« 荒廃していく泡瀬の海草場 | トップページ | 今日の泡瀬~座り込み日記~ »

夏のノートパソコン冷却大作戦!

夏、暑いですね?

うちは幸い良く風が通るので、ニンゲンはクーラーなしでも夏を過ごすことができます。しかし、ノート・パソコンはそうはいきません。

2~3時間使っていると、そのうちファンが猛烈にウーンとまわって、間もなくダウンしてしまいます。ひどいと誤動作を繰り返したあげく、OS自体をインストールしなおさないと起動しない、なんて状態になってしまいます。

実はわたし、去年はそれで2回もOSをインストールしなおしました。で、2回目にやっと暑さのせいだと気づいて(遅い!)、去年の夏が終わろうかという頃、ようやく対策をはじめたのでした。

まず、一番熱を持ちやすい場所を探すと、バッテリー! で、早速バッテリーをはずしました。家で使う分には、コンセントにつないだままなのでまったく問題ありません。これでかなり熱を持ちにくくなりました。

081901次に、パソコンと机の間に隙間をつくることにしました。はじめは木の端材を二本、パソコンの下に渡してしのいでいたのですが、できるだけ空気の流れを良くしたかったのと、熱伝導で熱を逃がすことも考えて、金属製の小さな棚板を購入(某100円ショップで315円也)。

これだけで、気温が30度までならオーバーヒートを防げるようになりました。

081902問題は、一日24時間、ほとんど常に30度以上ある盛夏。

そこで、保冷材を活用! パソコンに直接触れてしまうと、中が結露して良くないような気がするので、パソコンには直接触れないように例の棚板の下に入れます。保冷材の露受けには食品トレーを使用。この組み合わせは、なかなか便利! サイズもいろいろ揃っているうえ、保冷材もトレーも‘タダモノ’ですから。

したがって、パソコンの冷却対策にかかった費用は金属製の棚板にかかった315円だけ。保冷材は大きさにもよりますが3時間くらいは持つし、いくつか予備を用意しておけば、次を使っているうちに冷凍庫ではまたさっき入れた保冷材がカキンカキンに凍っているというわけ。

そうして、去年は二回もOSを入れ直したこのパソコン、この夏は一度もダウンしていません!! スバラシイ。

高価なパソコン冷却装置もいろいろと売られていますが、バッテリー外しとちょっとした工夫で、大きな出費を防ぐことができました。パソコンも財布もゴキゲンです。わーい(^o^)/~~~

|

« 荒廃していく泡瀬の海草場 | トップページ | 今日の泡瀬~座り込み日記~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212696/42211060

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のノートパソコン冷却大作戦!:

« 荒廃していく泡瀬の海草場 | トップページ | 今日の泡瀬~座り込み日記~ »