興奮の理由は、そればかりではなかった。本題はこれからだったのだ。

K江「あのね、みずまさん! ある人から本を預かってきたよ!! その人は20年くらい前に福岡のホテルでみずまさんと出会ったと言ってるよ。」

なぬ!? 20年前…ということは、学生時代ですね。そのころは確かに里帰りの道すがらよくビンボー旅行をしておりましたが、ホテル? 福岡?

み 「いやぁ、その頃だったら、ユースホステルにしか泊まってないはずだけど…」

K江「うん、ユースホステルだったかもしんない。福岡の。」

み 「学生時代に福岡には…、 あ、福岡県ということなら、北九州と柳川のユースホステルに泊まったわ。

…思い出した! 柳川のユースホステルに泊まったときに、宿で知り合った何人かと、一日一緒に観光した!」

K江「きっとその中の一人だよ。でも、名前を言わなかったんだ。連絡先も。でも、みずまさんとそのあと何回か文通したと言っていたよ!!」

間違いない。あのおにーさんだ。細面の柔和な顔がパッと浮かんだ。けれど、残念ながら名前が出てこない。

み 「当時は今みたいにメールもなかったしねぇ。お互いが撮った写真を送ったりして、確かに何回か手紙を交わした覚えがあるよ。」

K江「そう! よかった!! で、その人の関っている団体が出版した鳥の写真集を預かったんだ! それがスゴイよくて、云々…(以下、本の説明)」

説明を聞きながら、わたしはその時の掘り割りめぐりの楽しかったことや、さらには意気投合したお兄ちゃんお姉ちゃんたちと一緒にユースホステルの男性部屋に上がり込んで消灯時間まで話し込み、ユースホステルのおばちゃんにひどく怒られたことなどを、鮮やかに思い出していた(異性の部屋に入ってはいけないという規則があることを知らなかったのだ)。

しかし数えてみれば18年も前のこと。文通だって何度かで終わり、それきりずっと音信不通だったのに、よくぞわたしの名前を覚えていてくださったナーという感動と、よくよくご縁があったのだなぁという驚きと。

度重なる引っ越しのせいで、古い手紙はほとんど残っていない。でも写真は別だ。早速アルバムを取り出して写真を確認。

18年前のわたし、エライッ! ちゃんと、写真に写っている人の名前をメモしてアルバムに挟んであった!!

K本さん(どうも頭文字にKの付く人が多いね!)。そうだった、そうだった。多分、間違いないでしょう。でもその後、本を預かってくれているK江くんと、なかなか会う機会がなかった。

で、昨日。ついにその本を受け取りました。

とってもいい本です。本のタイトルは「見えないつながり」とでも訳せばいいのかな。ハングルと、英語と、中国語で書かれています。

渡りをする海辺の水鳥たちにとってなぜ黄海が重要なのか、鳥たちの生態を紹介しつつ詳しく述べられています。そして、その大切な黄海沿岸の環境の危機と、鳥たちの保護にむけた調査研究の取り組みについても触れられています。

ちらっと読んだだけでも相当おもしろいのですが、写真もまたすばらしく、K江君が「鳥の写真集」と言ったように、写真だけでも充分鑑賞価値があります。

でも、残念ながら非売品。欲しい、と言う人がたくさんいる中、わざわざ私にくださったのだという。どうやって御礼を申し述べればいいのだろう…。

今年、ラムサール会議に参加した日本人は200名近くいたらしい。けれど、みんな湿地保全関係者だ。知り合いの知り合いは皆つながっているから、関係するMLあたりに「K本さんを探しています。メールアドレス教えてください!」と送れば、どうかするとイッパツで本人から返事が来そうな気もする。

けれど、わたしはハガキを送ってみることにした。18年も前のよしみでいただいた本である。しかも、彼は名前を教えてくれなかったのだ。なんだか「君の名は」みたいじゃないか。

せっかく相手が謎掛けをしてくれたのだから、こちらもちょっと面白がって、レトロなお返事をしても罰は当たるまい。第一、「文通」していた相手にいきなり「Eメール」を送るなんて、少々情緒に欠ける。

でも、住所がわからない。で、ここだけは文明の利器を使わせてもらった。本を発行している団体名とK本さんの名前をキーワードにインターネットで検索をかけ、K本さんが確かにその団体に関っていることを確認。K本さん宛、団体の事務局にハガキを送った。

ハガキは、明後日には事務所に届くだろう。 さて、無事ご本人に届きますように!

|

« うひょっ! | トップページ | よかババシャツ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/43213835

この記事へのトラックバック一覧です: 袖振り合うも…:

« うひょっ! | トップページ | よかババシャツ。 »