« 泡瀬、昨日から座り込み開始! | トップページ | バティック。 »

マレーシア産お菓子の焼き型。

お連れあいの仕事の関係で数ヶ月前から幼子二人と共にマレーシアに住みはじめたKちゃんが、一時帰国していました。

Kちゃんとは4年ぶりくらい。久々の再会ですが、Kちゃんはまったく変わっていないどころか、もともとウチナー美人のうえに内面からの輝きが増して、さらに魅力的になっている。おぉっと~!! 

Kちゃんの娘さんたちとは初めて会いました。でもすぐに仲良くなれて、とっても嬉しい! しかも、なぜか妙に懐かしい感じです。Kちゃんにそっくりだからかな? …そういえば、ずっと前に会ったKちゃんの姪ごさんにも似ている。

お連れあいさんとも初対面。でもやっぱり、どこかでお会いしたことがあるような気がしてしまいます。醸し出している雰囲気のせいだろうか~?なんだかほのぼのしちゃうんですね。はつらつとしたKちゃんといい具合にバランスがとれている様子(^-^)。

さてさて、荷物も多かったはずなのに、Kちゃん夫妻はいろいろとお土産を持ってきてくださいました。

<その1>。

080202お菓子の焼き型、らしい。

でも、薬味の小皿や調味料を載せて食卓に供する道具(あれは何という名前なんだろう?)のようにも見える(笑)。

で、今日試しに小麦粉とそば粉+重曹に、卵と水と塩少々で、“ホットケーキよりはゆるいけどクレープよりは固め”の生地をつくり、焼き型に流して焼いてみました。 

  

080603 出来上がりはこんな感じ。初めて使う焼き型って、たいがい焦げ付くものですが、全くそんなこともなく、きれいに焼けてびっくり! 夜写真を撮ったので、おいしそうな色に写らなかったのが残念。ちゃんとおいしかったですよ!

今回は塩味で作ったけど、生地の種類はいろいろ変えられるし、焼きながら餡をはさめば銅鑼焼き風のものもできそう。

さて、本場ではこれでどんなお菓子を作っているのでしょうね。

|

« 泡瀬、昨日から座り込み開始! | トップページ | バティック。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/42075485

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシア産お菓子の焼き型。:

« 泡瀬、昨日から座り込み開始! | トップページ | バティック。 »