« おいしいパン屋「スピカ 麦の穂」 | トップページ | あまりに無惨な小石川後楽園 »

東京・洗足池散策

前日の続きです。

「スピカ 麦の穂」でおいしいパンを買ったあと、近くにある洗足池へ行ってみました。

さっき歩いてきた商店街を戻り、長原駅も通りすぎ、さらにずんずん歩いてお隣の洗足池駅まで歩くと、その目の前が洗足池。

090514都内なのになかなか落ち着いた空間なのが気に入りました。池の周囲が散策路になっていて、児童公園・神社・お寺・図書館なんかもあるのだ。

周りが住宅街なので、木々の向こうに高層ビルが見えないだけでもほっとする。駅の対岸まで行ってしまえば、街道を行く車の喧噪もかなり和らぐしね。 

 

090509千束八幡神社。洗足池駅から見ると、一番遠い対岸あたりにある。

とりあえず、この池と周辺環境がよい状態のまま残されるよう、神様にお祈り。

…そういえば八幡さまは戦の神様だったっけ。でもって、最大の自然環境破壊は戦争である! 八幡様には永遠に鎮まっていていただきたい!??? 

090504

090508

境内はお祭りの準備中でした。

某家を神格化するための、ゆがめられた神道は嫌いですが、古い神社の境内は気場が強く、森の奥深くにでもいるような力を感じます。その独特の感じは好き。

 

  

090517こちらは馬頭観世音供養塔。やはり池の畔に佇んでいます。趣がありますね。

しかしですねぇ、実は解説の看板が観音像の真後ろにたっていて、正面から見ると完全に景色を台無しにしているのであります。

090518「これは文化財であるぞよ」という表示をどうしてもしたいなら、看板の配置も周りの景観に配慮して行って欲しいね。 

なお、最後に行った大田区立洗足池図書館は、ユニークな取り組みがよかったです。  

図書館内への手荷物持ち込み自由。しかも館内に飲食コーナーがある! これははじめてみました。実際に、持参した弁当をつかう人や、飲食コーナーに設置された自販機でジュースを買って飲む人の姿も見られました。

書架のある空間とは別に、独立した閲覧室や学習室もある。でもって、学習室も閲覧室もほぼ満員。

地域に根ざした、愛されている図書館! おかげで地域住民ではない私も、ホテルのチェックイン時刻までゆっくり過ごすことができました (^_^)  

  

|

« おいしいパン屋「スピカ 麦の穂」 | トップページ | あまりに無惨な小石川後楽園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/42437102

この記事へのトラックバック一覧です: 東京・洗足池散策:

« おいしいパン屋「スピカ 麦の穂」 | トップページ | あまりに無惨な小石川後楽園 »